FC2ブログ

おいピータンに出てくる店その2

ずいぶん前にやったのですが、再びこの企画やってきました。仕事も無事に仕上がり自分としても浮かれモード入っていましたので。今回も目的地は荻窪です。伊藤理佐マンガは荻窪居住のせいかここの店をモデルにしていることが多いのです。実際見たものじゃないとかけないタイプの漫画家さんです。今度引っ越すとすれば荻窪も有力候補に上がってくる土地です。いろいろとめぐってみたのですが、

魅力的な食い物屋が多すぎ

昼間から開いていてビールも飲める焼き鳥屋もあるし、本当に魅力満点の街です。問題は食いすぎて太ってしまう可能性が高まるということでしょうか?さて今回は主に南口すずらん通りの店舗から。まずは入って1分くらいのところにあるカレー屋すぱいすです。



この店は「カレー心」の話で出てきました。「カレー心」とはここで何回か使っていますが「カレーが食べたくなったときに出てくるキャラ」です。カレー食べたいモードになったらどんな形ででもカレーなのですが、なかなか食べる機会に恵まれず、この心キャラが困ってしまうというようなストーリーでした。その中で「明日は南口のエビと青唐辛子のカレーと決めていたらお休みだった」という南口のエビと青唐辛子のカレーの店がここです。さっそくその品を注文し、待つこと6分くらいで出てきました。



カレーは親が作ってくれたものとココ壱が何より美味いと公言する自分にとってはこのとろみのないルーがいまいちそそられなかったです。エビは3個で青唐辛子の千切りが入っていました。多分おいしい人にとってはすごくおいしいはずです。絶賛している人もいますし。とにかくカレーの味の評価は親が何を食べさせてくれたかに依存すると思いますので、個人的には好きじゃないタイプですが、多分世間一般には美味いといえると思います。値段は998円でした。青唐辛子の千切りですが、思ったよりも辛くありませんでした。これなら中本で蒙古タンメンレベルが食べられる人なら問題ないです。辛さの度合いは少し上げたほうがいいかも。続いてはここから荻窪よりに戻った「ルクールピュー」です。



ここは「ものすごくおいしいケーキを作るムッシュと呼ばれるクールな料理人が、実はとある居酒屋の常連で酔うとガキデカの死刑のポーズで『バキュンですよ』を連発するオヤジ」という設定で登場します。とりあえず、ランチはおいしそうだったのですがカレーを食べたこともありケーキを食べることに。

中の席に入ってキッチンを覗きながら「ムッシュいるかなぁ?」と探してみましたが見えるところにはいませんでした。多分店員さんも「ムッシュ」「バキュン」なんて聞かれまくっているから嫌だろうなぁと思って聞くのはやめました。ケーキは最近チーズケーキが好きなのでタルトフロマージュ367円にしました。



アイス珈琲とのセットにしたのですがベイクされたチーズがものすごく香ばしくてとってもうまかったです。ランチもメニューの数の割に値段が安くこれなら行列するのもわかるなという感じです。本当は「坦々麺じゃないけどとってもおいしい坦々麺の店である東蓬飯店」にでも行こうと思ったのですが、胃袋的に無理だったので、第8巻に出ていたコロッケの会の話のモデルに。この段階で北口に移動しました。

「肉のサイトウでコロッケを買い食いしていると『地味キャラのクラスメイトにものすごくそっくりな人がよく通る』ということで話題になりその地味キャラのクラスメイトを連れて行こう」という回です。店名から引用されたのはおそらくここだろうと。

 

ここは教会通りにあります。1個90円でした。なかなかおいしかったです。そして名前以外のモデルはこの店です。外観もこの店そのものでした。

 

名前は「肉のふくずみ」です。荻窪八幡通りにあります。普通のコロッケは1個63円とかなりお買い得です。実際に「ココで食べていきますか?」と言われたように買い食いを想定して商品を提供しています。

これだけ食べたらすっかりおなかいっぱいになってしまったので晩飯は抜きです。本当はゆーとぴあ宝に入ってカロリー消費でもしようかと思ったのですが、2000円と高かったのでやめました。このマンガで紹介されたけど行っていない店はまだまだあります。荻窪に行ったのに二郎に行かないジロリアンって珍しいかも。

コメントの投稿

非公開コメント

Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる