FC2ブログ

アンケート調査

今日は学生さんを相手にして雑談していたところいきなり、

自分の友人が卒論のためにアンケート調査をしているので答えてください

というので行きがかり上答えてみたわけです。やってあげないと学生さんがかわいそうですから。それで答えたわけですが、

自分が出会った中で最も意味不明なアンケート調査

だったわけです。率直に言って、

見ただけでこんなアンケートは絶対に答えたくない

というのだけは確定するものです。その学生の友人の先生はアンケート調査に関する指導をしていないのでしょうか?そんなことを感じてしまいました。自分は1回だけやってみたのですが、

アンケート調査を作ることって本当に難しい

というのだけはわかりました。アンケート調査を作成する流れとしては

0.すでに類似のアンケート調査をどこかでやっていないかを調べる
→存在すればその結果を使えばOKですから。
1.検証したい仮説は何か?知りたいことは何か?を明確にする
2.それを得るために適切な問題と選択肢を考える
→その過程の中で「必要最低限の問題数」であることが求められます。問題数が多すぎると答えようという意欲をなくしますから。
3.その問題は誘導尋問ではないか?解釈は2通り以上存在してしまわないか?
→問題の作り方と選択肢の作り方でものすごく結果は変化してしまう可能性があります。あるいは不当に「作成者が意図しようとした結果に導かれてしまうか」というのもあります。本当に恐ろしいです。
4.実際に流す前に対象者と同じ属性の人、数名に実際にアンケート用紙を渡してテストする
→この中でいろいろな不備が見つかることになります。「答えるのがめんどくさい」というのはまさしくその典型です。

より細かい技術はもっとありますが、とりあえずこの流れで事前準備をしなければならないわけです。なのでアンケート調査は

実際に流すまでに半分以上の作業が終わっている

わけです。それでそのアンケートだったのですが、

1.質問数が50問と多すぎ
2.答える側にとって「重複した質問」が多すぎ
→設定した人にとってはあえて分けることに何か意図があるのでしょうが、答える側にはウザいの一言。
3.「まったくそう思わない」から「まったくそのとおり」までが7段階に分かれすぎていて多すぎ
→3段階もしくは5段階で十分なはず。これまた答える側にはありえない設定
4.回答者に問題に対する仮定を設定させること自体がおかしい
→自由度を与えようとする思いだったのでしょうが、単純にめんどくさいだけです

というわけでとにかく疲れましたしイラだちました。「卒論のためのアンケート調査」名目は免罪符としてよくつかわれますが、もうちょっと答える側の立場に立っていろいろと設定してほしいなと今回感じたわけです。
スポンサーサイト



住所パワー

今日は昼から福岡国際マラソン→ラグビー早明戦→JCダートとあえて外出したくなくなるテレビオンパレードです。今日の明治を見ていたら、

こんな試合できるチームがなんで大学選手権出られないんだろう?

というのは感じてしまいます。とはいえ空き時間は暇なものでその合間にネットしていたらこんな面白いサイトを発見。

住所パワー

要は住所を入力すると「独自の指数で点づけ」というのをしてくれるわけです。基準は最初の段階では分からないのですが、とりあえず実家の住所を入力して出た結果が、

897ptでド田舎クラス

という非常に納得のいかないものでした。とりあえず基準を見てみると施設を特定してその施設から1.5キロ以内にどれだけあるのか?というのを使っているようです。それを引っ張ってみるとこんなんでした。

飲食店 0件 m
美容室 1件 228m
銀行 0件 m
書店 0件 m
デパート 0件 m
コンビニ 1件 930m
映画館 0件 m
老人福祉施設 0件 m
スーパー 1件 825m
レジャー施設 5件 5668m
レンタルビデオ 1件 930m
保育園・幼稚園 1件 138m
駅 0件 m
ラブホテル 0件 m
風俗 0件 m

文句を言いたいとすれば、

1.確かに銀行はないけどATMはあります
2.コンビニはもう1軒ある
3.飲食店はともかく喫茶店はある

という五十歩百歩という言葉しか浮かばないようなものです。確かに最寄駅まで車で10分、バスだと片道290円かかります。自転車は行きは5キロ下って帰りは5キロ登るで高校卒業したら「一刻も早く免許がほしい」になりますし、実際とったら自転車に乗ることはまずなくなります。

ちなみに東京の現在の家だと

2,329pt判定Bクラス

になります。さっきと同様のものを出すと、

飲食店 12件 58m
美容室 5件 104m
銀行 7件 30m
書店 13件 109m
デパート 0件 m
コンビニ 26件 38m
映画館 0件 m
老人福祉施設 4件 512m
スーパー 10件 341m
レジャー施設 61件 2380m
レンタルビデオ 15件 557m
保育園・幼稚園 10件 64m
駅 5件 167m
ラブホテル 5件 824m
風俗 1件 1009m

ツッコミを入れるならば

どう見てもラブホテルが5件ならば風俗はもっとあるぞ

といったところでしょうか?ちなみに幼稚園の頃に住んでいた場所だと

2,224pt判定Bクラス

と意外と都会認定されています。結構自分的には不便だなとカリット餃子黄金に行くと感じる場所なのですけど…。名古屋駅には近鉄で2駅だからましなのかな?

ちゃんぽん麺が届きました

最近「家で鍋」がブームだそうです。景気が悪くなって安く済ませたいというところから出発しているようですが、家族だんらんにもなるみたいですし悪いことではないんじゃないかとは思います。最も自分の場合はひとりで鍋なので家族だんらんとかは無縁なんですけど…。

その鍋にあたっての魅力の一つが締めの麺です。以前にもネタにしたように

もはやちゃんぽん麺でないと満足できない

わけでしてついに通販で20食2230円(送料込み)で購入してしまいました。12/3の午前中に届くかなと思って待っていたらこないのであきらめて家を出ると、

12/3 17:00に届けましたが不在でした

という紙が。仕方がないので翌日の午前中に。8:00-12:00の範囲でしてギャンブルです。もし9時台までに来てくれれば用事の前に川越の喜多院で紅葉を見に行こうと思っていたら12時を過ぎてもこないであきらめて家を出ると

12/4 12:00に届けましたが不在でした

という紙が。12:20まで待っていたんですけど…。さすがにイラつきましたね~。仕方がないので翌日の午前中にしてもらったらなんとか11:40に持ってきてもらいました。さっそく18食分を冷凍庫にぶち込んで2食分を食べてみることにしました。



2食1袋(280g)で入っています。これは

1回につき2食食えといういうことでしょうか?

その期待通りに2食分食べることにします。記念すべき1回目は「もつ鍋」にしました。作り方はこちらにありますので割愛。今回はうまくできたので自画自賛という意味で掲載。



面倒だったのでそのまま生めんを投入。



食べてみた感想としては麺が汁を吸いまくってかつぬめりがついてました。麺自体がかなりしょっぱくなってました。食感としては「博多の焼きラーメン」に近いです。味や歯ごたえはうまいんだけど「1分くらいの下ゆでは必須」というのを学びました。

その学んだことを実践するために早速文字通りに「ちゃんぽん麺」を作ってみました。

(作り方)
1.麺を1分くらい下ゆでする
2.キャベツと肉とにんじんを切る。にんじんは皮むき器で切ると薄切りで来て良い
3.キャベツと肉とにんじんを炒める。
4.炒めたところにお湯とチャンポン麺の素を入れて煮立たせる
5.ちゃんぽん麺を入れて食べごろになったら食べる

というなんの説明にもなっていない作り方を書いた後でできたモノを。



やっぱり下ゆでをするとぬめりがなくていいですね~。汁が少なくなりすぎたのは反省ですが・・・。あとは汁を吸いすぎることもなくなりました。面倒くさがったらダメですね。まだちゃんぽん麺の素は3袋あるので楽しみですね~。

野球ネタいくつか

たまっていた写真チェックをしていたらこれが。



これは前回のWBC優勝のトロフィーです。ティファニーが作ったもので結構高価なものです。光が反射したのは申し訳ないですが、要は「WBC優勝のトロフィーを撮影した」ということであり、来年3月のWBCに向けて何か思うところがあるというわけです。とあるチームの全選手が出場要請されたにも関わらず出場辞退したとのことで何かとあります。これについて思うことは、

そんな奴らはいらないし、いっそのことNPBとMLBの全選手から出場希望者を募ってそこから選べばいいのでは?

と思います。出たくないという人間はほっておけばいいんです。出場機会を求めるでもいいですし、国際試合に出てみたいでもいいですし、メジャーのスカウトにアピールでもいいですし、とにかく出たい人間を募ってそこから選べばいいように思います。そりゃあシーズンには影響があるかもしれません。でもそのチームのファンは「WBCに出たいと思った心意気を買う」と思うのです。そして全員が出なかったとあるチームはもれなく「ヒール」というポジションになるかと思います。あそこは監督自体がそれを求めているから別にいいわけですし、ある意味で誰にも角を立てず行く仕組みじゃないかなと思うわけです。

他には千葉ロッテに指名された長野選手がどうやら指名拒否の流れです。これはさすがに巨人が来年1位指名するしかないでしょう。ただメンツを見る限りでは来年確変する高校生が出ない限りは「不作」確定なので、まだ指名できる余地はあるかなと。元木みたく第一線から離れるわけでもないですから落ちる度合いもまだ少ないだろうと。でも巨人の外野は激戦区です。「こうすれば確実にアウトになってしまう」というパターンをなくした上で浅い位置で守れるようになってほしいです。そもそも2年前のドラフトで「素直に長野を指名すればOK」というところで上野に行ったわけですが、その上野が2年でまだ戦力になっていません。ここまで面倒なことになったうえに左の中継ぎが山口しかいない以上何とかなってくれないと困る選手です。

あとは内外タイムズ情報ですが、千葉ロッテを3年で戦力外になった柳田選手がK-1に行くのでは?とのこと。今年の9月にいきなり野手転向になったにも関わらず「戦力外通告の上育成選手にもしない」というあまりに冷たい対応でした。アフターケアなんて考えるようなヤツはダメなのかもしれないけど、それにしても冷たいなと。ソフトバンクの大西も高卒3年目で戦力外で進路未定ですし、なんだかなぁとは感じる部分です。ソフトバンクでいえば山山コンビこと山村・山田の二人ですが、まだ進路未定とのこと。いったいどうなるのでしょうか?

たまった写真からいくつか その2

今回もこれで。出かけたところの写真をいくつかアップしていなくて「いつかアップしなきゃ」ということでキープしているのですが、改めて見直してみると

前のカメラで撮影したものなので夜や望遠機能がしょぼい

わけでして、手ぶれがありまくりで「こりゃあひどい」というのを感じてしまいました。観光スポットでいえば「秋の昼と夜の清水寺」「冬の高山」「渡良瀬橋周辺(これはネタにしたけど、足利学校とかは残ってます)」「冬の万博記念公園」といったところです。もう1回行きなおして撮影しなおしたいくらいに手ぶれがありまくってます。ということは2008年3月以前に「おでかけ」としたところは今見ると「ひどい画像使っているな」ということになるんだろうな、きっと。小さくしていればごまかせますけど。

というわけですが、これ以外に残っている画像からネタとして使えそうなのをいくつか。



ちょうど清原が「力勝負」にこだわりだした時期くらいですね。若いころからのツケとはいえあの肉体改造をもしやらなければもっとできたはずです。本来は「軽く振っても飛ぶようにする」というのを志向したはずですが、力見まくってのフルスイングで空振りの山を築くようになったのもこのころです。あれほどの選手ですからもったいなかったなという思いのほうが強いです。

その左上には新庄です。本質的には前に出たい人じゃないんだろうなというのは感じます。1曲出したシングルもバラード曲ですし、みんなでカラオケに行っても一人でバラードを歌うといいます。そんな彼がいきなり「アロマパフューム」なる香水みたいなものをプロデュースしたそうです。詳しくは公式サイトから。これから彼はいったいどうなっていくんだろう?片岡鶴太郎みたいな路線に行かないことを祈るばかりです。

続いては

  

それぞれマック鈴木、大沼、泡様こと河原です。マック鈴木はさっぱりでしたね~。1回千葉マリンでマック鈴木が先発した試合をオリックス側のスタンドで見ていたらかかったコールが

働け働けマック

でした。結局日本での彼は「53試合 5勝 15敗 1セーブ 156.2投球回 防御率7.53」という期待を裏切りまくった成績でした。現在はゴールデンベースボールリーグのカルガリー・ヴァイパーズというところでプレーしているそうです。大沼は

山崎武司がもっとも怖いピッチャー

として有名です。そして河原純一投手。来年から中日で年俸600万円でプレーすることになりました。原巨人の1年目にはストッパーとして大活躍するもそれ以降は完全にしりすぼみ。体型通りの軽い球質が響いています。伝説のFULL JUMPも河原が投げていた時に発生しました。



今日本テレビでアナウンサーをしている上重聡とソフトバンクの和田です。それぞれ記念球を野球体育記念館に収めた際の写真です。上重もアナウンサーになって早くも6年目ですが、

未だにしゃべりが固い

というのを感じざるをえません。朗読がうまい人というかそんな感じです。高校野球の司会進行をしている高校生のような妙な不自然さをいまだに感じます。ずっとこんな感じでいくのかなぁ?未だに東京六大学で二人しか達成していない完全試合ですから価値は相当でしょう。いつの日か彼が完全試合になりそうな試合を実況して、経験者でしかわからない心理描写をしてくれることを楽しみにしています。



ちょっと前に軽井沢に行った時に買ったトマト焼酎です。飲んでみたのですがかなりすっきりした味わいでした。まったく透明の液体でして言われなければ「これトマト」とは絶対にわかりません。パッケージほどのインパクトは飲んでみたらなかったなぁというのが感想です。

たまった写真からいくつか

HDDを整理していく中で「撮影はしたけどここでネタにしていなかったなぁ」という写真が結構あるので、数回に分けて一気にやっつけていこうと思います。まずは2008年4月終わりに府中競馬場の競馬博物館で撮影したものから。



第43回優駿牝馬優勝馬のシャダイアイバーです。この馬自体の記憶はないのですが、自分が本格的に競馬にのめりこむきっかけとなった馬の母親なのです。その馬の名前とは

ガレオン

です。1993年東京優駿は結構メンツがそろっていまして、「今回のダービーはどうする?」というのが結構盛り上がってました。人気サイドだと配当がつかないというのもあったのですが、自分が狙いに定めたのがガレオンでした。その一週間はひたすらガレオンに支配されていまして、当然ガレオンだけを見ていました。ですけど4コーナーを回った直後から脚をやっていて結局4着でした。たぶん皐月賞をまっすぐ走っていてNHK杯を使わずしてダービーに行っていたら少なくともナリタタイシンには勝っていただろうとは思ってます。結局このレースで引退して種牡馬入りしこれといった代表馬を出すこともないまま、アテ馬に。その後つま恋のホースパークに行ったらしいという話を聞いて行ってみたら「もういないです」という冷たい言葉。「どこに行ったのですか?」と聞くと答えづらそうでした。冷静になってこの事実を考えると泣けてきます。結果としてこのガレオンに入れ込んだことから、競馬にのめりこんでいったわけですがこの写真をみてもう1回泣けてきました。それは、

おもな産駒:なし

という記述です。「ガレオンおるやんけ~」と思ってくれた人はどれくらいいるのでしょうか?納得いかない思いはあるものの重賞未勝利でダービー4着で引退という馬だとそうなるのかなぁ?

続いてはある意味で貴重な勝負服です。



2007年のジャパンカップで優勝したアドマイヤムーンの勝負服です。2007年の夏か秋に近藤さんから馬主資格が下りたばっかりのダーレージャパンファームに売却されたのですが、このレースの二週間くらい後に馬主資格を返上しました。なのでこの勝負服で勝った唯一の重賞です。(レースかも)この貴重な勝負服が飾られているという事実そのものをありがたく思います。馬主規定が変化して外国人馬主も入れるようになったのでダーレーグループも入ってくることが予想されますが、この勝負服を使うのかが気になります。

さらには2008年3月に巨人のオープン戦を東京ドームで見た際に隣接する野球体育博物館に「2005年シーズンに向けて誓いのボール」にあった書き込みの写真を何枚かとってきました。



広島の広池選手です。ものすごく字がきれいなのに感動して思わず撮影してしまいました。実は彼は立教高校(現在立教新座)に一般受験で合格したほどの選手なのですが、その片鱗を感じることができるような字です。高校受験時の学力でいえば西武佐藤友(慶応高校)、ロッテ早川大輔(県立船橋高校)、横浜松家卓弘(高松高校)とともにトップクラスなんだなというのは感じられます。

そのまま立教大学に進学したのですが、実は高校の同期で奇跡的に立教大学野球部に入った人と縁があるわけで勝手にシンパシーを感じている選手です。(早川はどうなんだろう?)その彼は今年からブログを始めたのですが野球選手の中で一番論理的にきちんとした文章で書かれているのは感じます。入団のいきさつとかあの盗塁のシーンとかをきちんと心理描写から書かれていて思わず見入ってしまいます。出版化されたら買って読む価値はあると思います。



当時オリックスにいた谷佳知選手です。入団発表の時から「三菱自動車のCMに出たい。キャッチフレーズは『よし、ともに行こう』」などとあいさつしていたように案外目立ちたがりメンタリティがあるのは感じていたのですが、嫁さん選びとか巨人に入ってからの働きぶりなどでさもありなんという感じがします。この字体を見る限りは嫁さんともども「ゴーイングマイウェイ」な人なんだなというのは感じます。ルックスからしてもっと地味な字だという感じがしましたが、全然違いましたね~。



この写真に関しては清原にツッコミを入れようと思ったら清原の左上にも最近突っ込みどころ満載なことをした人がいたので改めて別に作ることにします。

敗北を感じる瞬間ランキング

今回のgooランキングでこんなネタが取り上げられていました。

順位を見てみるとなるほどなと感じるものでした。

一人鍋 ちりとり鍋編

ようやく白菜も片付いたので、冷蔵庫にたまった豚白もつを片付けるために「もつ鍋」以外のものはないか?と思っていろいろとネット検索をしていたら出てきました。タイトルにもあるちりとり鍋です。大阪発祥の鍋でして「ホルモン」をベースにしていることから、豚白もつでもOKだろうという部分はありました。それに東京でもドロンズの大島が店を出すなど流行の兆しはあります。

今回用意した材料と作り方は以下の通り。こちらのサイトを参考にしました。

一人鍋 豆乳鍋編

白菜1玉購入するもやばい兆候が見え始めたのでとっととなくすということを目的として連日一人鍋が作動しています。というわけで今回は白菜を使ってかつ今までやったことがない鍋をということで豆乳鍋を。これまたここ1,2年ブームなのでやってみました。

です。今回用意した材料と作り方は以下の通り。こちらを参考にしました。

年末年始

明日12/1から青春18きっぷが発売になります。今年の休みは12/23-1/8です。長いです、はい。さらには12/28が日曜日ということでして1/4が日曜日ですから、久しぶりにクラス会とかを主催しやすい日程かも。まだ何にも考えていないんですけど。mixiで中学校の同期からメッセージが来たりしているのでちょっとこんなことを考えたくなりました。

とはいってもこれは相手がいてナンボのことでありまして、相手の都合調整等あるので面倒です。とりあえずは自分ひとりでできることをということで青春18きっぷを利用して年末年始にどちらかのプランで旅に出ようかなと思います。

プラン1 2泊3日北関東・仙台・盛岡の旅

要は平泉に行ってみようかなというのと盛岡の麺料理を食べてみようかなというプランです。実家に行って戻るがあるので上限3日です。もっともいろいろと余裕があれば青春18きっぷとは別に東日本・北海道フリーきっぷ5日連続10000円でもいいんですけど。その際には青森と函館も絡められたら絡めたいなと。問題は寒いということです。これにつきます。

プラン2 3泊4日岡山・米子・出雲の旅

4日目にそのまま実家に戻ってしまおうパターンです。岡山と米子にある二郎系ラーメンを食べつつ、「後楽園」「出雲大社」「稲葉化粧品店」あたりに行けたらなというプランです。今年が出雲大社はそれなりに記念する年なので年内にいければという感じはします。もちろん米子出雲が尾道広島にしてしまおうという可能性も当然ながらあります。どちらかというとこっちの方向で現在考えています。お勧めスポットなどありましたらよろしくお願いします。

いずれにしてもこの辺は22日までに部屋のゴミを捨てつつ考えていこうかなと思います。こうやってお出かけ記録を作る中でいろんな場所に出かけたもんだなというのを改めて感じています。いい印象が残っている場所は

1位 富山
→観光したわけじゃないけどバリアフリーが徹底されていて、キャリーバックを運ぶ際に段差を感じなかった。もっとも富山駅周辺だけかもしれないですけど。これには感動しました。

2位 仙台のページェント
→量で圧倒する凄みを見せられました。

3位 土合駅
→とにかく圧倒されました。

4位 北海道大学
→学内でジンギスカンをしまくっているところに持ってかれました。

5位 福岡の食べ物
→豚骨ラーメンにしてももつ鍋にしてもものすごくおいしかったです。コンパクトな街だったのも自分には印象よかったです。

といったところでしょうか?ほかの地方の人が名古屋に行った際にはまずそう思ってくれないだろうなというところが非常につらいところです。
Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる