FC2ブログ

一人鍋その後

今までに一人鍋ということでいくつか紹介してきましたが、自分なりの反省点を指摘した部分を改めていくつかのメニューでやってみました。

もつ鍋

前回の課題として、
・鶏がらのダシを入れたらどうだろう?
・仕上げの麺はちゃんぽんに

というのがあって実際にやってみました。鶏がらのダシについては手っ取り早くスーパーなどに売っている市販の「鶏がらの素の粉末スープ」にしました。イメージより若干多く入れてみました。



見た目に関しては一人でやる鍋ということで「腹の中に入ってしまえば一緒」ということであまり重視はしていません・・・。そして実際にやってみた感想としては、ものすごく改良されました。やっぱり鶏がらスープの素は入れたほうがいいですし、締めの麺はちゃんぽんにしたほうがいいです。東京だとちゃんぽん麺を単独で売っていないから「ちゃんぽん生麺2食入り」というのを210円くらいで買いました。

なのでせっかくだからちゃんぽんも自分で作ってみました。スープはその中に入っていたものです。スーパーに1人前用に野菜をカットした炒め用のがあるのでそれを購入し、それに肉とえびを入れて中華なべで炒めてからその中華なべにスープを入れて軽く煮立たせてからその中華なべに麺いれて2分もゆでれば完成です。



これもなかなかおいしくいただきました。ちゃんぽん麺は何か独自の作り方をするようであまり東京ではないのですが、鍋の締めの麺としては一番適性があるのではないか?と現段階では思っています。

味噌おでん

前回からの反省としては

・大き目の鍋で煮込む
・砂糖をもうチョット入れる
・「つけてみそかけてみそ」を使う

というので「だし汁に味噌と砂糖を入れた煮汁」に具を入れて2時間弱煮込みました。



かなり味噌の色と味が染みていていい感じじゃないかと思います。やっぱり名古屋のおでんは練り物がなくてこの5つですね。大根・こんにゃく・玉子・牛もつ・焼きちくわです。この最初の「だし汁に味噌と砂糖を入れた煮汁」がまだ液体として残っているうちに串カツを入れると「味噌串カツ」にすることができます。



矢場とんみたいなシャビシャビタイプの味噌カツはこんな感じで作ります(注:矢場とんとかはもっと凝ってその煮汁や衣を作っているはず)近所に串揚屋があるのでそこで豚カツを2本購入して1本に実際につけてみました。



奥のほうが味噌の煮汁をつけたものであり、手前側がつけてみそかけてみそをつけたものです。正直なところ味噌カツにするには奥のほうのは薄味だったなぁという印象でした。まだまだ濃い目につくらないとダメですね。実際におでんで食べても「若干薄いなぁ」という感じで「つけてみそかけてみそ」をつけて食べるとちょうどいいくらいの感じでした。1日寝かすことで翌日はどんな感じの味になっているかが楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる