FC2ブログ

東原を超えたか?

こないだ水道橋を歩いていたらこんな張り紙が。



水道橋にあった「醤油ラーメンなら藤崎奈々子」がいきなり閉店していました。確か11月中旬くらいにオープンしたはずなのにわずか2か月で閉店ですか~。閉店までも連日臨時休業だったことを考えると実質1ヶ月くらいの営業だったと思います。

それもそのはずです。こんな外観ですから。



メッセンジャー黒田ほど藤崎奈々子に思い入れがあればいざ知らず東京に住む多くの人はこの看板の店に入るという行為のハードルが相当高いはずです。しかも周囲の建物が極めて地味な水道橋ですから浮きようといったら半端ありません。これが渋谷とか新宿とか池袋の繁華街にあればまだ可能性はあったかもしれないけど、大学、専門学校、予備校が多々ある水道橋にはちょっとという感じは否めません。

自分の名前を使った店が2ヶ月で閉店というのはそうとうヤバい状態かと。これはもはや、

東原亜希ブログに登場する固有名詞

並にダメだろうと。芸能界におけるポジションがもはや、

くまきりあさ美に近くなってしまったのでは?

という気がしてなりません。もともと関西の店なので関西の人だったら「ちょっとおもしろそうだし、入ってやるか」みたいな優しさはあると思うのですが、東京の人はそりゃあ引きます。ちなみに味についていえば自分のメモには

勇気を振り絞りはいると店員さん全員のどでかい声で「いらっしゃいませ」のコール。もういいかげんにしてほしいです。とりあえずはこってりラーメン780円にあげにんにく30円を。5分弱で出てきました。意外と高めの価格設定です。


 

 

味についてはわりと「ますたに」に近い感じでしょうか?いわゆる京風の醤油ラーメンという感じです。鶏がらベースの割と甘めのしょうゆ味でして、こってりにしたのでそれに思い切り背脂がかかってます。味については正直期待していなかったので案外食えたという印象です。具はやわらかめで甘めに煮たメンマとチャーシュー3枚とねぎとのり。のりには「藤崎奈々子」とかかれています。チャーシューは京風ラーメンにしては厚切りでしょうか?麺はこれまたますたにに近い感じ。あまり加水率が高くなくて細めの麺です。量はやや少なめです。出て行くときにこれまた店員全員から「おおきに」とでかい声で言われて恥ずかしい思いがしました。秋葉原の「替え玉ゲット」「ナイスゲット」の店以上にきっついですね~。


思ったほどダメというわけでもないけど、これだったら「ますたに」に食べに行くわなというのが率直な感想でした。水道橋にこんな店があったというのが数年後には都市伝説になってしまうのでしょうか?
スポンサーサイト



相変わらずくじ運がない

2/1に近所にカレーハウスCoco壱番屋(以下ココ壱)がオープンしたので早速食べに行ってみました。この時期はグランドマザーカレーを食べるとくじが引けて当たるとスプーンがもらえるというイベントがあるからなおさらです。もし外れたとしてもはずれ券3枚を集めてチャレンジ賞に応募できるという仕組みです。結論からいえば、

今回で3回連続はずれなのでチャレンジ賞のC賞(ココ壱食事券1000円分)に応募決定

となりました。本当にくじ運がないです。あまりにくじ運がないので年賀状の当選とか調べようという気力さえ起きていません。過去は3等が最高ですし、宝くじも1万円が最高と本当にダメダメです。ビックカメラの100人に1人無料が当たったときでも1800円くらいの商品を買った時となにか中途半端な感じは否めませんでした。



入り口の前から店員が馬鹿でかい声で呼びかけていて逆にスルーしたくなったものの行くと決めていたのでとりあえず入店。すると「客より店員が多いんじゃね?」というくらいに店員がいて、無駄に元気。これ以外の表現方法が見つかりません。ココ壱はなんともいえないまったり感を楽しみたいのに何かせかされている感じがして何か落ち着きません。

ココ壱はもともと名古屋発祥なのである種のソウルフードだし、肩肘張らずに気軽に食える店だし、もともとおかんが凝ったカレーを作る人じゃなかったので好きなのですが、もうちょっと安くなってほしい。追加トッピングをしてご飯増量するとそれだけで 1000円近いというのは正直割高。ちなみにグランドマザーカレー800円はこちら。



本当に家で食べているカレーに近いです。一人暮らしも長くなるとこういうカレーが食べたいときがあるんですよね~。でももう当たる気がしないので今回が最後だろうな。とりあえず近所にできたのはありがたいけど、本当は王将にも来てほしいなと。両隣の駅にはあるから無理かなぁ?でもココ壱も両隣の駅にあって今回の進出ですからいつか王将来てほしいなと。

偕楽園に行ってきました

1/12に偕楽園に行ってきたのでその時の写真を。ここは何がすごいかというと、

入園そのものは無料

ということです。兼六園や後楽園は入園料を取られるのですが、ここは無料でした。そして広大な敷地なのでキャッチボールをする親子もいました。実家近くの公園の多くは「野球禁止」になっていて野球をするにはもはや何らかの少年野球チームに入るかしないと無理になってしまっていて自分たちの頃と比べるとハードルの高いスポーツになってしまったのかもしれません。授業が終わったら「野球やろうぜ」ということで学校か近所の大きめの公園に集まっていたのが懐かしいです。こんなやつらが野球人気の底辺を支えていたのを考えるとそりゃあ野球人気は下がっていくのも仕方ないなと。

というのを考えつつ歩いていると1月だったこともあり梅が咲くエリアは見事にこんな状況でした。

 

ものすごく広いエリアでしてここに梅が咲いている風景はそれだけで圧巻だろうなということで梅の時期にここに1回行ってみることは決定しました。そんなわけで梅が咲く時期に向けた準備もしていました。



代わりに咲いていたのは蝋梅と紅梅です。

 

それ以外のものについてはひたすら緑一色(not麻雀)でした。まずは竹と杉です。やっぱりこの杉は花粉をまき散らしているのでしょうか?戦後「生育が早い」という理由で杉を大量に植えたところ花粉症の人が増えています。今のところ自分にはその症状がないのでほっとしています。つくづくアレルギーには強いほうだなというのでラッキーです。唯一ダメだったのは子供のころのポテチくらいです。もっともアクセサリーを付けたことがないので金属アレルギーの有無についてはわかりません。大丈夫だといいなぁ。

 

杉の中での園内にあった「太郎杉」はかなり大きくて1枚に収めるのは無理でした。根本、中間、最上にそれぞれ分けて撮影しました。最上付近になって1本にまとまるという感じの木です。

  

あとは1月といえば花札だと松なので、その松を。

 

 

 

 

ここにも正岡子規の句碑がありました。



ちょっと前に行った尾道にも彼の句碑はありましたし、全国津々浦々に彼の句碑がありそうな感じがします。いろんな意味ですごい人なんだというのを感じてしまいます。

人体実験2回目

今回も歯大病院に行ってきました。前日に思い切り部屋飲みをして軽度の二日酔いの状態で。口の中に何かを入れられるとリバースしてしまうかも?という不安を抱えつつ。というわけで、

歯医者に行く前日の夜は飲みすぎ禁止

というのは間違いありません。前回終了後「歯肉炎」というコメントの下、

電動歯ブラシ購入

というのを実行し、約二週間使ってみました。歯磨きはめんどくさくて嫌いで今まで真面目にやってこなかったのですが、今回は1日2回もやっていました。そしてその結果は「染めだし検査」をしたところ、

磨き残しが多々あることが判明

でした。鏡で見せられたところ本当に心が折れました。髭の剃り残しにも心が折れましたが・・・。当て方が悪いのでしょうか?もっとたたき落とせるような替えブラシにするべきでしょうか?とりあえず実習ということで教授に提出する報告書も兼ねているため、普通の個人の歯科医院以上にカルテ作成を丁寧にやらなきゃならないようでこの作業で1時間半くらいかかってました。自分のチェック対象の多さもあるのは言うまでもないです…。あとは患者視点で言うとやっぱり指導に当たる教授の実演の時のほうが口の負担が少ないです。慣れとコツというのは相当大きいようです。

後はかみ合わせの検査をしてこの日は終了。去年6月に行った個人病院よりは何か診てもらっているという感じはあります。一人30分くらいのところと午前一人、午後一人とではやっぱり違うのかなと。この人体実験のメリットはこれくらいでしょうか?ちなみに次回は「レントゲン」「歯型製作」が予定されています。まだまだ時間・期間や医療費がかかりそうです。だんだん憂鬱になってきました。

川崎競馬場に行ってきました

1/28は川崎記念なので

1年1度の川崎競馬場に行ってきました

この1年1度は国生さゆりのバレンタインキッスからパクりました。未だにバレンタインの歌といえばこれですからね~。クリスマスは毎年のようにいろんな人が出すのにバレンタインはこの曲の独壇場です。テレビでバレンタイン商戦が盛り上がっていますなんてときのBGMはやっぱりこれです。TVで使うと使用料が発生するのでこれは歌唱者にも入ることから国生さゆりにも毎年少しではあるけど入っているんだろうなぁ。山口百恵は今でも相当額の金が入ってくるという話をどこかで聞いたことがあります。

とりあえず書類を片付けなければならない時期なので競馬場のテーブル席でその書類を片付けようと馬場内広場に行ったところ気になる掲示が。



ウインナーとソーセージの違いはなんですか?ということです。とりあえず検索してみたところ同じように考えている人が多くてすぐに見つかりました。

ウインナーはソーセージの一種

が答えです。こちらから引用します

・ソーセージ-塩漬した肉を挽肉にして練り合わせたもの(燻煙とボイル工程の有無は色々)
・ウインナー-豚肉と牛肉を塩漬したものに香辛料を加えて練り合わせ、ケーシングに充てんした後、燻煙・ボイルしたソーセージで、その名の通りオーストリアのウィーンが発祥とされる世界的にも最もポピュラーなソーセージ。その中でも日本では羊腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm未満が該当する

というわけです。つまりウインナーではないけどソーセージであるものが出てきたんだなと。おそらくは太くなったんだろうと。今の時代ちょっとした疑問は検索すればわかるというのはありがたいものです。

それはともかくとして川崎記念です。今回はカネヒキリが出てくるなど豪華メンバーでした。ヴァーミリアンがいれば鬼に金棒だったのでしょうが、それは贅沢ってものです。とりあえず今回はパドックを連写機能を使って撮影してみました。連写機能のリスクは何かというと、

画像が多すぎて目当ての物を見つけるのがとにかく大変

ということです。とりあえず今回の有力どころを。

 

 

 

これらの馬を外したものはかなりの高配当ばかりでした。というわけでこの6頭の中でどう馬券戦略を立てるかがこのレースの唯一最大のポイントになります。ちなみに本馬場入場の際にはブルーコンコルドしか撮影できませんでした。これは相当難しいです。

 

ちなみに馬券は「2番人気3番人気がカネヒキリに勝ちに行こうとして逆にバテてしまい、それを4-6番人気あたりが漁夫の利で2着に来る」ということを前提として



を購入。3カネヒキリから8ブルーコンコルドと9ボランタスとの組み合わせです。これはディープインパクトのころによくあったパターンです。ディープインパクトは圧倒的な強さだったけど2,3着は意外と人気薄が来ていたんですよね~。それを思い出しました。そしてレースを馬場内広場でためしに撮影してみました。



高速連写でも遅いようです。これだけでも馬のスピードの速さはわかるかと。あるいはこういうのを狙うにはさすがに一眼レフタイプじゃないとダメかなぁ?レースは11フリオーソが逃げて3カネヒキリが2番手につけて、2,8,9あたりが3-5番手につける展開となり最後フリオーソが粘るところをカネヒキリが差してゴールという「強い馬たちが普通に強い競馬をした」という言葉で片づけられるものでして配当は当然こんな感じでした。



帰りは川崎の二郎を食べたにも関わらずかなり空腹だったので駅前の吉野家にて牛丼の並を。こんな素敵なイベントがあるらしいので3/21までに10回食べに行かなきゃ。

 

都内にないから交通費がネックかなと。都内の吉野家でもやってくれればいいのに…。

一人鍋 手抜きすき焼き編

こないだ実家に帰った際にスーパーにこれが売っていたのでうれしくて二つ購入しました。



板麩です。関西ではどうだか知りませんが名古屋の実家でのすき焼きにはこれは必須アイテムです。ただ東京のスーパーで見たことはありません。というか店のPOPにも「名古屋限定品」みたいなことを書かれてました。なので本当にうれしくてついつい買ってしまい、それを使って「手抜き」なすき焼きを作ってみたというわけです。

両毛線沿線の学校めぐり その2

1/20の両毛線沿線の学校めぐりの旅にまだまだ時間があったので前橋商業に行ってからはそのまま北に行って、上毛電鉄の中央前橋まで。そこから赤坂まで乗って南南西方面に向かって歩くとこの建物があります。

1.群馬県立前橋工業高等学校



とりあえずはこんな有名なOBがいます。というかこのOBがいるからこそこんな形で撮影をしに行ったのですが…・。



このOBは本当に立派だと思います。ドラフト指名された会見の際のリーゼントもインパクト強かったですね~。浪商の牛島とともにインパクトありました。そのあとは「20世紀最後の200勝投手は北別府ではなくて渡辺久信?」というくらいのペースで勝ちまくるも一気にペースダウン。通算125勝で引退。まさかあのさわやかなイケメンピッチャーがこんなに禿げて太るとは…。ちなみに

・強盗殺人をやらかしてしまいもうまともに外には出てこられないであろう元ロッテの小川博

も卒業生ですけど…。強盗殺人は無期懲役か死刑の二者択一ですから…。小川博が強盗殺人をしたと知った時は本当にショックはでかかったです。指名手配犯の小暮洋史は「前橋市出身で工業高校卒」らしいのですが、ここなのでしょうか?早く捕まえてほしいものです。

実はこの場所には数年前に移動してきたわけですが、移動前は前橋競輪のすぐそばでして稲村成浩も実は前橋工業OBです。斉藤登志信とともにアマチュア時代に活躍したのもかすかに記憶にあります。とりあえずは校舎についてみると、

・グラウンドが広々としたうえに照明がある
・単純に新しくて何か立派すぎるくらいに立派だ

というのを感じてしまいました。あまりに立派すぎる建物にこっちが脱力しました。

 

いままでこのブログでいろんな学校にめぐってきましたが、ここほど恵まれている学校には遭遇したことないです。高校野球で一部で言われている「私立は恵まれている」「公立は恵まれていない中頑張っている」という単純な議論は絶対に成立しないなというのだけは感じられる場所です。

2.栃木県立足利工業高等学校

両毛線の足利で降りて「森高千里の渡良瀬橋の旅をデジカメを変えたからもう1回やる」という流れの中でたどり着きました。

 

年齢を考えれば現在は広島にいる石井琢朗が甲子園に出た時には生まれているはずもありません。というかこの石井琢朗が2年の夏に甲子園に出て以来出ていないのでは?彼が投げた試合はテレビで見ていましたが、鹿児島商工(当時の名前)相手にサヨナラ負けをしてひざまづいたシーンはナイターだったこともあり結構印象に残ってます。3年の時は甲子園に出られずドラフト外で当時の大洋へ。1年目から投手として出番があり通算で1勝するものの野手転向し名球会入りしました。「日本だけの結果で名球会に入った」人の中では現在最も若い人です。

それはともかくとして石井を通じて感じたことは、

ヤクルトの高井はまだ野手転向しないの?

ということです。150キロ近い直球を投げられる左は魅力ですけど、ストライクを計算して取るのがきついです。しかも高校時代の打力は相当なものです。というわけで「今なら野手転向は間に合う」と思ってずっと見ているのですが、まだその気配はないです。もったいないなぁと石井琢朗の母校を見て改めて確信しました。今ならぎりぎり間に合います。ストライクを計算できない左投手をしているのなら野手になって「ポスト青木」を狙ったほうが合理的です。宮出を待ってくれたチームですから今すぐの野手転向の決断を待ってます。

3.桐生第一高校

両毛線の桐生駅から案外近いです。ちなみにこれは昨年の3月に撮影したもので例の事件の前です。

 

この学校は「篠原涼子が通っていた学校だ」「実は夏の甲子園で優勝経験が1回ある」などなど地味なネタはあります。ちなみに野球部OBについては

・その時の夏の甲子園優勝投手の正田樹は戦力外通告されて台湾でプレーするみたい
・その時の控えだった一場は明治に進学して目玉クラスになるもやらかしてしまい、楽天入団するも中途半端な成績
・2003年夏の甲子園でベスト4に進出した際のメンバーだった久米は明治大学進学後投手転向し、ソフトバンクに入団し好スタートを切る

などなどあります。それにしても一場は見ているとフラストレーションがたまるピッチャーです。あの騒動のさなかにでき婚をするなど度胸満点な人間に見えるのですが、同期入団のダルビッシュとは違ってマウンドに立つとチキンとしかいいようのないピッチングです。久米はソフトバンク名物「2年くらいで使い倒す中継ぎ投手」になってしまうのでしょうか?

両毛線沿線の学校めぐり

1/20に青春18きっぷの有効期限が切れるので「栃木二郎に行く」というのをまず決めてプランを練っていたら、

家から栃木二郎に行くには青春18きっぷよりも北千住から東武線を使ったほうが安い

ということが判明し、無理やりに近い形で両毛線沿線にある学校をめぐるというのを乗せました。今回はネタが作れそうな学校をという基準でいくつか。

1.群馬県立藤岡高等学校

両毛線じゃないんですけど、80年代に音楽を聴いていた人にとってはある種の聖地なので。ここは現在藤岡女子高と統合されて「藤岡中央高等学校」となっています。そんなわけでして現在はこんな状況です。



現在解体工事がなされています。藤岡中央高校は藤岡女子高の敷地になったのでそういうことになります。とりあえずは正門と校舎です。

  

有名なOBとしては元BOØWYの氷室京介とBuck-Tickの櫻井敦司、今井寿、星野英彦、樋口豊がいます(ちなみにヤガミトールは前橋育英)。これだけで80年代に音楽を聴いていた人間にはしびれます。Buck-Tickについては「重低音がバクチクする」のCMとか懐かしいですね~。デビューしたころのあの髪の逆立てっぷりに反する案外ポップな音楽が自分の中に妙にツボにはまったものです。93年くらいからいきなり曲調が変わって自分はあまり聴かなくなったのですが、それでも毎年武道館を満員にするほどの客は集めています。これを見ていると、

・固定客を確実につかむというのは経営戦略上きわめて有効
・その固定客の多くはアラフォー世代だと思うけど、やっぱり母集団そのものの大きさはでかい

というのは感じます。そもそも20年以上もメンバーチェンジもなくやっていることそのものがすごいです。通常はギャラでもめたり音楽性の違いでもめたりするんですけど、それがないんですよね~。94年くらいに「ボーカルの桜井さんってかっこいいよね~」という話をしていた時に、

Buck-Tick?

と返したバイト先の後輩は元気なのかも気になります。これを書いていて思い出しました。やっぱり自分にとってもボーカルの桜井というとBuck-Tickですから。

2.群馬県立前橋商業高等学校

今回センバツ出場が決定しました。おめでとうございます。こないだの高校サッカーでは同じように広島皆実にいって優勝をしたので縁起がいいと思いかけています。前橋駅から南に10分弱歩いたところにあります。

  

やっぱり有名なOBというと「あだち充」でしょう。おそらく漫画家の中でも歴代10位に入る売上があるのでは?と思います。キャラの区別がつかないとかいろいろありますが、細かな違いを探すのもそれはそれで面白いものです。そんな彼の代表作である「タッチ」連載中に、

57年ぶりに夏の甲子園出場

という出来事がありまして、マンガの中にもそれが登場しています。所在地が「群馬県前橋市南町4-35」であり、ここからヒロインの名前を取ったのか?というツッコミは入ります。そしてこの時のエースが、

日本一器用なプロ野球選手五十嵐章人

です。横断幕の「目指せ日本一」を体現しているOBと言い切ってもいいだろうと。この選手の記録を見ると本当にすごいことをしてます。

・1番から9番まで全部の打席で先発出場・本塁打
・投手・捕手・一塁・二塁・三塁・遊撃・左翼・中堅・右翼全部で公式戦出場

すべての打順、すべてのポジションをこなしたプロ野球選手はいたでしょうか?バレンタイン監督時代のロッテと仰木監督時代のオリックスにいたというのも大きいのですが、本当に器用な選手だったことはわかります。本塁打については何がすごいかというと、

通算26本しか打っていない

ということです。これが100本とか打っていれば「出来る記録だろうね」で片付きますが(他の古屋英夫、松永浩美、田中幸雄、堀幸一、小川博文はすべて100本以上)、26本がすべての打順で出たというのがすごすぎです。ちなみに4番は通算1試合だけでその試合で本塁打を打ったという引きの強さです。他には1,3,8,9でも1本ずつです。

守備については捕手は1995/5/7のロッテ時代に捕手不在となり白羽の矢が立ちバレンタインに起用されました。8球を無難にこなしたそうです。投手は1998/6/3のオリックス時代に仰木監督がファンサービスの一環として1イニング登板して無失点という内容でした。

そして現在この記録に最も近いのが巨人のキムタクこと木村拓也です。あとは投手だけです。ボロ負けしている試合で1回投げさせてほしいと思ってます。原監督よろしくお願いします。

一人鍋 水炊き編

実はここに書くまでに3回チャレンジしていたメニューが水炊きです。まっとうな作り方をすると面倒なので「いかに楽をしつつそれでいて水炊きらしいものができるか?」という実験をしていました。

その結果としてこうなりました。

水戸に行ってきました その3

水戸の旅シリーズもようやくラストです。まずは大工町交番から水戸駅方面に向かって歩くと徳川慶喜の像があります。



徳川家最後の将軍(ならびに最後の征夷大将軍)として有名なのですが、大政奉還→王政復古の令などを経て力を完全に失い、静岡県などで余生を送り、政治にも関わらず趣味に没頭していたそうです。もっとも明治35-43年は貴族院議員として活動していましたが、大正2年(1913年)に76歳と25日で人生を終えました。徳川将軍の中でもっとも長生きした人として知られています。

征夷大将軍といえば中学時代のテストで「坂上田村麻呂」を答えさせる問題で終了1分前に思い出せたといういい思い出があります。これをかけた自分にちょっと感動しました。受験で日本史を選択していないので本当に何も覚えていません…。現役時代は社会と数学選択ならば数学を選ぶ気満々だったので・・・。数学はホームランを打てる可能性もありますからね~、やっぱり。

その徳川慶喜ですが、実はある期間巣鴨にも住んでいたそうです。



そんなわけでして何となく水戸という土地に対して少しシンパシーを感じたというわけです。もっとも山手線が通るとなった際に「うるさいだろうから」と小日向のほうに引っ越したそうです。

さらに東に歩いて市役所辺りに行くとものすごく立派な門をした小学校があります。



水戸市立三の丸小学校です。あまりに立派さにびっくりしてしまいました。せっかくなのでこの近辺をうろついているとこんなのぼりが。



ずいぶん強気だなと。ちなみに現在日本には世界遺産はこれだけあります。

自然遺産
1.白神山地[青森県、秋田県] 1993年12月
2.屋久島[鹿児島県] 1993年12月
3.知床[北海道] 2005年7月

文化遺産
1.法隆寺地域の仏教建造物(法隆寺、法起寺)[奈良県] 1993年12月
2.姫路城[兵庫県] 1993年12月
3.古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)(賀茂別雷神社(上賀茂神社)、賀茂御祖神社(下鴨神社)、教王護国寺(東寺)、清水寺、延暦寺、醍醐寺、仁和寺、平等院、宇治上神社、高山寺、西芳寺、天龍寺、鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、龍安寺、本願寺、二条城)[京都府、滋賀県] 1994年12月
4.白川郷・五箇山の合掌造り集落[岐阜県、富山県] 1995年12月
5.原爆ドーム[広島県] 1996年12月
6.厳島神社[広島県] 1996年12月
7.古都奈良の文化財(東大寺、興福寺、春日大社、春日山原始林、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城宮跡)[奈良県] 1998年12月
8.日光の社寺(二荒山神社、東照宮、輪王寺)[栃木県] 1999年12月
9.琉球王国のグスク及び関連遺産群(今帰仁城跡、 座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡 、首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽)[沖縄県] 2000年12月
10.紀伊山地の霊場と参詣道(【吉野・大峯 】吉野山、吉野水分神社、金峯神社、金峯山寺、吉水神社、大峰山寺)[三重県、奈良県、和歌山県] 2004年7月
【熊野三山】熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社、青岸渡寺、那智大滝、那智原始林、補陀洛山寺
【高野山】丹生都比売神社、金剛峯寺、慈尊院、丹生官省符神社
【参詣道)大峰奥駈道(玉置神社を含む)、熊野参詣道<中辺路(熊野川を含む)・小辺路・大辺路・伊勢路(七里御浜、花の窟を含む)>高野山町石道
11.石見銀山遺跡とその文化的景観(銀山柵内、代官所跡、矢滝城跡、矢筈城跡、石見城跡、大森・銀山、宮ノ前、熊谷家住宅、羅漢寺五百羅漢、石見銀山街道鞆ケ浦道、石見銀山街道温泉津・沖泊道、鞆ケ浦、沖泊、温泉津)[島根県] 2007年7月

さらに現在暫定リストに登録されているものは、

「古都鎌倉の寺院・神社ほか」(神奈川県、平成4年)
「彦根城」(滋賀県、平成4年)
「平泉の文化遺産」(岩手県、平成13年)
「富士山」(山梨、静岡県、平成19年)
「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県、平成19年)
「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」(奈良県、平成19年)
「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(長崎県、平成19年)
「小笠原諸島」(東京都、平成19年)
「国立西洋美術館本館」(東京都、平成19年)

です。しかも昨年の投票で「平泉の文化遺産」が不採用となりました。というわけでこれから世界遺産になるというのは相当ハードルが高いと思います。今年は奈良のを制覇してみたいなという気持ちはあるけどできるかなぁ?

そして弘道館に到着。時間が遅かっただけに外門だけ。春に偕楽園に行く際に余裕があれば立ち寄るかなと。



すぐ横には徳川斉昭の像もありました。



さらに奥に行くと旧制一中である水戸第一高校です。



個人的には知り合いもいないし、ぱっと思いつくOBもいませんが、この看板の印象は強かったです。



どうやら水戸城の跡地に入ったようでそれをうかがわせるものもありました。なので外部の人間が入り放題なのです。そのうえこの学校調べると「私服登校OK」というではありませんか。



ということは何が起きるかを考えると、

体育の時間の際に学生の私服にある財布を外部から盗みに来る

ということです。自分も私服OKの学校に通っていたのですが、結構一定割合で金銭の盗難があったといわれています。というか今にして思えば自分はよく盗まれなかったなぁと思うほどです。南京錠をしてロッカーに入れるとしてもハサミで切られれば終わりですし、しかも私服OKだから不思議に思われないですから。本当にこういうことのケアはしっかりしたほうがいいです。あとはうちの高校でリアルにあったのは、

化学実験室から薬品を盗もうとしたら逮捕された

当時は1階に実験室があったので狙い目だったんでしょう。所が運悪くセコムが発動して捕まったというわけです。夜中に忍び込んで一泊したりなどしたことを思えば狙いやすいと思ったのも無理はないでしょう。こういうのには本当に気をつけていただけたらと思います。校舎建て替えによってこの部分では安全になってくれたことを祈るばかりです。ちなみに校舎は



かなり新しい感じになっています。ここからは水戸駅に戻ると



こんなわかりやすい神社があります。義公とは徳川光圀の幼いころの名前です。



当たり前ですけど「水戸黄門」関係をアピールしていました。やっぱり水戸なんだなというのを改めて実感しました。
Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる