FC2ブログ

友達はいますか?

いま3時16分なんですけど眠れません。やばいです。そんなことをしていると起きて昼になっても眠いんだよなぁ…。若干の眠気はあるので一番頭を使わないですむ迷惑メールネタからいくつか。

スポンサーサイト



今年のPOGの振り返りと来年に向けての戦略

今回に関しては100%自己完結ネタですので…。

続きを読む

スーパー銭湯をこよなく愛してますが

自分は本当にスーパー銭湯が大好きです。家のユニットバスがあまりに小さくてなにか味気ないので最近はもっぱら近所の銭湯かちょっと出かけた際にはスーパー銭湯にします。ただこれをすると毎日行くわけにもいかないので、体にできてしまったものが

あせも

でありまして、内科医から「皮膚科に行け」といわれていったところやっぱりあせもでした。とりあえずダニとかそういうものではなくてよかったですが、もらった薬が「抗真菌剤」でありまして、薬局でもらった効能書きを見ると

水虫に効く

とありました。ものすごくへこみましたが、このクリームを塗ると効くわ効くわ。「腹が出てる」「ギャランドゥがある」以外の理由でも上半身は脱げないくらいの状況だったのがきれいになくなっていきました。今の次なる問題は「背中の扱い」です。これも塗るようになってすっきりとしました。年を取るということはどういうことなのか?と考えると、

病院という言葉が自然に出るようになる

ということなのかなと。主治医という言葉にリアリティを感じるようになるというか…。でも医者はすごいですよ。警察は嫌いですけど医者は好きです。自分がきちんと症状を説明すれば診察の内容はほぼ間違いないですから。唯一ビミョーだったのが尿管結石のときでしたが、自分としては「腹が痛い」という感覚しかなかったのです。背中には痛みを全く感じませんでして「きつい腹痛」くらいに感じました。なのでそう伝えるとレントゲンを撮ったところ「結構便がたまっている」状態でしてそれとみられました。そのあとはしばらく落ち着いたのですが二週間後の朝4時半位に痛みが来て「これは9時まで待てない」というので緊急的にどこかにいったら「尿管結石」と診断され数日間入院しました。それで飲み食いできずにいたら5キロくらいダイエットできてました。もっともすぐに戻りましたが…。あの石が出た瞬間は本当に気持ちがよかったですね~。

というわけでスーパー銭湯なのですが、最近は結構厄介なところも増えています。それは、

若いオンナノコがサウナのマット交換や更衣室や浴室の掃除をする

というところです。これは本当にこっちが困るんです。全裸という緊張感のかけらゼロの場所において若いオンナノコにいられると困るんです。単純に落ち着かないというか。これが「花沢さんみたいなおばちゃん」だったらいいんですけど、そうじゃないと困るんです。特に自分は浴室に入るとメガネを取るので向こうがあまり見えないという部分がなおさら落ち着かないです。

というわけであんまり若いオンナノコをそういう担当にしてくれないほうがこっちとしては楽しく湯船に浸かれるかなと。こないだ船橋法典のスーパー銭湯「楽天地天然温泉 法典の湯」にいったらむちゃくちゃよかったです。中山競馬の帰りはここに行くのが無条件に決定しました。

東京優駿予想

こいつの逆をいけば当たり馬券に当たると思われているくらいのこのコーナー。まずは

6/1の東京優駿は東京競馬場の10Rです

ということです。いつもの感覚で「メーンレースだから11R」という塗り方をする人が一定割合います。最近はそれをついて「11Rで人気サイドで勝負」という買い方をする人もいるみたいです。塗り間違いに関しては自分にも痛い思い出がありましてキンカメ流しで5番のハーツクライと6番のアドマイヤビッグの両方に流していたつもりが、

5番を6番と塗っていた

わけでして、しかも人のいるところで買ったわけじゃないから「同じ買い目が2つありますがどうでしょう?」と聞いてくれなかったわけでして、キンカメからアドマイヤビッグへ流した馬券が二個になりまして、馬券はみごとにキンカメ-ハーツクライで決まりましてしぬほど脱力しました。

というわけでそれ以来塗るのには注意していますし、皆さんも気を付けてください。

それでダービーですが、オッズを見る限りではどう見ても

サクセスブロッケンが3番人気という状況はいいのか?

というのは感じます。人気しないのなら面白い馬なのですが、3番人気という基準で考えると「これは元返し位にしておいて別の馬で勝負」というのをまずは感じるところです。というわけで自分が付けるしるしはこんな感じにしたいなと。

◎1ディープスカイ(四位)
→NHKマイルの勝ち方は800m伸びたところで変わらないのでは?

○8アドマイヤコマンド(川田)
→馬自体は強い。川田がアドマイヤコマンドに乗っているのも今週起きた出来事からのサイン?というか弔い合戦というのもあるのでは?

▲4タケミカヅチ(柴田善)
→たぶん人気よりは上に来る。

△18クリスタルウイング(内田)
→青葉賞の内容からすると人気がないし割としてはよさそう。

無2サクセスブロッケン、3ブラックシェル、9マイネルチャールズ
→2については単純に割が悪いという部分、3については上がり目を感じないという部分、9については母系が中山と福島しか成績を残していないという部分で無印にします。

というわけでレインボーペガサスとの5頭で馬連ボックスと三連複ボックスを100円ずつ買ってみるのが一番合理的かな?という気はします。ただメイショウクオリアは産駒の府中実績がいいのでビミョーです。

中央線

5/27から6/2の間に東京の中央線の1編成がわが母校の広告で埋まるものになるという話を聞いて、30日の昼ごろに乗ってみました。結果からいえば

遭遇できませんでした

ひとりで何時間も張るのはきついので「武蔵小金井駅にあるラーメン屋に行く」という目的とセットにしたのですが、途中各駅に下車したり、さらには戻ったりもしたのですが10本くらい乗った中では遭遇できませんでした。やっぱり1編成というのは相当ハードルが高いようです。やっている最中に気付いたのは、

これらのすべての電車は東京駅を出るor東京駅に着く

ということでして、東京駅の中央線ホームにひたすら張り付いていれば遭遇できる可能性は高まるのかなと…。確かに自分の母校って実は結構無名なんです。だからこそがんばって営業を今回かけたようです。ただ自分の母校のメリットは何かといえば、

名古屋社会で生きていくにはきわめてありがたい

ところです。進学先を選ぶにおいてはいろんな基準があると思います。その中で「とにかく勉強を頑張って知識を得たい」という人に関しては

東京大学or京都大学or一橋大学or東京工業大学or国公立医学部を目指しましょう

になります。目指した結果若干足りなくてもそれはそれで個々人の問題ですから。ただ大学生活において「オンナノコからもてたい」というのを考えた場合にはMARCHもしくは関関同立といったところがボーダーラインだった場合には、思い切って東京と大阪以外の場所を選んでみるというのもありだと思うわけです。思い切り田中康夫の理論ですが、これは結構乗れますね。親元を離れて暮らすことそのものはそれなりに面白いですから、やっぱり。

それで自分も心のどこかに「オンナノコからもてたい」というのもあって「浪人した際にあのとき指定校でどこかに行っていれば」というのを避けるために選んだわけですが、同級生には正直恵まれなかったですね。「会話の中から知的好奇心を刺激される人がほとんどいなかった」という部分で。いたとしても1年で仮面浪人で一橋とかに行っちゃいましたし。そいつは人生プランを考えれば大成功でしょう、間違いなく。

ただ先生には結構恵まれた感じはあります。1年生の時に「自分の優位性を主張するのに他人を否定する必要はありません」というフレーズを書いていた人の言葉は今も強く残っていますし、校訓の言葉である「人間の尊厳のために」というのも共感できる部分はあります。3年からのゼミの先生も本当にいい人でした。今でもある意味で自分が目指す形です。あとは先の「会話の中から知的好奇心を刺激される人がほとんどいなかった」という部分を裏返した場合に、

いい意味で他人に対して期待しすぎない

というのも得られました。これはむちゃくちゃ仕事において役立ってますね~。高校時代の友人の多くにはついついA→Cという会話をしてしまっても普通に切り返してくれますが、世の中そうではないというのに気付かせてくれました。この時間がなかったら今以上に他人に厳しい人間になっていたんだろうなぁという気はします。他にはバイトを通じて「本当に世の中にはいろんな人がいる」というのを学ぶことができました。誰に読んでほしいというのはないんですけど、これについては自分自身がただ書きたかっただけです。なんだかんだいっても自分の人格形成には影響を与えたところなのでOB会費とかはちゃんと払おうかなぁ…。

リア充とは?

ちょっと前に学生さんと飲んでいた際に出た言葉でありました。「何ぞや?」と思っていると、

リアルに充実している

という意味の言葉だそうです。ちなみに反対語は「非リア充」とのことです。「へぇ、そうなんだ~」とおじさん感心しているところで、これらの境目ってなんでしょう?というのでいろいろと考えてみました。その時には「これ」というのを返すのができなかったのですが、しばらく考えてみたところ「学生なら」これでOKだろうという気はしています。

自分のアリバイをどれだけ証明してもらえるか?

要はこれは簡単にいえば「どれだけ人と絡んでいるか?」という指標になるわけです。実は自分も仕事がらあんまり人と絡むことがなくて結構アリバイ証明してもらえないんです。なので財布に無駄にレシートを入れているのですが、やっぱり証明してもらえないのは不安です。証明する手段が通話通信記録くらいしかないのもやばいですし、最近はそれだと個人情報保護法の絡みがあるのも事実。いったいどんな形でアリバイを証明してもらおう?

ちなみにほかに考えたのは「どれだけ光を浴びているか」「どれだけ家にいるか」ですが、もしかしたら主体的にインドアな人がいるかもしれないので必ずしも当てはまらないんですよね~。テレビ好き関東在住限定だと「杉崎美香のお休みの方に該当する」というのもあるかもしれません。また「仕入れる情報の大部分は2chからだ」というのも該当するかもしれません。これがエスカレートして

5行以上の文章はタテを読んでしまう

まで行くともうダメですね~。他には「携帯のメモリで現在稼働しているのはほとんどない」「携帯の古いメモリを消す必要がない」というのも該当するかもしれないです。

というわけで基本軸としては「人との絡み」になるのでしょうが、例外的に「一人旅を生業としている」とか「冒険家だ」とかだと人との絡みはないけど充実しているというケースもありうるというのを考えると

疲れたorむかつくといったネガティヴな言葉を発する(書く)頻度

というのもあるかもしれないなぁ。それにしたって「人にけちをつけているときが一番充実している日刊ゲンダイ」みたいなパターンもあります。そんなわけですべての人に合致するような定義ってなかなか難しいものだなと書きながら思っています。もしこういう話題になったらこれらの内容があっているかどうか話してみよう。

コートネーム

こないだまで女子バレーのオリンピック最終予選がやっていたのでたまに見てました。これを見ている中で自分の中で新たな事実に気づくこととなりました。

広い肩幅(いかり肩系)って結構好きなんだなと

いうことに。兼ねてから「鎖骨」「指先」「切れ長の目」「通った鼻筋」「小さい口」はあったのですが、それに一つ加わった感じです。ある種マニアな嗜好だなぁとも思うのですが、「切れ長の目」は方向性として一重でも全然問題ないわけでしていろんな意味で希望を与えているのかもと思っています。先方が求めているかどうかは別にして…。わかる人には3秒で通じるのですが、わからない人には何時間かかっても伝わらないのかもしれないです。

というわけでして女子スポーツを見るのは好きなのですが、どうしても気になるものは

背中に書かれていた名前

こういう本名しか認められない(はず)のオリンピックの予選のような真面目な試合でニックネームに近いものを書くのは不真面目なのではないのか?と感じます。少なくとも登録名を表記するのが筋だろうと。去年の野球のオリンピック予選はロッテのサブローが本名の「大村三郎」に基づき「大村」で出場して背中もそれでした。もしGG佐藤が選ばれたとしてもちゃんと「佐藤隆彦」として出場するはずです。

というわけで「SAORI」とか「ERICA」とか見ると

何か軽い感

があります。この二人は本名ベースだからいいにしろ高橋みゆきの「SHIN」に至っては意味不明です。これは何だろう?と思って調べるとどうもこういうのがあるようです。

オンナノコのバレーボールとバスケットボールにはコートネームなるものをつける

さらに調べると昭和40年代に監督が選手を区別する便宜上のものとして始まったようです。男性監督とオンナノコの選手というのは距離感が大きくなるのですが、それを縮めるという意味でも必要だったようです。そしてそれが習慣として続いているようです。確かにオンナノコの下の名前のバージョンは野郎と比較するとどうしても少ないから「名字は距離感が縮まらない」「下の名前では区別がつかない」という意味では第3の名前があるというのは合理的なのかもしれないですけど、率直な印象としては「何かキモい」と感じてしまいます。ちなみに先に書いた「SHIN」の由来は

心技体の心からとっていて、試合中あまりにも感情の浮き沈みが激しいので、もっと心を鍛えるようにとチームメイトが命名してくれたそうです。


という自分だったら間違いなく「大きなお世話だからやめてください」と返したくなるものです。でも特にバレーやバスケは瞬時のスポーツだから呼び名は固定されていないと対応できないから最初の段階にコートネームをつけるのはやっぱりやむを得ないのかなと…。100歩譲って仲間内でやっている分には別にかまわないのですが、それを見る側にまで強要するのはどうなのかというのは感じてしまいます。内輪の事情にまで付き合いたくないというか。というわけで何か引っかかりを感じながら中継を見てました。無事にオリンピック出場を果たしたようなのでがんばってほしいなとは思います。

とりあえず体育会系のオンナノコは電車でスウェットとかジャージとかはやめてくれるとうれしいです。特にスウェットは体育会系の人じゃなくても何か「雑」みたいなものを感じてしまうんです。あくまで個人的な印象ですが。

もったいないなぁ…

26日の昼に上野毛の二郎で行列しつつ、暇つぶしに携帯で2chの芸スポ速報+を見ていたらびっくりする文字が。

川田亜子さん練炭自殺か?

確かにここ数日、彼女のブログの内容がネットで話題でした。「この人相当精神的にきていてかなりやばい状態」というのはささやかれていました。自分もこうやって1日1ネタという形で力技みたいな感じで載せていると「結構いま精神的に病んでいるでしょ?」と突っ込まれることはあります。というかブログ移行前ネタでそれを感じられる期間はあるんです。なのである程度定期的に更新しているブロガはおのずと精神状態がわかってしまうのかと。というわけでこのニュースを見た時にまず最初に感じたのは、

事務所は何をしていたの?

ということです。ある意味で「自分たちの最大の商品」であることを考えると、精神面のケアは「イロハのイ」といってもいいでしょう。少なくとも彼女のブログを見ていろいろと注意を払う必要があったように思います。ましては心理学とかやっていない素人、さらには物事を悪意にしかとらえない日刊ゲンダイでさえ「彼女に何かある、大丈夫?」という風に見ていたくらいですから。なのに事務所の対応といえば、

5月上旬頃から様子がおかしいと感じ、本人に直接確認したところ大丈夫だと言っていました。
体調が悪い様子ではありましたが、心配しつつも仕事をしっかりとしていたので安心していました。
今回の件につながる理由は皆目見当もつきません。
所属事務所としては、本当に驚いているとしか言えません。


なんですか、これは?プロ意識のかけらも感じられないコメントで苛立ちます。そもそもこういう局面において

大丈夫ではありません

と言える人はいるわけないし(歩合制だったらなおさら)、自分もへこんでいるときもそうでしたが「仕事をちゃんとしないと何言われるかわからない」ということで、表情はともかくとして内容としては必要以上に肩肘張っていた部分はあります。自分と比較してはいけないですが、彼女もそうだったんだろうと。「心配しつつも大丈夫に見える」という局面こそ何かプッツンきたらそれこそ一番アウトという状態であろうことは普通に考えていればわかるはずです。むしろ「大丈夫じゃない」と言えたり、誰かに「今へこんでいるんだよね」と言いながら発散できる人だったら大丈夫なのですが、そういうことはなかったと考えるとやっぱり事務所の怠慢と少なくとも自分は判断します。やっぱりこういう場合には芸能人の例のいいわけである「盲腸」もしくはオンナノコには使える「膀胱炎」を使ってでも休ませるのが合理的じゃないかと思うわけです。特にテレビ番組の中でも、

本当は弱い人

みたいなことはホストや細木数子からも指摘されていた部分であり、過剰なくらいのケアをしていく必要があった人ではないかと。若くてそれなりにルックスも整っている人なのに、こんな形で死んでしまうのって単純にもったいないよなぁって他人事ながら思ってしまいます。そして心よりご冥福を申し上げるとともに、今後どんな形で報道されるかも注目していきます。大きな力にはやっぱり勝てないのか?という部分で。

優駿牝馬予想

もはや東原亜希とか吉岡美穂レベルに当たらないこのコーナー。逆にある意味で存在意義があるんじゃないかと勝手に思うくらいです。いつもおしく外れるレースですので今年こそはなんとか当てたいです。今まで的中ゼロのGIレースの一つなので何とかしたいです。(他には高松宮記念、ヴィクトリアマイル、スプリンターズステークス、天皇賞秋、朝日杯FS)

とりあえず芝は重ということで「ダート適性のある馬」「体重のある馬」「重馬場適性のある馬」への評価を上げる必要はありそうです。

個人的には3-14のワイドを500円くらい買っておきたいですね。アロマキャンドルは今話題の河野厩舎所属ですし。また願望としては、

オディール勝利

なのですが、オークスになってより良くなりそうという気配がないのがきっついところです。ただ父のクロフネのダート適性がプラスに出ればとは思っています。隔走ホースなのでこれまたプラスに出てこればとは思っています。あとは武豊が乗り捨てたという部分もプラスに出てくれればとは思います。

◎12ソーマジック(後藤)
→馬券対象にならない理由が一番思い浮かばないから

○4レッドアゲート(内田博)
→前走の内容は魅力的。

▲18リトルアマポーラ(武幸)
→クイーンカップとオークスとの相性の良さに注目

△7ブラックエンブレム(松岡)
→フラワーカップの再現があれば。

穴5ムードインディゴ(福永)
→オークスの福永はとりあえず押さえておこう

穴13スペルバインド(勝浦)
→馬ごみに入らなければ怖い馬(鞍上が馬ごみに弱いので)

無15トールポピー(池添)
→兄貴の去年でのダービーのやらかし具合がどうにもひっかかる

無10レジネッタ(小牧太)
→桜花賞は展開に恵まれた

というわけで結構人気サイドのしるしが重いので今回も三連複で。

1-4-12 331.5 3-4-12 93.7 4-5-12 68.7 4-7-12 58.6 4-12-13 117.2 4-12-14 152.5 4-12-17 214.4 4-12-18 17.7

一番最後の人気っぷりはさすがに元返しくらいにするのがよさげです。

再び西武ドームに行ってきました

西武のファンクラブに入った特権についてくる「2試合無料招待」を使ってきました。22日のヤクルト戦か23日の巨人戦で迷ったのですが、22日の先発予想を見たら

西武涌井・ヤクルト村中

だったのでこっちに。仕事帰りに行けるというのも魅力でした。ただ自分に道連れがいなかったので大成と大塚による野球教室に参加できなかったのは残念ですね~。次回木曜日に行く際には道連れがいれくれるといいです。この日は昼に「いなげや」で500缶チューハイ2本を買ってから球場へ。1本125円なんですよねぇ。ジャスコ系列のスーパーでPBとして売っている商品です。近くにないんですよね。それが悔しいくらいの値段です。今回のミッションとしては

とにかく新しいデジカメがどこまで使えるのかを確認する

でした。今度の7/3に札幌ドームに行くのですが、このときの最大のミッションは

稲葉ジャンプの動画をおさめる

でして、電池の消費や距離感を確かめたいというのがありました。やっぱり札幌ドームと言えば稲葉ジャンプですからね。ただいい場面に回ってこないと発生しないですからみられない可能性もあります。そうだとがっかりだなぁ。稀哲・賢介はちゃんと稲葉にチャンスを作るようにしてください。ちなみに先発がこの人だといいなぁランクを付けると

1位多田野数人 2位ダルビッシュ 3位ダース

昼に立川の二郎で食べたのですがあんまり満腹感はなくていそべもち300円と豚串500円を購入。

 

見ていて不愉快だったのはこういう客。一塁側のスタンドで見ていたんですけど、



これを着ているんだったら三塁側に行くべきじゃないのでしょうか?深読みして「彼に対する扱いが許せないから現在の陣容は好きになれない」ということなのかもしれませんが。少なくとも相手チームのベンチ近くではこういうのは遠慮するのが礼儀なんじゃないかと思うのですがどうでしょう?同様にビジターの阪神戦で1塁側ベンチ上で堂々と応援する阪神ファンも許せないです。

ちょうどこの時期はヤクルトは「アトムズ」時代のユニを着ていたこともあり、アトムのキャラを使ってました。西武のレオもちょうど手塚キャラということで試合前に共演してました。ちょうどデジカメの性能の確認のために撮影してみました。



正直なところビミョーな感じです。バックスクリーンに映ったものはどうだったかというとこちら。



自分の感じとしては「遠距離の個別対象」を写すのは一眼レフとかを使わないともう無理なのかな?というものでした。限界は競馬のパドックかなぁ?と思います。それよりも遠いものをしっかりと写そうとすると厳しいのかなと。野球選手の場合は背番号やユニフォームの字まではちゃんと識別できるけど顔がぼやっとするというくらいの距離感でしょうか?

試合については、

続きを読む

Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる