FC2ブログ

今年の夏の甲子園生観戦

今年の生観戦は8/15のマツダスタジアムでのチケットを確保したプロセスで、

・13日に18きっぷで神戸に移動
・14日に甲子園
・15日に神戸から広島に18キップで移動してそのまま観戦して一泊
・16日に18キップで広島から名古屋に戻る

という流れで14日に行くのは事前に決定してたので、

盛岡大付対東海大相模がメインか

と思っていたらまさかの台風での二日延期に伴い4日目の試合を見ることに。

DSC_0542.jpg

グッズショップで出場校のキーホルダーもゲット。

DSC_0555.jpg

記念館で展示していた「初出場初優勝校」のキーホルダーも作れと思ったけどそれはのちの話…。早速デジカメをチェックすると、

電池の具合が悪くて使い物にならない

のでいら立つことに。スタンド内の売店に単三電池がないことの意味もわからない。というわけで試合の記録は取れずじまい。この日の試合をさらっと振り返ると

第1試合 東海大甲府対佐久長聖

東海大系列の学校のユニの染料の都合で色って結構違うけど甲府は青寄りなんだなと。佐久長聖のユニの色って案外オンリーワンでかっこいいなと思いつつ観戦。途中から出てきた佐久長聖の「両角」って名字がかつて駅伝部の監督をしていた人と同じだよなと思ってスマホを起動して調べてみたら息子だったのが印象的。横から見るともっさい投げ方だったけど後日熱闘甲子園で見直したら力感あったなという印象。

第2試合 九州国際大付対東海大四

この試合で結果おなかいっぱいになりました。九州国際大付は大型選手をそろえ優勝候補にも挙がる学校だったのでどういう野球をするのかと思って見ていたら

若生クオリティが発動しすぎの雑さ

でした。そしてそれを東海大四がしっかりと研究していたという印象の試合でした。一言でいえば

東海大四が九州国際大付のレフトを完全になめてた

というのが出ていてそれで決まった試合でした。レフトに打球が飛ぶと必ず一つ先の塁に行っていたなと。7回表の犠牲フライなんてあの浅さで突っ込むかと驚いて実際セーフでしたから。この試合のメインといえばなんといっても

西嶋投手の50キロくらいのスローカーブ

台風のおかげで生でこれを見られたから持ってるわ。この球が出た瞬間は沸きました。でも西嶋投手のすごさは90キロくらいのカーブで確実にストライクを取れることと、135キロくらいのストレートが確実にストライクになってたことです。彼の本質は135キロのストレートと90キロのカーブでストライクを取れる組み立てなんだなと。九州国際大付の3,4番はドラフト指名されたバッターで高校生としては相当なレベルの打者だったから目先を変えるために超スローカーブを投げられたけど、その次のストレートを空振りしていたのが印象的。これくらいの気の強さがないとドラフト指名されるような選手になれないんだなと。頭が弱いと最初は思って見てたけど第三打席ではライトに流して二塁打を打つなど対応してきました。

ちなみにこの試合で一番印象に残った出来事は

一塁側内野スタンドに座っていた際にファールが左腕に当たった

です。2回表の東海大四の攻撃の際に右打者が流し打つファールを打った際に自分に一直線に向かってきている感はあったけど立って避けたら他の人に迷惑がかかるかもしれないと思い座ったままよけようと決意するもどうにもならない位置だったので

左腕を胴にくっつけてとにかく左肩から背中で受けるしかない

という死球の際の打者の基本を思い出して対応。結果左腕の上腕のこぶの部分に当たり3週間くらい跡は消えなかったけど日常生活への支障はゼロでした。ネタとして甲子園の医務室に行きたいと思ったけど、そのレベルでもなかったのが残念でした。

ちなみに第3試合は聖光学院が相変わらずの雑すぎる野球、でもやっぱり野球部員の声量は圧倒的。第4試合は

・小松の応援団すごすぎる
・けど小松OB秋川雅史の代表曲「千の風になって」は脱力した
・山形中央の石川はストライクを確実に投げられないタイプのよう
・小松の監督が当たっていた4番キャッチャーを途中で下げたのが意味不明
・それもあって小松が逆転負け

というものでした。なおキャッチしろに関しては

野球未経験者だと指を骨折するリスク

が大きいので無理でした。それくらい考えられる時間があったうえでの判断でした。後日テレビで三重高校のスタンド風景を見たときにブラスの間の一定割合にグラブを持った野球部員がいたんだけど、打球が当たって失明したブラス部員が過去にいた以上そりゃあそうなるわな。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる