FC2ブログ

十年ひと昔

2/26に黒夢の復活ライブがありました。もちろん行っていないですけど…。彼らのファン層を見ていると小林秀雄がネタにした「自分は太宰が好きだが、太宰を好きな人間は嫌いだ」という名言に近いものがあるのかなと…。結構このフレーズは便利です。ちなみに「こういう人は一体どこにいるんだ?」リストを作るなら

・免許センターでたむろしている人々
・黒夢ライブに来る人

になります。免許書き換えの際に行くと自分の周辺には存在しないような人たちがいっぱいいて本当にびっくりします。黒夢ライブに来ている人のあの空気感は異常です。日常は地味という説もありますけど。90年代バンドの客層は東京ドームライブの際にいろいろと見ましたけど、本当に黒夢はヤバかったですね~~。あとはLUNA SEAも。ちなみに久々にLUNA SEAをかけてみたら

音が子供っぽ過ぎて今聞くとものすごく痛い

のにびっくりしました。自分の中の黒歴史の一つに入りますね、もう。10年後に聴くに堪えうるかどうかが一つの目安ですけどLUNA SEAはダメですね。その点黒夢にはそういうのはなかったように感じました。

実は学生時代から好きなバンドなんです。プレステのダビスタの牧場は「くろゆめ」牧場でしたから。
学生時代に車で学校を往復していた際に流していたのはもっぱら黒夢でした。他はBuck-Tickでしたけど。他に誰か乗せたとき用の間口が広いのももちろん用意していたけど、一人の時にはこのどちらかでした。実際に昔の友人からも「意外とあんたってうるさいのが好きだよね」的なことを言われていますし、否定もしません。ただ求めているのはライブのうるささではなく、計算されたうるささなのでCDを聴いているほうがいいかなと思ってしまいます。

それはともかくとして、黒夢に関しては無条件にVo.の清春の声が好きなんです。特に好きな曲は「for dear」と「MARIA」と「Miss Moonlight」です。ただ黒夢をカラオケで歌っても100%引かれるだけなので、唄うのはもっぱら一人カラオケの時だけですね。ちなみに一人カラオケは今思っているよりもはるかにハードルが低いし、面白いです。いい感じでカロリー消費もできます。

The SADSになってからもIWGPのテーマ曲「忘却の空」は名曲だと思うけど、カラオケでは突撃しにくいです。この曲に突撃してくれた後輩はKYという立ち位置のやつであることは言うまでもありません。実際誰もノっていなかったですから。他に黒夢に関して言えば今でも「どうしても起きなきゃいけないときに流す音」は黒夢の「後遺症」です。近所迷惑を抜きにすればこの曲は無条件に起きます。試してみてください。結構大きい音が流れるので周辺には注意してください。



でも今頃復活されても「ベースだった人時の仕事はやばいの?」というのが一番に出てきて悲しいんですよね~~。そう考えると「桜井和寿とゆかいな仲間達」的な立ち位置のMr.Childrenの後ろ三人はMr.Childrenというポジションを保ち続けていて賢いなというのは感じます。 Mr.Children大好きを公言する人でも後ろ三人の名前はかなり高い確率で知らないですから。納税額が公表されたいたころはこの三人も高額納税者でした。むしろこのバンドのパワーバランスがどう成立しているのかは考えてみると結構面白いかも。桜井和寿がソロにならないことも含めて。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる