FC2ブログ

そりゃあ無理だろう

5月末までに米軍の基地移転問題を解決させようと鳩山由紀夫が沖縄に訪問するということがありました。この問題について感じることは、

誰にとっても納得のいく解決策を提示することは土台無理

ということです。物理的な問題として

「中国対台湾」「中国対日本」「北朝鮮対日本」という対立軸を考えると沖縄か奄美諸島には米軍基地があることは望まれる

のは間違いありません。やっぱりグアムやサイパンだと遠いです。長期的な視野で考えれば「日米安保解消(改正)」「憲法改正」「対立軸そのものをなくす」という手段も考えられるけど、現実的なものではないです。もともと理論的には

3人以上の集団で全員が納得いくような意思決定はできない

というのは言われています。ただし以下のケースは例外です。

1.独裁者がいる
2.全員一致したことだけをやる
3.メンバーの選好に一定の制約がある
4.結託する

2で行動するとほとんどの行動を実施できないという問題があります。3については現実の集団を考えるとある共通のバックホーンの下に集まっているから好みが似通っていることは多くて、それにより全員が納得いくような意思決定ができていることはもちろんあります。ですけど今回の問題はこの二つは無関係であり、解決するためには

「独裁者がいる」「結託する」の少なくともどちらかひとつは必要

です。独裁者というと語弊があるのですが、別の言い方をすると強力なリーダーシップといえます。要は国民を納得させるようなリーダーシップをとれば解決できます。実際辺野古に決まったのも小泉純一郎時代です。彼の強力なリーダーシップにより不満はある人はいるにしろ押さえ込んだという状況です。鳩山にもこの国民を納得させるようなリーダーシップが求められるわけです。ですけどそれがないというのが現状です。

結託するというのは別の言い方をすると見返りとか交換条件です。基地を敷く代わりに何らかの見返りを出すというものです。たとえば雇用問題の解決とか補助金を出すとかそんなものです。ですけど財政状況が厳しい現在それも現実的なものとはいえないです。

というわけで八方塞なのですが、各地の住民運動を見ていると「ただ単にいやなだけちゃう?」「押し付けあっているだけと違う?」という印象を持つんですよね。そりゃあ自分のところにいきなりくるってなったらいやですから仕方ないことですけど。こういう場合一般社会だと「じゃんけん」「入札」「抽選」「プレゼンのよしあし」などで決めることが多いけど、いっそのことこういう意思決定メカニズムの手段と外れたものに依存するか、逆に国民投票に諮るかしないと何も決まらないじゃないかという気がします。もうここまでいったら話し合いとかじゃ無理でしょう。
スポンサーサイト



テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

久々に名古屋をうろついて

5/1は名古屋に戻って久々に市内をうろつくことに。というか単純にWINS名古屋→名古屋駅というルートを歩いただけなのですけど。WINS名古屋については

・青葉賞はロードオブザリングが走らなかった
・天皇賞は1着4着でダメ

とさほどいい思いをすることもなくスルー。せっかくなのでちょうど中間点にある「山王温泉 喜多の湯」へ。山王の水門のすぐそばです。

P11909541.jpg

ちなみにこの温泉の電話番号はこれです。

P11909561.jpg

ハトヤからとやかく言われないでしょうか?ハトヤの案内バスのナンバーは全部4126ですから。名古屋ってスーパー銭湯多いんだよなぁ。結局1時間くらいのんびりしてから名古屋駅まで歩くことに。だいたい20分くらいです。それで何とか名古屋駅近くの名鉄レジャック近くまでたどり着いたら合った自動販売機が

DSC_00641.jpg

名古屋弁使いといえば東の横綱が河村たかしで西の横綱が矢野きよ実ですし、実際この二人の声が出てくるという仕様なのですが、矢野きよ実が諸般の事情により表舞台に出られる状況じゃないので河村たかしの声でした。何度もここでも書いてますが彼のしゃべりは議員浪人時代から何も変わっていません。

そうこうしているうちに空腹を感じたので「おやつとしてスガキヤ食べたい」と思ったのですが、

名古屋駅の再開発で地下街にあったスガキヤが二軒なくなっていた

のです。「スガキヤ食べたい」となったらもはや代替きかないですから参りました。ちなみに現在名古屋駅近辺には

・テルミナ(松坂屋)の7階
・河合塾名古屋校の奥にある名駅西店
・エスカ

くらいしかなくなってしまいました。しかもエスカは高級スガキヤなので「スガキヤ食べたい」というテンションを満たしきれないんですよねぇ。結局名駅西店まで歩いて特製ラーメン420円を食べました。ずいぶんと値上げしたなぁ・・・。

DSC_00651.jpg

やっぱりたまに食べたくなるんだよな、この味。ラーメンを食べる前にコショウをかけるのは「味の確認」という意味ではご法度と自分は思っているのですが、このスガキヤに限ってはコショウをどばっとかけることで完成するからやってしまいます。ちなみに名古屋市の消火栓は

P11909551.jpg

名古屋城とシャチというベタな組み合わせです。この時期は名城公園の藤がきれいだからいくのにはいい時期なのですが、実は行っていません。とはいえ名古屋らしい名古屋を堪能できた1日でした。

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

バリアフリー

実家が引っ越してからそれなりの年数が経過すると何かとがたが来ているわけです。そのがた以前の問題であるところの「なんでトイレが2階にないの?」という質問の答えは、

大工さんが妙に職人気質で「2階にトイレがあること自体がおかしい」と言い放ったことで却下された

とのことで、いまその大工さんにあったら説教をくらわしたいです。高校時代まで朝のトイレがバトルでしたから。2個あればそれが回避できたわけですし。それはともかくとしてやっぱりそれなりの年数の経過と感じる部分があって妙に床がペコペコする場所があったのです。理由がわからないので、

重いの?
床が抜けるの?


みたいな不安があったのですが、実際は床のベニヤ板を貼っていたのりがはがれたとの事。とはいえやっぱり気になったので身内の内装業者に頼んでみたわけです。つくづく「父親7人兄弟、母親4人姉妹」という多さがうまいこと作用しているよなぁと思ったわけです。そして実際にせっかくだからと補助金も下りるのでは?ということでバリアフリー化も目指してやってもらった結果、こんな風に変わっていました。これは今回戻ってきてものすごく度肝を抜かれました。

201004080461.jpg P11909481.jpg

トイレがいきなりこんな感じになってました。びっくりしたなぁ。玄関近くも

201004080451.jpg P11909491.jpg

思い切りドアの段差がなくなっていました。わかりづらいかもしれないけど何センチか上乗せしていました。他にも玄関にも手すりがありましたし、とにかくびっくりしました。チョット前に「介護ビジネスは間違いなく需要が増える」みたいなことをネタにしたのですが、この業界には「ニートや引きこもりを農業or介護にまわせばいいのでは?」と思えるくらいの可能性はあるのでとにかく注目です。

テーマ : 福祉住環境
ジャンル : 福祉・ボランティア

由比の桜海老

4/30に名古屋に戻ったのですが、その道中に由比駅で下車。駅前からは富士山が見えます。

P11909471.jpg

目的は「くらさわや」で桜海老を食べるためですが、その道中の風景です。

DSC_00551.jpg DSC_00561.jpg

天気がよくて海の色がきれいでしたが、とにかく風が強かったのは参ったなぁ。駅にコインロッカーがなくてキャリーバックも持って歩かなければならなかったので本当にきつかったです。さすが由比だなと思ったのは

DSC_00611.jpg

やっぱりマンホールを見るとその地域の特徴が一目瞭然なのですが、ここは桜海老と富士山をどんと押し出しています。駅から1.3キロあるので途中で桜海老を食べさせる店があったらそこでもいいやと思ったのですが、駅前に1軒あったきりでこの店まで出てきませんでした。

DSC_00571.jpg
住所:静岡県静岡市清水区由比東倉澤69-1
営業時間・定休:11:00-15:00(L.O.14:30) 17:00-20:00(L.O.19:30) 月曜日(祝日の場合は翌日)
URL:http://www.sakuraebi.org/

2時前に到着すると人気店らしく外には10名ほどの待ちだったので店内の紙に名前を書こうとした瞬間

店内に充満しているかき揚げの匂いにやられた

ので40分待った後入店したら速攻でかき揚げ定食1575円を注文。まずは付き出しができました。

DSC_00581.jpg

それから海を見ながら待つこと10分弱でようやくかき揚げが。

DSC_00591.jpg DSC_00601.jpg

一言で言えば

桜海老の色もすごく鮮やかだったし、いい感じでサクサクの歯ごたえにやられた

こないだの府中の二郎で食べた桜海老と本当に同じものなのか?と思うほどの色。旬の季節に本場で獲れたものはやっぱり違うなと。塩で食べたのですが、油自体も透明感あるものだったので比較的軽い食感で食べ進められました。やっぱりうまい天ぷらは塩に限るなぁと実感。

でも本当は生桜海老も桜海老釜飯も食べたかったけどお金の都合上断念しました。今度はこれらのメニューも食べに行きたいなぁ。あとはさった峠からの眺めも見てみたいなぁ。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

昭和の日を迎えるにあたって

昭和の日オフィシャルサイトなるものがあります。昔はこの日に必ず天皇賞春が行われたみたいですが、今は違います。とはいえ昭和時代をバリバリに生きてきた自分としてはこのサイトをクリックしてしまって思わず反応した個所があったのです。

まずは長男から。

スポーツのプロレス
→実はあまり興味を持ちませんでした。たまにプロレス好きの知人から「この試合面白くなるに違いないから見ろよ」みたいなことを言われた試合に限って「両者リングアウトドロー」という展開が多くて興ざめしたのはあります。あと金曜日夜8時はたぶん別のテレビを見させられていたような気がします。「太陽にほえろ」とか。

マンガのひみつのアッコちゃん
→印象に残っていません。

テレビ・映画のひょうきん族
→見てました。ドリフの8時だよ全員集合とバッティングしたのですが、意外と早く移行した気がします。印象に残っているのは片岡鶴太郎のおでんとフラワーダンシングチームとアダモちゃんと吉田君のお父さんですね。タケちゃんマン以外のコーナーのほうがむしろ好きでした。

音楽・歌手のピンクレディ
→探偵ナイトスクープでもある年代の女性はピンクレディの曲が流れたら無条件で体が反応するのをネタにしたのですが、あれはすごかったです。大人になってから知り合った同士でも「ミーちゃんとケイちゃんのパート分け」も普通にしていましたし、対象者から数10メートル離れたところにいた人も同じように踊っていたとかありました。自分も世代ビンゴの姉がいるので100%とは言えませんが体が反応する曲もありますね~~。

政治・文化の植村直己
→むしろ南極物語の印象が強かったです。このころの荻野目慶子は無条件で引きつけられていたんですよねぇ。

時代出来事は昭和と平成の入れ替わり
→昭和63年の10月になってからは昭和天皇が倒れて毎日のように昭和天皇の血圧と吐血や下血の回数がテレビの速報で流れたものです。たぶんこの時期別の深刻なネタが速報で流れてもスルーされていたように感じます。昭和64年を数日過ごしてからお亡くなりになったのですが、NHK教育以外の全部が追悼番組一色になりレンタルビデオ屋がやたら混んでいたのが印象的です。お亡くなりになったのが高橋良明がバイクで事故った時とビンコなのも印象に残ってます。

続いては長女を。

スポーツの小錦
→張り手の強さが印象的。あとは北尾にくらったさば折りですね。彼に関するifを考えるのならば「北尾からさば折りをくらっていなければ」しか考えられないですから。最近は極端にダイエットしたのにびっくりしてます。

マンガアニメはアラレちゃん
→確かにメガネをかけてちょっと不思議な感じがする女の子のあだ名はとりあえず「アラレ」でしたから。それだけでも影響力あったのかなと。あとは鳥山明の出身地が名古屋近辺だったので使っている言葉に妙にシンパシーを感じたものです。

テレビ・映画は西部警察
→日曜日夜8時といえば大河ドラマの時間帯なのですが、自分は見てました。細かい設定とかはまだ子供だったのであまり考えていなかったのですが、渡哲也演じる大門刑事の拳銃の扱いとガルウイングは印象に残ってます。あとは地元近くでロケがあった時には「あさくまを爆破」「煙突を倒す」というのがあったのも印象に残ってます。月曜日の学校はこのドラマの話は大きかったです。

音楽・歌手は光GENJI
→後ろで踊っているジュニアの中に木村拓哉がいたんですよねぇ。赤坂君がバク転できなかったとかいろんな小ネタも合わせてパラダイス銀河まで楽しませてもらいました。一番知りたいのは当時佐藤寛之が好きでたまらないという人はいたのか?ということです。下膨れ顔で他の6人と比較してアピールポイントのない彼だったので。

政治文化は昭和天皇が国際親善に熱心だった
→昭和は20年で終わっても不思議ないくらいのポジションだったけど生き延びたのちにできた日本国憲法で「象徴」というポジションになりました。そんなこともあって何かしないといけないと感じていたんだろうなと思う部分は多々あります。あとは学習院関係者の知人から聞いたところ「昭和天皇はものすごく優秀な人」というのもあるので、そうなったのかなと。

時代・出来事は青函トンネル
→今でも世界で一番長いトンネルです。日本の技術を世界に示す象徴の一つです。石川さゆりの名曲「津軽海峡冬景色」を説明するのは難しくなったけど、いずれはくぐってみたい場所です。今年の夏にタイミングがあえばくぐってみたいトンネルです。

テーマ : なんとなく書きたいこと。。
ジャンル : 日記

今話題のスポット

事業仕分け第二弾で廃止勧告されたことで一気に話題になったスポットである「情報センターJAXA i 」へ行ってきました。場所は丸の内オアゾの2階です。

P11908501.jpg P11908511.jpg

話題スポットになったこともありお客さんの数は若干多めか?以前1回入った時よりも確実に増えていたような印象。確か以前はほぼマンツーマン状態だったからなぁ。事業仕分けで廃止とされた理由は

・国費で1億円かけるのは割が悪い
・科学未来館などと統合すればいいのでは?

というものです。JAXA側は「一般の人に丸の内に常設で入場無料でふらっとアクセスできる形にこだわりたい」という主張だったのですが却下されました。とりあえず見た感想としては

1.意外と知らないことも多くて面白かった
2.滞在時間はさすがに30分までだろう
3.確かに仕分け人の言うように家賃の高いこの場所での恒常的な展示よりも「人体の不思議展」みたくドサ回りしたほうがいいかも
4.イベントを別にすれば行くのは一生で1回で十分な気がする

以前博物館についてちょっと調べた際には

・観光客向けには常設展示の充実
・地元民orコアな客のためには特別展示の充実

というのがあったのですが、この施設は単発のイベントがあるにしろ基本的には常設展示中心という印象でした。ということはターゲットは観光客になるはずです。なので人の往来の多い東京駅すぐ横に置くのは合理的と言えば合理的な気もしますが、1回見たらそれで十分という感じなのでやっぱりドサ回りのほうがより目的に合致するようには感じるのですがどうでしょう?そうすれば東京に行けない人でも見られる可能性が増えるはずです。

もちろんその1回見たら十分という部分でも面白いものはありまして、特に宇宙開発によってもたらされた技術が応用されている範囲の幅広さに純粋に驚きました。氷結の缶のダイヤモンドっぽい感じだとか観光用の地図の折り畳みだとかCTスキャンだとかもろもろの形で使われているんだなと。もっとこういう身近なものが宇宙開発からもたらされているというのをやらなきゃ伝えたい層に伝わらないんだよなぁ。

やっぱり研究開発って成果だとか費用対効果を優先しすぎると、無難なものとかつまらないものとかになりがちだからこういう事業仕分けには向かないよなぁ。

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

3Dビエラ

ジャンルとテーマが思いつかなかったのでここに。こないだビックカメラで「3Dビエラ」が置いてあったので、さっそく試してみました。値段は50万弱くらい見ておけばいいかと思うくらいでした。この段階で自分には無縁ですし、その金を自由に使えたら上海万博を選ぶかもしれません。ちなみにメガネをかけないと現段階では見られません。

とりあえずの感想を羅列すると

・同じサイズの2Dのテレビよりも何か小さく見えた
→中にある対象物がよりクローズアップされるのでその小ささが目立つ。感覚としては4:3テレビをずっと見ていた人が地デジ対応だからと16:9に買い換えた際に感じたのに近いものがあるのでは?
・一定割合の人は酔いそう
→ものすごく視神経に負担をかけるのでは?
・コンテンツはそろうのか?
→実際は同じ画像を数センチ左右にずらすだけのことなので数秒のタイムラグがあるだろうけど対応できるかも。地デジのタイムラグを考えればいずれできるかも。こないだもアバターを見に行った際の感想として書いたのですが、エロ業界が対応できれば普及するのでは?VHSやインターネットやデジタルカメラやデジタルビデオカメラの普及はこの業界が大きく貢献していますから。

といったところでしょうか?人によっては2枚同じ画像を並べるだけで3D化できる人がいるみたいです。自分は15分くらいトライしてみましたがそのスイッチは入りませんでした。なので3Dで見るためにはこういうテレビがいるんですよねぇ。

あと3Dで思い出したのですが、ザ・ベストテンかそのあとの世界まるごとHOWマッチ(もしくは中村敦夫の番組)の時間かのCMでキリンメッツのCMで3D対応のをやっていたと思うのですが、いったいどんな感じだったのかが今になって気になりました。毎週のようにメガネを作ろうと思いつつ忘れているうちにCMが終了していましたから。そしてそのうちに商品自体がなくなってしまってます。商品の栄枯盛衰は本当に激しいです。

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

ハーバード白熱教室

4/23の深夜というか4/24の未明にどうしても寝られずだらだらとザッピングしてNHK教育テレビに合わせたら「ハーバード白熱教室」なる番組の1回目の再放送がやっていました。若干酒も残っていたのですが、

むちゃくちゃ面白いと同時に気付かなかったことに後悔

実はこの放送が第1回は最後の再放送でして録画できなかったのが本当に残念でした。最も録画してもよかったのだけど残り時間を考えるとあまりにリスキーでした。悔しいなぁ。ただNHKのサイトを見る限りでは今回のは「どういう問題を考えるんだろう?」という導入部分だったのでまだ録画していなくても救いはあるのかなと。できれば7月以降にも再放送してくれるとうれしいなぁ。

それでテーマは何かというと「正義」です。より具体的には

何が正しくて何が間違っていると思うのか?そしてその判断基準は何なのか?

ということを個々人に考えさせる内容でした。講義一覧を見る限りでは現状において答えの出ていない問題(代理出産、命の値段…)を学生と教授で討論しながらそのヒントを教授が出していくという内容です。

第1回は「殺人に正義はあるのか?」というものであり、テーマとしては

多数を守るために少数が犠牲になるのはありなのかなしなのか?

という社会科学全般でもっとも議論されてかつ答えの出ない問題です。今回用いたケースは

・ブレーキが利かない車に乗っていてまっすぐ進めば5人が犠牲になり、左に曲がれば1人が犠牲になる場合はどうする?
→このケースは曲がるがほとんど
・この車の上に橋があり落ちそうな人がいる場合突き落とすか否か?
→突き落さないという人がほとんど
→突き落とせば1人の犠牲で済むのではないのか?と指摘
(ちなみに自分だと前者の問いかけだとどっちを選んでも「業務上過失致死」でとどまるから左に曲がるを選び、後者だと何もしなかったらただの傍観者だけど突き落したら「傷害致死」「殺人」に問われそうなので何もしないを選ぶ。なんて自己中なんだ…。)
・遭難した船上で一番立場の弱い少年を殺して人肉を食べて飢えをしのいだケース

という人命にかかわるものすごく重たい問題だったけど、今検討されているたばこ税は「喫煙者という少数派」を犠牲にするということになりますし、派遣労働者といった人を犠牲にして企業全体さらにはお客さんの利益を確保することも問題の一例と考えられます。その中で教授は

結果が良ければそれでいいのか?結果の前にある程度守るべき道徳やルールはあるのか?

といったことを指摘してました。とにかく教え方がうまいなと妙に感心してしまいました。今晩は2,3回目の放送だから忘れずに録画しよう。

テーマ : NHK
ジャンル : テレビ・ラジオ

クラシック第一弾が終了して

皐月賞が終了した直後でPOGをやっているメンバーといろいろと近況交換というか現状報告というかの名目の飲み会をしました。実は今年は大変厳しい状況で他人に持たれている馬はというと

アパパネ
ヴィクトワールピサ
ローズキングダム
ペルーサ
ルーラーシップ
トゥザグローリー

がいまして先行き不安です。競馬の興味のない人がいるかもということで詳細は追記に書きますが、自分の現状において今後クラシック戦線で戦っていける馬はオークスのシンメイフジだけです。毎回期待させては可能性を見せつつポイントも稼げず負けるというレースを阪神JF以降繰り返しています。ただオークスは距離適性はさほど関係のないレースなのでまだまだ諦めるつもりは毛頭ありません。

ですけど厳しいのが牡馬戦線…。皐月賞でダイワファルコンが出てくれたのですが「現状の力通り」という内容での8着という結果。まだ1勝馬の身分なのでダービーに出るのならばトライアルで優先出走権を取らなければ無理です。プリンシパルで抽選を通って優先出走権を得ないと…。それか自己条件で1勝してポイントを稼いでもらうかのいずれかでしょう。

あと1頭はロードオブザリング。長いところを連勝したのち放牧で青葉賞とのこと。しかしこのレースは空前絶後という厳しさ。ペルーサ、ルーラーシップ、トゥザグローリーといったところが出走予定。優先出走権は取れるのか?これらを相手にしないとヴィクトワールピサ相手にダービーは勝てないと考えるか、とりあえずプリンシパルか京都新聞杯で2着以内に入ってポイントを稼ぎつつダービーに出るのを目的とするかです。

そんなわけで自分にできることはヴィクトワールピサやアパパネの故障をひそかに祈るのみです。関係者には申し訳ないのですけど…。

続きを読む

テーマ : POG
ジャンル : ギャンブル

中山グランドジャンプ

4/17に今年2回目の中山に行ってきました。中山グランドジャンプを見るためです。府中がダービーならば、中山は障害です。寒かったのでためらったのですが、天気も良くなったのはラッキーでした。

まずは馬場内広場で一般の人にも高さを実感してもらえるようにと設置してある見本です。

P11907351.jpg P11907361.jpg

高さは160cmあるのですが、それ以上にきつそうなのが奥行きです。2.5mくらいあります。ちなみに馬にとってこの障害は痛くないそうです。馬場の内側を横切るコースですので中山名物と言えばふわふわラビット(ウサギの形をした風船状のもの)なのですが、馬がびっくりしないようにとこんな風になってました。

P11907371.jpg

この日一番感動したのはこれです。逆にいえば年に2回しか見られない風景なので貴重です。本馬場入場の際に障害を事前に見せるというスクリーニングがあります。障害レースの楽しみの一つはこれですね。コンデジでも撮影しやすいのがありがたいです。

P11907411.jpg P11907481.jpg P11907521.jpg

実際に大竹柵を超えていくシーンを動画で撮影してみました。

[広告] VPS


スピードと迫力が伝わるのではないでしょうか?最後二人目の騎手は落馬しそうだったのですが、全馬無事に飛越を終えたので拍手がわきました。障害レースは普通のレースよりも殺伐としていないところがいいですね。まずは完走第一というか。ちなみにこのレースは圧倒的1番人気だったメルシーエイタイムは残り3つのところで落馬したものの、同じ馬主さんであり同じ厩舎のメルシーモンサンが勝ちました。当然メルシーエイタイム絡みの馬券を買っていたので、落馬の瞬間紙屑でした。やっぱり障害レースは馬券を買うのはリスクが大きすぎるよなぁ…。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる