FC2ブログ

AKB総選挙に行ってました その2

前回の続きですが、全体を通じた印象はというと

とにかく寒かった

これにつきます。支給されたカッパがなかったらたぶん耐えられなかっただろうなってくらい。その寒さを解消する方法はというと

とにかく声を出す

これにつきます。なので例年以上に場の声は大きかったんじゃないかなぁ。それに必要なことは何かといえば

全メンバーのキャッチは一通り把握しておく

ってこと。岩立沙穂とか内山奈月とかも叫べましたからねぇ。それで寒さをしのげたかなと。というので選挙を生で見るのに一番必要なことは何かといえばメンバーの顔と名前とキャラとキャッチを一致させておく作業です。報道では16位以上しかされないけど、現場では80位から呼ばれるわけです。となると呼ばれた80人のことは当然として、このメンバーが呼ばれてないなというプラス数十名も知らないとただひたすら退屈なわけです。

それ以外だと現場にいた感想は

1.須田のスピーチは長かった+α

確かに長かったし着地点は見いだせなかったのですが、個々に名言はありました。それを聞いてなかったって人はおそらくだけど女子とコミュニケーションが取れないタイプの人なんだろうなって気がします。それが気に入らないという人は自分の推しにもっと投票しましょう。

2.島崎のパーカー着用にはイラっときた

寒い中待ってるこっちの立場を完全に無視されましたね~~。

3.NMBモバイルの席だったので山本彩の発表が終わった瞬間に人が減ってた

遠征してきて帰らなきゃならない人だったら仕方ないにしても、同じ金を払っているんだからもったいないよなぁ。4つのグループは対立するものじゃなくて運命共同体で共存共栄していかなきゃいけないと思うんだけど、そうじゃないと思っている人も結構いるんだなというのが印象。

4.4位の票数が九万票くらいだったときにはガッツポーズが出た

票数の瞬間に柏木由紀じゃないことが確定したのでうれしかったですね~~。

5.2位の票数が3位から五万票近く増えていたのには笑った

やっぱり運営やテレビ局主導の事実上の選挙運動の威力半端ないだろうと。2位のメンバーが指原だったときには意外でしたね~~。指原1位を回避するためには渡辺麻友に入れるしか意味がないのはわかっていたけど、そういう層も結構いたんだなという印象。

6.1位の名前が呼ばれた瞬間帰る客については仕方ない

これが現場にいないと分からない感覚だけど、「最後までいたらいつ駅にたどり着けるかわからない」という不安があるわけです。去年の日産や今年の味の素は利用駅が一つしかないですから。それも今回座った席が

DSC_0714.jpg

と入口から見て奥のほうなので入り口側の客から順に退場というシステムからすると終了後20分以上待たされるのは確定なわけです。だからしらけたとかそういうことじゃなく単純に帰りの電車が不安って要素が大きかったですね。去年の指原1位のときに帰ってた客の映像が残っていたけど、帰り時間を気にしたって人も一定割合いるんだろうな。実際自分も渡辺麻友が椅子に座った瞬間に動き始めましたから。それでギリギリセーフでした。結果宿に11時40分ごろ到着だったのですが、最後までいたら宿にたどり着けなかったかもしれないなぁ。

7.カッパは捨てるな!電車にカッパを着て乗るな!

飛田給に向かう道中に無数に捨てられてました。情けなかったです。単純に「雨の選挙にいった記念品」になると思うし、次の握手会でランクインしたメンバーに対してこれを着用していれば「選挙来てくれたんだ。ありがとう」というやり取りはできると思うんです。だから捨てた人の気持ちが全く理解できないです。カッパを着て電車に乗るってことは傘を開いたまま電車に乗るのと同じようなものです。しずくを周囲にまき散らす最悪な行為です。なんでこういうことができてしまうんだろう?

なんだかんだでいい思い出にはなりましたが、来年以降はテレビやネットで見ればいいかな。

テーマ : AKB48
ジャンル : アイドル・芸能

Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる