FC2ブログ

一人鍋キムチ鍋編

前日のモツ鍋に続いてこの日はキムチ鍋。やっぱりオリンピックアジア予選があるというのはいいですね。鍋にもってこいです。一人でやるには何かにぎやかな感じがほしいのですが、スポーツ中継はもってこいです。ただあの応援歌のトランペットの曲はまじで脱力するので止めてほしいです。各球団の応援団から楽譜を集めて個別の応援歌をやるとかしてほしいです。とりあえず用意した材料は

・桃屋キムチの素218円
・豚バラ肉300g300円(これが安売りだったからこそこのメニュー)
・白菜4分の1 104円
・えのき茸 104円
・豆腐 104円
・にら1束 64円

これも1000円は切りましたが、ラーメンを食べるのとあまり変わらないかも・・・。とりあえずの簡単な作り方は

1.桃屋キムチの素90gに水1リットルを入れて煮立つのを待つ(後で注意事項有り)
自分はにんにくとごま油も加えましたが、その辺は好みで。
2.野菜や肉を切る
3.煮立ったら肉と野菜をつっこんで煮立つのを待つ



鍋にはこれの半分くらいしか入らなかったのですが、煮立ったらこうなりました。ぶっちゃけこれで問題なく食べられるのですが、食べた感想としては、

桃屋キムチの素90gに水1リットルの比率だと野菜からの水分もあってかなり薄い感じがする

のが正直なところです。キムチ鍋だったら1瓶まるまる使ってもいいくらいじゃないかなぁというくらいの味でした。そうでなければ唐辛子等々辛味成分を入れたほうがいいですね。それ以外の部分では肉が煮すぎでいまいちだったのが反省材料。「肉を汁の中に入れてその上に野菜を蓋にして煮立つのを待つ」というのをしたんだけど、それだと煮過ぎなんでしょうね。むしろ白菜の芯やえのきを汁の中に入れて肉はその上でも良かったかなという感じです。結局2回作り直したという感じですね。野菜を食べるが主目的ですから、これくらいは食べないとだめでしょう。

締めはおじやにして食べたのですが、もうちょっと塩っけがあってもよかったかなぁ?という感想でした。食べきれなくて残ったので翌朝にでも食べよう。その際にはキムチ味を加えることにするかな。にらは前日に購入したのが2束128円だったので援用しただけなのですが、これはヒットでした。キムチ鍋にはにらお勧めです。

これからもこの鍋をつかって何かしよう。とりあえずは何らかの意図の下(これについては後でネタにします)、1回は湯豆腐をやりたいなと思います。つけてみそかけてみそを実家に置いてきてしまったのが辛いです。テレビ番組でネタにされていたしこっちで入手するのは困難だよなぁ・・・。仕方ないから田楽味噌で代替するかな。あとはミツカンの味ポンと半々でという感じです。貧乏味覚なので味ポンが一番好きだったりします。一言言えば

刺身には愛知県民も醤油です!

愛知県民は何にでも「つけてみそかけてみそをかける」なんて言っていましたが、刺身にはかけないですって。テレビの影響力は大きいんですから、こういう誤った認識を広めないでほしいものです。
スポンサーサイト



いろいろと熱い

12/2の朝に重大なチョンボをおかしました。ものすごく反省です。それは

いつ見ても波乱万丈のゲストが松岡修造だったのに気づいたのが10時半過ぎだった

ということです。誰かビデオに撮っている人がいたら貸してください。本当に見たいので。それも可能な限り合法的な手段で。もう松岡修造の言動の一つ一つが笑えて仕方ないんですね。本人は笑いを一切志向していないとは思いますが、他人事としてみているとこんな逸材そうそういないです。それなのに、それなのに見逃してしまいました。暑苦しいエピソードとか見たかったなぁ・・・。

暑苦しいといえばクリスマスや年末年始に向けて迷惑メールもどんどんエスカレートしてきてます。そのエスカレート振りをちょっと紹介。

1.差出人 seiko 件名「怒らないで聞いて!!」
--

一人鍋モツ鍋編

こないだ実家に帰った際に親と話したのが、「あんたは部屋で鍋とかしないの?」というものでした。今までは「一人の部屋で鍋をするのはわびしいのではないのか?」というのを感じて実行する気力がなかったのですが、置かれている状況を考えると、

・夜寒いからあまり外出したくないよね?温まりたいよね?
・野菜を日ごろ食べないからしっかり食べられるいい機会だよね?
・飲み屋やラーメン屋で外食するよりも安くあがるかもね?

ということから「部屋で鍋をやってみよう」というのを考えたって早速実行。基本的に形から入る自分としては早速ドンキホーテで電気鍋を1980円で購入。カセットコンロはかさばるし、何かとリスクも大きいので電気鍋にするのは決めていたのですが、あまりに値段が安かったのでこれに。やる気になったときに「ないことでやる気をなくした」という状況がものすごく嫌なので、最初にある程度形から入るようにしています。時には無駄に終わるリスクもありますが、こればっかりは性分なので・・・。

早速の1回目はモツ鍋です。単純に「モツって安くない?」「モツ鍋って具が少なくない?」という二つの理由からです。材料にかかったコストは

・白モツ300g324円
・キャベツ半分108円
・にら1束64円
・輪切り唐辛子1袋128円→使用量は30円分くらい
・乾燥にんにく1袋78円→使用量は30円分くらい
・生ラーメン120g88円

と非常に割安です。作り方については本屋に置いてあった眞鍋かをりが表紙のモツ鍋本を立ち読みして記憶しました。なおベースのだしについては今回は部屋においてあったこれを。



実家ではもっぱらこれベースですね。お雑煮もこれで作りますから。面倒だから昆布だしとかは一切カット。とりあえずの作り方は、

1.モツを下ゆでする(2-3分くらい)
2.キャベツとにらをカットする
3.鍋に水とだしを入れて1回煮立たせる
4.刻みにんにくや輪切り唐辛子や調味料を入れて味付け
5.再び煮立ったらモツを入れる
6.モツを入れて煮立ったらキャベツを蓋をするように入れる
7.再び煮立ったらにらを入れて蓋をして煮立つのを待つ

この状態になるまでモツの下ゆで開始から45分くらいかかりました。このおあずけ感が自分は嫌いなのですが、大好きな人もいるんでしょうね。一人暮らしの自宅鍋の最大の難敵はこのおあずけ感です。



キャベツの甘味とにらの香りとにんにくの香りと輪切り唐辛子の刺激とモツのコリコリ感が一体となってうますぎです。ただだしは醤油と具材からしか取らなかったこともあり、スープの味が単調すぎたので市販の鍋用のスープを使ってみてもいいかなというのが印象でした。あるいは味噌ベースにしてみるという手もあるかもです。実際には野菜は最初は半分くらいしか入らなかったのですが、夢中になって食べてしまい途中で残り半分も入れました。そして締めはラーメン。知人に博多のモツ鍋屋に連れて行ってもらった際に「ちゃんぽん麺」がすごくうまかったのでやりたかったのですが、1袋200円と高めだったので我慢。



やっぱり締めの麺は単純にうまいですね。煮立つまで待つというのがネックですが、それ以外の準備は具が少ないこともあって比較的楽ですし、片付けも楽ですし、モツ自体の値段も安いのでこれからもこのモツ鍋は積極的にやるメニューになりそうです。スープは何ベースがいいのか?を試しながらという感じでしょうか?

明日は豚バラ肉が安売りだったので、キムチチゲをやろうかと思います。野菜は何を使おうかな?白菜は確定として他はどうしようかな?具が多いと金がかかるからなぁ・・・。

自由になりたくないかい~♪

29日は高校時代の同級生の野郎と中華街まで飯を。ちょうど名古屋在住の友人が横浜で仕事ということで、「スポンサーシップにもっこり」というわけでおごってもらうために所沢での仕事の後に出陣。写真を1枚だけ撮ったんだけどimodeがつながらないので写真は送れなかったので、食べ物の写真はありません。とりあえず夜11時45分に近所のマクドナルドに入り、Yahoo無線でつないでいるという状況です。久々にカブキロックスのお江戸を聴きました。懐かしいです。80年代終わりから90年代初頭というカラオケ全盛期の歌ばかりだから懐かしくて涙出てきます。とりあえず現時点では、

食いすぎて胃がパンパン

という状況です。まじやばいです。食ったものは「肉まん3個」(うち2個は一口サイズだが)「トウロンポウ2個」「餃子2個」「野菜の皿」「おこげの皿」「春巻2個」ですからそりゃあ食いすぎです。もちろん同行者も同じだけ食べています。その中で出た話で面白かったものを。というか

のろけ話の中から一つ

なんというか他人ののろけ話を聞くというのはわけもなく殺意が芽生えますね。「売れている奴みんな不幸になれ」というたむらけんじ(東京仕様)モード入ります。自分になんら見返りがないのに他人の幸せ話を聞いていたら自分もうれしい気分♪なんてなるはずもありません。そりゃあ12歳も年下で体重が自分の半分以下となりゃ、そりゃあのろけるわなぁ・・・。自分が同じ状況に置かれたら間違いなくそうするな。絶対に友人には誰も会わさないわ。

その中で話題に出たのがメールのやりとり。確かにテレビでの調査でこんな話しは聞いていました。滝川ルネッサンスの流れでワイドショーネタになったときに。滝川ルネッサンスは今年一番胸糞が悪いと思った事件ですね。主犯と学校関係者が今ものうのうとシャバにいるのがまじで許せないです。兵庫県警は小学2年生のオンナノコが殺された事件とともになめられるって。もっとがんばってくれないとだめです。それで話は飛びましたが、その滝川ルネッサンスではメールが使われたということで高校生の中ではメールに関してどんな暗黙のルールがあるのか?というのを見ていたら

・返事は5分以内
・必ず絵文字は使え
・文字で事務的な対応は厳禁(例として「うん」の2文字だけ返すとか)

というもので、これを見た瞬間に、

こんなやり取りは絶対に無理

と感じましたね。いろんな人から「メール返さない」「メールは最低限の用件しかない」「感情が一切伝わってこない」といわれているくらいで、感情を伝える手段としては一切使っていないのですが、そんな自分がこのネットワークに入ったらメール1通のやりとりだけで村八分確定です。当時はそんなことを感じていたら、

まさに友人の相手がそんなタイプでした

最初は嫌だったらしいんだけど、そのうち慣れてきたとのこと。だから「お前も絶対慣れるって」なんてのろけをかぶせてきて殺意を抱いたんだけど、やっぱり自分には無理だなぁ。単純に携帯の文章を打つのに時間がかかるから嫌だというのがあるんですけど、絵文字なんて「背中がこそばゆくなる」くらいですし、5分以内に返せという部分に関しては「自分にだっていろいろ都合があるんだよ!」「一人でいたい時だってあるんだよ!」という感じになってキレること確定です。かねてから公言しているようにこういう状況になったとして「ラーメン二郎をやめてといわれたらやめる準備はある」わけですが、メールに関してはやっぱり無理だなぁ・・・。そういう状況になったら変わるかもしれないけど、どうなんだろう?

この話をしているときに頭をよぎったのが尾崎豊のScrambling Rock'n Rollの中のフレーズ「自由になりたくないかい~♪」ですね。こういう状況のときって不自由であることがある種の幸せなのですが、思わずそのツッコミ入れましたね。今もし生きていれば41歳、どんなキャラになっているんだろう?と想像もしますが、「ウザいオヤジ」で片付けられているのかもしれないなというのもあります。

老人性・・・

28日の午前中に皮膚科に行ってきました。近くの病院に行ったら行くように言われたので。発生した症状としては、

18日に京都を歩いていたら右太ももの付け根がやたらと痛くてトイレの個室に入ってその部分を見ると直径1センチ弱のできものみたいなものがあった


というものでした。これって実は「日刊ゲンダイで記事で読んだ脱腸の症状」とほぼかぶっていました。違った部分としては日刊ゲンダイのほうは直径2センチくらいだったということです。なのでもしかしてこれ?みたいな感じであせった自分はちょうどネットカフェにいたこともあり「脱腸」を検索してしまいました。確かに症状はかぶっている部分もあります。ありえない話ではありません。不安になって医者をしている友人にメールしちゃったくらいです。というのは、

自分実は人生において手術の経験がないんです

というわけではじめての○○の○○に当てはまる文字は「手術」でした。ただサイズとしては小さいし、さほど実害もないので実害が出るまでほっておこうということでほっておきました。そして薬をもらいに病院に行った際に聞いてみたら皮膚科に行けということで行ってみました。この皮膚科、火曜日と木曜日が休みというなかなかふざけているところでいくタイミングがあまりないです。というわけで28日の水曜日に行ってみてみてもらったところ、ある意味でへこむ言葉でした。

老人性のイボですね

老人性って何ですか?確かに間違いなく人生折り返し地点は過ぎているとはいえ「老人性」という言葉はものすごくダメージがでかいです。自分としては実年齢よりは精神年齢のほうがずっと若いのでまだまだ若いつもりでいたのですが、もう「老人性」です。何かものすごく打ちのめされた感じです。原因は「皮膚の老化」ということでショックがでかいです。もっとも食生活やハウスダストではないというのはほっと一息ですが。

軽く痛むのでとりあえず除去してもらおうということで凍結療法をしてもらったのですが、それがものすごく痛いです。確かに「チリチリしますよ」とは言われたのですが、痛かったですね~。ここの医者がいまいち喋りがもごもごしているので聞きづらかったのも苛立ち倍増でした。1-2週間で取れるとのことですが、昨日ネタにしたのとあわせてこれから一生発生するかもしれないんだなと思うとものすごく憂鬱です。

人に話をしたいこと

26日ですが薬をもらうために病院に行ったのですが、かねがね気になっていたことが複数あったので待合室に誰もいなかったということがなくて思い切って聞いてみました。一つは「数年前に1回やらかした病気で、かつて身内もやらかしていた病気」に関するもので、もう一つが実は最近異変に気づいたものです。ここの11/15にネタにしたものに関連するものなのですが、現段階では

判断しかねるので皮膚科の人に聞いて

というリアクションでした。というわけでその日のネタで伏せ文字にした○○は病気or治療に関する言葉なんです。それでその病院の人から近所の地図を下にした皮膚科を見ると火・木・日・祝休みで行くのに結構ハードルが高いところです。ここじゃなければ大きな病院の皮膚科に行けと脅かされたから仕方ないです。しかも営業開始が10時からと突っ込みを入れたくなる時間です。なので28日の午前中に行ってきます。

前者の病気に関してはいつも行っているその病院にもそれに該当する科がありまして診てもらいました。とりあえず状況がわかってほっとしました。それも緊急を要するものではないということで。その途中で自分の中で面白いことがあったのでぜひとも人に話したいと心から願っているのですが、

話した場合に人間としての尊厳をいくつか失いかねない

という問題があるんです。もともと自分自身がテリトリー意識が強いほうで「この人にはこれは話してもいいけど、これを話してはいけない」というのをしっかりと考えてから会話をします。それは本当に自分の中で徹底していると思います。酔っ払いすぎたときを除いては。中学校の友人ラインで飲んでいたときにみんな寝たモード入った感があって起きていた二人だけでものすごく数学的な堅い話をしていたら、後日談でその寝た人が「実は起きていて聞いていたんだけど入れなかったから寝たフリを続けていた」というのもありました。それくらいに人に応じて話がぜんぜん違うくらいにテリトリー意識は強いほうです。

というわけで今回治療を受けて感じたことがあってそれを誰かにものすごく伝えたいんだけど、それを伝えるとものすごく引かれるだろうなぁというのがあります。このブログをリアル知人(知り合ってからネットを見たようなポジションの人)がどれだけ見ているのか?というのがあります。リアル知人(医療系+α除く)がどれだけ見ているんだろう?というのは知りたい部分ではありますねぇ。自分は大量出血を見ると卒倒するタイプなので、真逆の医療系の人から話を聞くと結構面白いなと感じる部分は多々あります。

ちなみに病気の名前はヒサヤ大黒堂関係でありますが、この病気のイメージの悪さはヒサヤ大黒堂のせいだと思っています。潜在的な患者の数は結構多いはずですが、表にできないのはあの看板のせいと言い切ってもいいです。自分も子供の頃にあの看板や宣伝を見てかかわりたくないなと思いましたから。

やっぱり一番伝えたいことをここに書く勇気はないです。ただ診断後に「この病気の原因はあるんですか?食生活ですか?」と聞いたところ「なる人はどんなことをしていてもなる」みたいな回答があってものすごく救われた感はありますね~。食生活が悪いからですよとか言われると思っていましたから。ただ前日に唐辛子がたっぷり入った食べ物を食べたことについては顕著に反応が出ていたようです。それを伝えると「でしょうね~」というリアクションでした。

というわけで、もし一番伝えたいことを知りたいという方がいらっしゃいましたら個別に伝える用意はありますが、スルーした上でいろいろと察してくださればうれしく思います。ざっくりとまとめると「アレってあんな感触だったんだ~」というのが今回伝えたかったんだけど、それを伝えたら人間の尊厳を失いそうでまずいだろうなと思ったことです。

嵐山観光から・・・

26日の夜に戻ってきたらいきなりBフレッツが復活していました。ほっと一息です。一体原因は何だったんだろう?とりあえず工事にきてもらうのをキャンセルしないと迷惑がかかりますね。

11/18.19と京都に行ってきました。順番は前後しますが、それにまつわるネタをいくつか紹介していきます。まずは19日の昼間に行った嵐山です。というか前にネタにした北嵯峨高校に行く前に行った場所です。

京都駅ビルにある烈士洵名で「岡村二郎」なる二郎を意識したラーメンを食べてから嵯峨野線に乗り込み出発。電車が20-30分に1本のためあと1分で発車ということでダッシュしながら電車に乗ると「信号機故障で特急列車が遅れている」とのことで、6分遅れての出発。

体力を無駄遣いしました

しかも電車がこの時期の京都ということで当然混雑。しかも目的地は半分以上が「嵯峨嵐山」。とりあえずは到着し、まず目指すは渡月橋。渡月橋といえば一番最初に連想するのが、

渡月橋ステークス

秋の京都競馬の開幕週で準オープンの芝1600のレースなのですが(最近は若干施行時期が後ろにずれた)、そこで快勝した馬がマイルCSで穴馬として狙いが立つという意味で注目したものです。

という感じで観光にでかけた際には競馬の特別競走に出てくる地名があったりすると何かうれしいものです。実際に「特別競走に出てくる地名めぐり」を趣味にしていた騎手もいたみたいです。そしてそれは自分も嫌いではあるはずもありませんが、嵐山地区にはそれが非常に多いように感じました。それも秋のレースに集中しているので「最近出てきたレース」という意味で印象に残っていました。

・清滝特別-秋の京都の1000万下芝1800のレースです。秋華賞を除外になった馬がよく出てくるレース。
・高雄ステークス-秋の京都の準オープンのダート短距離戦。ダビスタでおまかせ厩舎に任せるとやたら使ってくるレースという印象。
・嵐山ステークス-秋の京都の準オープンの芝3000として過去にあったレース。ここを叩いてきて菊花賞で穴狙いをすることはよくありました。メジロマックイーンはその典型です。
・桂川ステークス-秋の京都の準オープンのハンデの芝短距離戦。これまた勝ち馬がマイルCSの穴馬候補になることも。

というわけで桂川です。

 

渡月橋とそこから見る紅葉です。この日は曇っていたので今いち遠くに見える紅葉がきれいに撮影できなかったのが残念です。

 

この渡月橋はものすごく人が多くて歩きづらかったです。しかもお互い撮影しあっているので尚更です。その際に自分が末っ子だなぁと思ったのが、

写真に写るのがかなり苦手

という部分です。どうにも写真に写るのが苦手なんですね~。子供の頃末っ子だったからかあまり写真を撮ってもらった記憶もないし(実際アルバムの量は姉よりも少ない)、プリクラ世代でもないから本当に慣れていないんですよね~。そんなわけで観光地に行くと風景写真or料理写真ばかりになります。

なんか自分は「頼みやすい顔」らしく、普通に道を歩いているときによく道を聞かれるのはもちろんのこと撮影も頼まれます。浅草を友人とうろついていたときには外国人の方から頼まれたくらいです。それはプレッシャーですね。特に構図を決めるのが。後で見て「この構図は期待してなかった。あの人にはがっかり」なんてネタにされていたならば本当にきっついですから。実際には知る由もないんですけど・・・。

思いのほか長くなったので嵐山の紅葉は次に回します。

名古屋ルールその2

こないだネタにした名古屋ルールの続きから。今回はマクドナルドでYahoo無線をつないで書いています。これが金曜日まで続くのはやっぱり不便です。常に人をあげられるくらいの状態にしておけってことですね・・・。

「みゃあみゃあ」言わない

本当にこれはタモリがつけた悪しきイメージです。ただアクセントについては「標準語の一つ後ろ」というのはなるほどなと。アナウンサーが読む原稿で違和感を感じる部分は「アクセントが早すぎ」というものなのですが、実は名古屋弁が1つ遅いってことだったんですね。ちなみにベイスターズの「木塚」が違和感を何度聞いても感じる最高峰なのです。なるべく仕事の際には名古屋弁を出さないようにはしているのですが、アクセントでは出ているってことかなぁ?今度聞いてみよう。

机はつるもの、お金は壊すもの

過去にも数回ネタにしていますが、標準語と冗談抜きで疑っていなかった言葉の一つが「机をつる」です。教室の前から後ろに机を移動するのを「机をつる」というのですが、知らない人が聞くとクレーンで吊るみたいなことをイメージするそうです。お金を壊すは「1000円札を100円玉10枚にする」というようなことです。クラッシュするのではないです。そうしたら貨幣価値はゼロですから。実際は「お金を崩す」といいますし、さほどニュアンス的にも変わらないようには思うのですがどうでしょう?ちなみに他に標準語と疑っていなかった言葉は

・ざら板→すのこのこと
・たも→虫取り網(正式名称はたも網なので間違いではない)
・しゃびしゃび→水っぽく薄いこと
・トキントキン→先のとがっている状態
・○○さんがみえる→○○さんがいらっしゃる(これは本気で敬語と疑っていなかった)

地元出身の有名人を勝手に誇りに思うor知り合いの知り合いであることを自慢する

これはありますね。芸能界屈指のイケメンもてもて芸能人にカテゴライズされる奥田瑛二ですが、同じ愛知県春日井市の出身です。勝手に誇りに思っているしネタにしますね。父親は元春日井市議会議員だったので「あの人の息子さんが出てるよ~」なんてブレイクしかけのころには言われていたものです。ちなみにその父親がなくなったときには春日井市の出雲殿かでお葬式を執り行ったそうです。とりあえずは中日の選手なので複雑な部分はありますが堂上兄弟にはがんばってほしいですし、フランス二部リーグでプレーする伊藤翔にもがんばってほしいと思う部分はあります。

知り合いの知り合いで言えば名古屋コミュニティで言えば「友達の友達はみな友達」という笑っていいともの初期の言葉が成立するわけです。合コンで同い年の尾張地方出身の子に大抵高校時代の同期の名前が一人や二人は出てくるものです。ただ同学年の隣接した市出身のIJ(父親は市会議員)やAS(最近結婚)に関しては一切ネタが出てきません。それはそれで何か寂しいです。

関東の笑いにも関西の笑いにも対応可能

確かにそうですね。関西のお笑い番組も見て育ってきています。それこそ明石家さんまがブレイクした「小林繁の真似」も記憶にあります。江川と小林のトレードですが、実は一番大きな影響を受けているのは明石家さんまではないのか?というのを感じます。「阪神の小林繁」でなかったらあの芸は成立していないですから。おそらく歴史上で最も「あのトレードをありがたいもの」と思っているのは明石家さんまだろうなぁとは思います。そんなわけで「探偵ナイトスクープ」とか「吉本新喜劇」とかのある種こてこての笑いも好きです。逆に関東のお笑い芸人も普通にキー局と言うことで見てきているというのを考えると免疫はあります。なので自分の感覚としては関西の人の「東京進出」という言葉には「キー局での仕事を増やす」以上の意味を感じていないのですが、「関西人は東京のスカした笑いが苦手」「関東人は関西のこてこてした笑いが苦手」といわれるのを考えると恵まれているんだなと。

終身名古屋人生

名古屋を離れず一生を過ごす人も多いです。実際学生時代まで名古屋にいて何かと居心地は自分自身いいと思っていますし、最後は帰りたいなとは思っています。高校3年のときの同級生を考えても結構Uターン就職した奴も多いですし、東京にいるのはクラスの3分の1から半分くらいというのを考えるとやっぱり名古屋に帰るんだなとは思いますね~。

そんな自分も1年トータルすると1ヵ月半くらいは実家にいるからやっぱり名古屋大好きなんだなと改めて思いますね。少なくとも味覚に関しては離れることはできそうにもありません。あと言葉も。

うちのBフレッツ

26日の朝にサポートに聞いてみたところどうやら、

回線の不具合

ということが判明しました。ある意味でほっとしましたが、問題がないわけではありません。そのときにいわれたのが、

アパートと部屋に上がって作業します

という言葉でした。マジですか?局内の問題じゃないんですか?というわけでやらなきゃならないことは、

部屋にあるモノをよけるというか掃除

です。明日にでもやってもらいたいくらいなのですが、あまりにもやばい状態でちょっと無理。ということで掃除に若干時間をかけて土曜日にきてもらうことにしました。その間インターネットはネットカフェか携帯かノートPCを使ってマックなどでYahoo無線を使うしかないという状況です。かなり不便ですし、当然それぞれにお金はかかるわけであります。年末のもの入りの時期というのにまじできついわ・・・。

とはいえとりあえず原因がわかっただけでもよかったです。しかも自分のミスとかじゃないというのがわかったのもあわせて。そんなわけで今週は何かと不便な思いをしながら過ごすことになります。京都観光の内容もアップしたいんだけど、加工はデスクトップじゃないとできないのもあるからいったいいつになることやら・・・。

ちょっとしたピンチ

うちのBフレッツが今朝(25日5:50am)にはつながったのですが、栃木まで行って夕方に戻ってきたらいきなりつながらなくなっています。

原因はさっぱりわかりません

なので現在ネットカフェ+Yahoo無線で対応しているところです。しかし出費はなるべく抑えたいので27日には何とか解決できるといいのですが・・・。27日には病院にもいかないといけないし、結構地味なんだけどやらなきゃいけないことが多い憂鬱な日です。

ちなみにルータの電源をきって入れなおすというプロセスは何度もやっていますが、解決には至っていません。原因がわからないのに事象が発生しているということは自分にとっては許せないことランクかなり上位なのでものすごくすっきりしません。ほかには「理由も説明できないのに、こういう行動をしてしまった」というのも許せないです。

なのでこの件については本当に憤っています。ただでさえ高い血圧がさらに高くなりそうです。部屋の中でわけもなく声をあげて「何でなの!」と怒っているので下の人とかむっているかなぁ・・・?
Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる