FC2ブログ

硬式クラブチームの試合を見てきました

29日は読者の方から「府中市民球場で試合をするので時間があればきてください」と誘いを受けました。ちょうど前日に仕事上の書類を無事に提出したというのもあってこの機会にこういう野球を見てみるのも面白いかなと思って行ってみることにしました。自分にとっては、

土日に府中にいるのに競馬場に行かなかったのは初めて

こんなこともあるんだなぁ、と自分で自分にびっくりしている状況です。結論から言えばメインレースは外していただろうから行かなくて正解でした。とりあえず12時過ぎに府中市民球場に到着。

 

ちょうど熊球クラブ(熊谷組がクラブチームになったもので、かつて熊谷組からプロ入りした佐藤和弘(通称パンチ)や波留敏夫も所属)が試合をしていました。結論から言うと波留もパンチ佐藤は試合に出てきませんでした。これがちょっと寂しかったですけど彼らにも仕事があるんだからしょうがないかなと。

試合途中から見たのですがちょうど熊球クラブの「明治大学出身の田原」が打席に入った場面でした。子供の頃から高校野球ヲタクの自分の中で、

この人って此花学院(大阪)で清原と同学年で通算本塁打70本はあった人じゃなかったっけ?

という頭がよぎりました。家に帰って調べてみると正解でした。自分が子供の頃高校野球で見たこと(記事含む)がある人が今でも現役でプレーしているのを見られるのはうれしいですね。入場料が無料だったことを勘案するとこれだけで見にきてよかったんじゃないかと思うくらいです。この試合中に誘ってくださった方が挨拶にきてくださったのですがあんまり話ができずに申し訳なく思います。いつかゆっくりと巨人戦を練習から見てお話しできればうれしく思います。とりあえずこの試合(とその次の試合)を見て思った感想は比較の対象がプロ野球であることを前提にしますと、

・取ってからの送球が遅い
・送球の際のコントロールがいまいち
→これらについては「あくまでプロ野球との比較」です。
・イニングの合間の練習で捕手の二塁送球がほとんどストライク送球にならない
・打者の選球眼がいまいち
・セットポジションになるともろさがある

これはもちろんプロとか社会人チームの人との比較であって、神宮のバッティングセンター横の野球場でプレーしていたら神のように上手な人であることは間違いないということはいうまでもありません。

アマチュアバンドがドラムの確保に苦労するように、クラブチームは捕手の確保に苦労するのでしょうか?というのをこの試合が終わったときに感じたのですが、次の試合を見ているとちゃんと送球が行っていたし投手への返球のコントロールもちゃんとしていたことからそのチームだけだったんですね。でもいいキャッチャーがクラブチームの入団テストを受けてくれたら「神降臨」という扱いになることは間違いないでしょう。誘っていただいた方も「プロや都市対抗のレベルの高さを痛感してください」とのことでしたので、それを意識して見てみました。試合終了後は両チームのメンバーがトンボをかけていました。



本来はこういうものなんですよね。プロ野球選手はこういう作業をしてくださっている方への感謝を忘れないでほしいものです。なので和田豊の引退セレモニーで「阪神園芸の皆様」というメッセージを述べたときにはある種の感動を覚えたものです。きっと二軍のコーチになれば使える選手を誰か一人は育ててくれる人だろうと思います。

その後で誘っていただいた方のチームの試合でした。スタメンではなかったですが途中出場していました。試合そのものは激しい打ち合いで11-9という内容でした。それでも2時間10分くらいで終了していました。プロ野球を考えると本当にスムーズな進行といってもいいでしょう。どこがスムーズと感じたかといえば、

投手交代と代打起用と攻守交替とイニングの合間の投球練習とサイン交換と捕手からの返球

プロ野球の場合はブルペンや素振り場がベンチの奥にあることもあって、コールがかかってからその場所から出てくるわけです。大げさに考えるとコールがかかってから1分くらいたってグラウンドに出てくるような感じです。見ていてもこの時間は本当にイライラします。しかも「左のワンポイント」「代打の代打」とかもあるわけですからその分時間はかかります。とにかくこの6つの部分をスピードアップをすれば試合時間は相当短縮できると思います。

あとこれは部活レベル・少年野球レベルでも野球をしたことのない人間の感想なのですが、ツーアウトでキャッチャーの人がウエイティングサークルにいる際にレガースを着けて待っているのを見ると「前のバッターがアウトになってもいいような準備をしている」ように感じてしまいます。確かに確率7割以上でアウトになるとはいえ、前のバッターは「俺がアウトになることを見越しているのか!」と感じてしまうのではないかと思います。これは慣例になっているとは思うのですが、個人的に疑問に感じる部分ですので書いておきます。

コメントの投稿

非公開コメント

こちらこそありがとございました。
入場料無料はありがたかったです。
パンチや波留が出てくれればもっとうれしかったのですが、それは贅沢ですね。
熊球のサイト見ましたが、そこでもグラウンドの確保大変なんですね。そう考えると野茂のクラブとかゴールデンゴールズとかは恵まれているんですね。
野球って練習から見ても同じ料金であることを考えると何か練習を見ないと損したなぁって気持ちになります。学生時代は練習から見ていてそれがすごく面白かったという印象があるんです。

遥々府中までありがとうございます。
クラブチームはなかなかグランドも確保できず、多くても週一回の練習なので
皆学生時代の貯金を切り崩しつつやっている感じです。
>いつかゆっくりと巨人戦を練習から見てお話しできればうれしく思います
そうですね。現在丸の内勤務なのでお誘いいただければ、何とか駆けつけられます。
練習からとなると休日ってことになりますが。
Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる