FC2ブログ

2/15のHKT名古屋ライブに行ってきました

こないだ2/15にセンチュリーホールであったHKTコンサートの夜公演が当たったので行ってきました。HKT(プラスAKBチーム4とチーム8もだが)につきものといえば、

恋するフォーチュンクッキーで回りながら飛び跳ねる連中

なので目の前の席にこいつらがいないといいのだがと思っていたら

2階席だったにもかかわらず遭遇

という非常に最悪な事態。段差はあるし、自分は身長180あるので飛び跳ねても視界に入ってこなければまぁいいのだが(注:本当は良くない)、それでも飛び跳ねるときに日食のごとくステージを見る目線の中に汚い頭が入り込んでくる。こっちも金を払ってるし楽しく見たい一方で警備が不在だったので多少荒っぽい形で注意したところ、言い分として出たものが

・俺たちの楽しみ方を邪魔するな
・係員以外が注意するな


というもの。この言い分からわかることは

自分たちが注意されるかもしれないと確信したうえでやってる

ということ。これ以上キレると自分が犯罪者になりかねないと思い、とにかく視界に入らないようにしろとだけ注意して対応してくれたけどやめてくれたわけではないので、やっぱりこっちもイラつくし楽しみきれなかった。ぶっちゃけ覚えていることといえば

・紗英ちゃんかわいい
・しなもんって幸薄いじりしかされないな
・奈子ちゃんのパンツ事件、じーなもあったな


ということくらい。HKTで一番好きな栗原紗英が幸か不幸か端寄りの立ち位置だったのでジャンプバカ(あえてこの言い方)をよけるように見ていたらちょうどの位置で助かりました。でもやっぱりAKBやSKEやNMBのライブも見てきたうえで感じることは、

こういうジャンプバカを排除していかないと、持続可能なグループにならない

ということ。さっきの言い分からするとジャンプバカと大部分の客とは相いれられないし、その大部分の客が「ジャンプバカが嫌だ」ということで去っていくようだと、ジャンプバカしか残らないということになりうる。そうなった場合に持続できるのか?と考えるとそのジャンプバカが飽きて別のターゲットに移動してしまえば終了。そう考えるとジャンプバカを放置するのは先々のリスクが非常に大きいのは間違いない。そもそもエンターテイメントに関していえば

女性人気の獲得が絶対に必要。それも小中学生女子を捕まえれば安定度がさらに高まる

のは研究成果にもあるし、SMAPなんて逮捕者2人いてもなんてことなく活動できてる事実から間違いないこと。女性が「ジャンプバカが怖い」で去っていくとことは十分にありうるし、自分だってもう行きたいとは思わない。HKTは現状見た目の人気はあってSKEやNMBよりも勢いがあるんじゃね?って風に思っている人がいるかもしれないけど、ものすごく不安定でちょっとしたことで崩れそうな感じがするんだよなぁ。バブル人気とでもいうか。

というわけでこのジャンプバカに対しては運営が雇っている警察OBのラインを利用してでも厳しく対応していったほうがいいように思うがどうだろう?演者も邪魔だと思っているし、見る側も邪魔だと思っているから威力業務妨害が成立するだろうしね。
スポンサーサイト



テーマ : AKB48 SKE48 NMB48 HKT48
ジャンル : アイドル・芸能

Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる