FC2ブログ

現段階で今回の日本シリーズ

後付けで何か言うのも嫌なので現段階でなるべく間口を広くした形で感想と展望を。

1.日本ハムの上位打線が苦しい

過去に日本シリーズの勝ち負けを左右したのは、チームの中心的役割として機能していたはずの選手が徹底マークされることで「逆シリーズ男」になってしまうことですが、どうも稲葉がそれくさい雰囲気をかもし出しているように思えてなりません。もともと日本ハムは1-3番で流れを作るというチームなのですが作りきれていない部分が大きいです。中日が勝つためには1-3番を起こしきらないことは必要でしょう。

自分の中で原辰徳は「天皇」という位置付けですが、「原辰徳No.1ホームランは?」という質問に関しては迷わず「1989年日本シリーズ第5戦吉井から打ったホームラン」と答えます。このシリーズ原は本当にダメダメで近鉄投手陣から徹底的になめられていたのですが、この試合で吉井からホームランを打ちチームは復活。3連敗の後4連勝という奇跡ができました。結局原はこのシリーズ2本しかヒットを打っていないのですが、その事実は言われなければ気づかないでしょう。

というわけで雰囲気作りを考えても起こしてはいけない人は最後まで起こさないのが短期決戦の上では大事です。そして中日はそれを稲葉と考え、現段階では大怪我なく対処しているように感じます。

2.中日はダルビッシュ相手の負けは計算していた

ダルビッシュはまともに攻めては打てません。中日にとっての合理的な戦略としてはダルビッシュの試合はあきらめてもそれ以外で確実に勝つというのができればおのずと日本一は達成できるように感じます。なのでダルビッシュをどう使うかを注目していました。イメージは1992年シリーズのヤクルト岡林と西武石井です。この二人をヤクルト野村と西武森は第7戦に使うことを想定してどうすればいいのかを逆算してローテを組んだそうです。岡林は1.4.7で石井は3.7でした。なので自分もこのどっちかにするのだろう?という視点で見ていたのですが、どうやら1.5で終わりそうな感じです。もっとも岡林はこれで事実上壊れたのでよかったのかどうかはわかりませんが、多くの野球ファンの印象に強く残っているだけでもよかったのかなと思います。

3.中日の森野に打たれると大量失点

巨人戦144試合を記録してブログにアップするという作業をしているとそれなりに見えてくるのがあります。技術的な部分や選手の皮膚感覚については語る資格はないのですが、テレビなどで見ている限りの流れについては感じられます。中日戦に関しては「森野につながれるorタイムリーを打たれる」というイニングは3失点以上になってしまう可能性が高いという印象がありました。なので自分にとって中日で一番嫌なバッターは森野です。そして今回森野が好調なのが中日にプラスに働いているようです。

4.第4戦に日本ハム吉川先発はヒルマンの勝負

高卒ルーキーが日本シリーズに先発するのは1992年の石井一久以来です。相当厳しい条件ではあるけど、逆に見ればこの試合をモノにできればチームは勢いに乗れるというのを感じたんでしょう。実際そこそこゲームメイクはしたけど、四球で結果として決勝点を失いました。5回でおろしていたらゲームとしてはわからなかったかもという気はします。

自分は中日嫌いの巨人ファンですが、

中日がボロ負けすると「こんなチームにCSでボロ負けした」という事実がつきつけられきつい

わけです。とりあえずは3勝してくれたので、「それなりのチームに負けた」という形になったことは少しだけほっとしています。今回はヒルマンが「日本シリーズ前に来年のロイヤルズ監督就任会見のため渡米した」とかやられたほうとしてはカチンとくるようなことをしていたのを考えると正直日本ハムの自滅要素ありまくりだったとは感じます。中日が日本一になったら今度名古屋に帰ったときに父親+αにとやかく言われるんだろうなぁ・・・。

というわけで第5戦のダルビッシュが大量リードで勝ち投手の権利を得て5回か6回で降板し、6,7戦に備えるということができない限り日本ハムが勝てる可能性はでてこないのかなと。相当中日が有利な条件であることだけは間違いないようです。間口を広くと頑張ってみたつもりですが、どうでしょう?
スポンサーサイト



ディズニー

30日にこんなニュースがありました。

TDLのパレードを撮影してDVDに焼いたものをヤフオクで販売していた2組を逮捕

どうやら毎日のようにTDLのパレードの好位置を確保し、そこに三脚を立てて構えている2組がいてそれぞれが別個に同じようなことをしていてその2組が逮捕されました。これに関してはいろいろと思ったことがあるので、それをつらつらと。

1.ある1組の人間関係

一組は夫婦だったのですが、もう一組は52歳と24歳の女性です。もっとも24歳のほうは「薫」という名前なので男女どちらともありうる名前ですが確率から考えると女性だろうと。この二人は一体どんな感じで友人関係なんだろう?というのを感じました。できれば「ネットで知り合った」とか「同僚」とかではなくて「母親」と「娘の友人」とか「母親の友人」と「24歳女性」みたいな関係だったら面白いなぁと思います。完全に他人事なので・・・。

2.買う人間の存在

これに関してはいろいろと議論されていることがありまして、「供給が需要を作り出す」ものなのかと「需要があるからこそ供給ができる」ものなのかです。たとえば携帯電話なのですが、「自分で持って歩ける電話があると便利だよね」ということでできたのか、「やたらでかいけど移動しながら話せる電話できたよ」ということから広まったのかどっちなのかな?というのはわかりません。「必要は発明の母」というのは「需要が供給を作る」という考え方です。

というわけで要は「パレートのDVDを試しに出品してみたら思いのほか値段がついた」という部分がスタートだったのか、「パレートのDVDってみんなほしいから作ってみたら儲かるよ」という部分がスタートだったのかがものすごく興味あります。これがわかれば自分の仕事の上にもものすごくプラスの影響があると思います。

間違いなくいえることは「買う人が存在していた」ということです。一体何を考えて落札していたのかが気になります。

3.ディズニーからの請求額

著作権といえばディズニーといわれるくらいに、本当に厳しいです。何せ小学校の企画でミッキーマウスの航空写真かを作ったら「著作権料払え」と請求がきたくらいですから。「学校が非営利でやるものくらいゆるしてやれよ」というのを感じるのですが、それさえ一切合切許してくれません。最近だと高校の文化祭の劇でやるものでさえも「著作権料払え」ということでオリジナル作品か古典かしかできないくらいの状況です。高校生が学内の展示限定を目的とするのに著作権どうこう言うのは「器が小さい」としか思えません。正確には「改変されない権利」なのですが、それにしても「器が小さい」という思いは消えないです。

そんなディズニーに対して思い切りけんかを売ったわけですが、2組それぞれにどれくらいの著作権料の請求が行くのかについては単純に興味があります。著作権という概念が事実上ない中国でさえあのパクリ遊園地をディズニーが脅したら一発で全部壊したくらいですから。一体どれくらいになるんだろう?

ディズニーは「ビリーズブートキャンプ」とかをパレードの中に入れたのですが、それってSHOPJAPANの許可とか取っているのかなぁ?取っていなかったら筋とおらないと思います。他人に厳しいところは自分にも厳しいと信じています。でも世の中の多くは他人を批判するときは勇ましいけど、自分が批判されるとうろたえる傾向があるからなぁ・・・。(例:田中真紀子・辻元清美・菅直人・岡田斗司夫)

なんていいつつも約20年ディズニーランドには行っていないという現実が突きつけられています・・・。1回行くと1人あたり10000円かかってしまう価格設定はどうしてもためらってしまうんですよね~。その上平日の昼間以外だと1アトラクションあたりの平均行列時間が1時間はあるといいますからためらう度合いはさらに大きくなります。

赤坂君・・・

今回元光GENJIの赤坂晃が覚せい剤の現行犯で逮捕され、ジャニーズ事務所を解雇されることとなりました。概要については「東池袋をうろついていた赤坂晃=立川市若葉町に警察官が職務質問をかけたところ、覚せい剤を所持していて現行犯逮捕」とのこと。

これに関してはいろいろと思ったことをだらだらと。

1.立川に住んでいるの?

表向きの住所なので必ずしも一致しているとは思えないんだけど、一世を風靡した人が立川に住んでいるとなると「正直堕ちたなぁ」という印象は否めません。売れっ子だったら港区のどこかさもなくば田園調布か目黒区か世田谷区か渋谷区に住んでいるという印象があるのですが。お笑い芸人や劇団系だと下北沢か中野あたりも加わります。売れていた頃は国立の出身だから原宿の事務所の寮に住んでいたとは思うけど、今は立川というのがミョーにリアリティーを感じてしまいました。

2.こんな近所を芸能人がうろついているの?

東京に出てきて約10年ですが、いまだに芸能人とばったり遭遇という経験がありません。(業務上の遭遇は除く)ロケ現場に遭遇ということはありましたが、自分が行った店で有名人を見かけたなんてことはないですね。せいぜい1回あるのが東京ドーム近くの当時マクドナルドがあった付近ででかい車から降りてくるとんでもなくでかくてハーフな人くらいです。西武在籍時のデニー友利です。東池袋を普通にうろついているんですね、芸能人も。

3.職務質問をかける人すごいわ

「あっ、こいつヤクやってる」とかって一発でわかるのでしょうか?自分はヤクをやっている人間を見たことがないのでわからないのですが、わかる人にはわかる何かがあるのでしょうか?ちなみに飲み会で一緒になったことある人が一週間後にヤクで逮捕されていたことはありますが、そのときでも「あっ、こいつヤクやってる」等々の感想は持たなかったです。もしかすると赤坂晃は内偵されていたんでしょうか?自分の場合はせいぜい「自転車盗難」を疑われるくらいですが、ライトをつけているだけで職務質問をされる機会がなくなりました。

4.光GENJIについて

当時はキムタクがバックだったんだよなぁ。今となっては考えられないけど。STAR LIGHTは今でも同世代カラオケでは外せないアイテムです。赤坂君の「胸にしゅんでる君のこ~と~♪」というのは勝負ポイントですから尚更印象が強いです。ガラスの十代の時にはアツヒロくんとともに当時バク転ができなかったからその部分をごまかしていたという印象が強いです。この曲の勝負ポイントは諸星君の「もっとそばにおいで」ですね。今回の件で「立浪の引退試合でこの曲が使われる可能性」が減ってしまったなら寂しいです。ちなみに光GENJIの曲についてはパラダイス銀河くらいまでしか印象に残っていません。それ以降のぐだぐだしたところはあまり記憶がないですね。下膨れ顔で明らかに「?」マークがついていた佐藤寛之は今も芸能活動をしているのでしょうか?調べてみると内海くんとアツヒロくんはまだジャニーズ所属のようです。

三十路を越えても他人を「くん」づけで呼び合うジャニーズって妙にあこがれる何かがあります。

神宮に行ってきました

前日飲んで食って歩いてとしていて目がさめると外は快晴。こりゃあでかけないともったいないってもんです。一番最初に思いついたのが府中競馬場に行くでしたが、ふと思いつき神宮球場まで自転車で行くことにしました。早慶戦を見るためです。慶應のエース加藤がドラフト1位に値するピッチャーなのか?斉藤佑樹は去年から成長はあるのか?というのを確かめにです。結論から言えば、

加藤のこの日のピッチングは神

でした。左ピッチャーで延長12回を一人で投げぬき、その12回に142キロはそう出るもんじゃないです。フォームが変則で故障のリスクはあるかもしれないけど、左でこれだけ投げられるというだけでも価値はあると思います。この日のピッチングで1位を加藤に切り替えるチームもありそうです。一方の斎藤については、

ロッテの小野にわりとイメージがかぶるのでは?

という印象を持ちました。甲子園の頃は149キロとか投げていたのが、若干落ちていました。キャッチャーの細山田がワンバウンドをうまく処理していました。ワンバウンドの処理能力に依存するピッチャーだなという印象です。あとは1つ1つの球はそれほどすごいというわけではないですし、ピッチングスタイルやフォームに華があるわけじゃなんだけど「インコースにもがんがんくる」「ピンチになるほど力を出す」という部分がロッテの小野にかぶるかなと。やられるほうとしては手も足も出ないよりもむしろダメージが多いように感じます。

ただ気がかりなのは応武に過保護にされている部分。防御率のタイトルがかかっているというのはあるにしても第1戦に投げるピッチャーが6回無失点で降板してしまうのはチームの士気という部分からどうなのか?というのを感じます。しかし7回から投げた大石もこれまたの好素材。斎藤と同じ1年生なのですが、3年後には斎藤よりも上にいても不思議はないくらいの選手です。むしろ福井が野手転向するかも?と感じたくらいです。最初に野手転向させられたくらいの打力の彼に打席に回ってきたときに代打を出してくれたときにはありがたいと感じたほどです。

その後に出てきた松下も1回りで到底攻略は無理なピッチャー。理にかなっていないフォームで故障のリスクはあるけど、シンカーを使えるようになれば「明徳義塾の馬渕就任後使える史上初のプロ野球選手」というポジションを担えるかもしれません。この3人に楠田がいて、大前がいて、尾藤がいて、福井がいてとなると早稲田を希望する投手は最低2年は出ないだろうなぁ。

その松下に代打を出して12回にエース須田が出てきたわけですが、「早稲田が点を取られそうなピッチャー」ランク1位です。二死二塁にしてから2番バッターを敬遠するという消極さが裏目に出て、3番バッターにはストライクを取れずに歩かせると4番には粘られた挙句に三遊間の深いところに飛ばされて1-0で慶應が勝ったという試合でした。彼は来年も早稲田のエースナンバー11をつけていられるか正直ビミョーな感じはしますね。

実は11回裏にも慶應の相場監督が「意味不明」な采配をぶちかましてくれたので、両監督の采配という部分に関しては誉められる部分はなかったのですが、ピッチャーの内容といい選手の気持ちといいエラーが少なかったこともあって間違いなく今年生で見た試合でNo.1といえる試合でした。天気も良かったし何かすがすがしい気分で1日を過ごせました。

スタンドの応援も両校気合が入っていてよかったのですが、いかんせん内野と外野が全く違う応援をしていて統一感を感じないというのがもったいないです。何か統一感を出せるようにサインを出すとかしたほうがいいように思いました。

天皇賞秋予想

結局某通信添削の赤ペン先生応募は見事に落ちました。野郎だし副業等々絡むと何かと面倒というのがあったのかもしれないですけど、なんか落とされると軽くへこんでしまいますね~。筆記で落ちるのなら諦めがつくけど、これといった基準がないもので落とされるというのはやっぱりきっついなぁ・・・。30分程度で無理やり埋めたような志望動機がだめだったのかな?

というのはともかくとして天皇賞です。前日の雨から一転。ものすごくいい天気です。こんないい天気の日に家にいるなんて何か人生を損しているような気がするのでこれを書き上げたら早速出かけます。ちょっと大き目のデジカメをもって。今日は神宮混むだろうなぁ・・・。

要は馬場が回復するのか?どうなのか?が予想する上において最大のポイントになります。いくら天気が回復しても馬場はやや重くらいで推移するのでは?というのを考えて、

◎15ポップロック(ペリエ)
→ようやくペリエ様が来日です。さすがに体重が落ちなくなってきたようで54キロ以下は騎乗できない?とも言われているけど、平場はともかく重賞特にGIにおいてはスルー不可能だろうと。

○1メイショウサムソン(武豊)
→この馬の脚質を考えると「武豊スペシャルため殺し」が炸裂する余地はないです。馬場もあいそうだし、内枠になると好走してきたという実績を加味するといくら休み明けであってもスルー不可能だろうと。

▲13チョウサン(横山典)
→典なので人気薄の2着付けの注意は必要。正直毎日王冠は強かった。ただアキアキの本命予想なのが気がかりなところ。

△11シャドウゲイト(田中勝)
→馬場が渋ると適性あり。他に前に行きたい馬も少ないから案外粘りこみもありそう。

穴10ブライトトゥモロー(後藤)
→渋った馬場の強さ+府中での強さ+「府中はトニービン」の格言がカンパニーともども復活する可能性ありでは?

元返し2アドマイヤムーン(岩田)
→馬場が渋っても強いし、近走の内容を見るとさすがにスルー不可能。

切14ダイワメジャー(安藤勝)
→金銭上の都合だけど、流れがスタミナによった場合にはやらかすかもしれないリスクも加味して。

というわけで今回は三連複で1.15から10.11.12.13へ流してみようと思います。

地上デジタル放送

とりあえず昨日ネタにした部屋のテレビの現状においてですが、

・現時点でテレビは何とか映っている(亀田の記者会見の頃に復活)
・念のために同じことをmixiの日記でネタにしたら、自分が引き取りに行くという条件で無料で14型テレビを譲渡してもらえることとなった

わけで一安心です。よっぽどダメになるまでは14型テレビを部屋に置きつつ現状のテレビを見るという感じになりそうです。とりあえず今回コンセントについていたほこりはこの際に掃除をしておきました。とはいえ今回の事態は決して今回が初めてとうわけではなくいつ完全に逝ってしまうかはわからないという状況であることには変わりありません。地デジ強制移行となる頃には地デジ対応テレビも今よりは安くゲットできるようになっているだろうと信じてます。念のため今日ビックカメラで調査してきたところ「20型約80000円」+輸送と引き取り4000円という状況でした。さらに取り付けも入れると1000円プラスです。汚い部屋にあげるのが面倒(というか掃除が面倒)とそもそも前のテレビも自分が一切合切セッティングしたというので大丈夫かなと。最初は実家に「余っているテレビない?」となきついたら「ない」とのことでがっかりしましたが、世の中にはいい人がいるもので本当に感謝感激雨嵐です。実家は親もテレビ大スキ人間かつPTA大嫌い人間というので「ゆゆしき事態」と思ってくれただけでもありがたいです。

というわけでちょっと地上デジタル放送について考えてみます。とはいっても自分が全くそのものの勉強はしたことがなく、後輩が「導入によってどうなるの?」みたいなプレゼンテーションをしてくれたことが何回かあるのでそのときの記憶を元に作成します。

導入のいきさつは「外圧」と「携帯電話の異常な広がり」です。特に後者が結構な電波割り当てを使うことになったのでテレビが使っている電波を減らして何とかしようというところからスタートしたようです。(前者に関しては政治的問題なので省略)アナログだと「波」で送るわけであり、その波の範囲を確保しないとダメなのですが、デジタルだと「0と1という情報だけで送るので使う範囲が狭くなる」というメリットもあるようです。

そのメリットによって何ができるかというと「双方向」というのもそうなのですが、1つのチャンネルで番組を複数作ることができるというのもメリットとしてあるようです。もっとも現実的な部分を考えると、

・CMを視聴者が見なくなっている
・テレビ局側に番組を複数作る能力・資金・人材がない

という問題があるようです。前者に関してはこないだ友人宅に遊びに行った際にHDD録画していたのを見たのですが「CM飛ばし機能」なんてものがあり飛ばしながら見ていました。こないだの福山雅治みたいなのは別にしてもこれからは「CMを流すからスポンサー料を出して」という営業は通じません。スカパーなどで金を払って番組を見るという習慣はある程度できてきたにしろ、日本人の多くは「民放はタダ」という意識を持っているのもこれまた事実。なので受信料も取れるはずもないです。じゃあどうするのかというと、

番組の中で商品をアピール

という手法に現在でも大分移行してきています。20世紀に使われていたものでは「踊る大捜査線ではインフォシークが使われていた」というのもあります。これからも「車」「看板」「風景」「服」「電子機器」「ちょっとした小道具」などから商品を宣伝するという形になっています。

とりあえず制作側としてはメリットを感じていない制度であるようです。あと出演側にも。より細かいところまで映るということは「映ってほしくないところまで映る」わけでありますから、女優さんとかマジシャンとかやりにくくなるようです。もちろん自分達視聴者の側からしても別に双方向に関しては「テレゴング」「電話or携帯電話」「インターネット」で十分ですし、そもそも導入に備えて「テレビ買い替え」or「チューナー導入」などのコストを強制される言われもないです。生活保護世帯にはある程度の補助はするみたいですが、そうでないところは自己負担です。確かに10年の移行期間があるとはいえ「利用者が現状で不便を感じていない」ことに対して強制的に負担をさせるだけの説得力があるのかはビミョーですね。

説得させる手法としては「携帯使いすぎなんだよ!」か「軍事的な危険が増えているから電波をそれ用に確保しないといけないんだよ!」というアピールのほうが合理的かもしれないですね。

しゃれにならないほど困っています

今現在困っていることがあります。緊急を要します。それは、

うちのテレビがマジ映りません

それも明らかに本体の具合が悪いという感じで。正確には電源が入るしリモコンも動くんだけど画面に何も映らないという状態です。今朝もそうなってマジあせりました。何とか運良くそのときは映りましたが。ちなみにアンテナ線の異常でもないのでDVDやスカパーの画像も映りません。

実は自分は電化製品運はいいほうで、ノートPCのVAIOと以前使っていたデジカメを除けばさほど大きなトラブルには見舞われていません。あとは一つ前のプリンターを1回修理に出したくらいかなぁ?そんなわけで「電化製品が壊れる」という想定はあまりなかったのですが、今回よりによって壊れた場合に困るものランクで確実にベスト3に入るテレビの具合が悪くなりました。まじでしゃれになりません。10年以上使っているものなのでとっくに保証は切れています。修理に出すとしても「運ぶのが金がかかる」「その間テレビなしの生活は確実」「修理代もそれなりにかかる」という問題があります。

というわけで現時点で考えられる選択肢は

1.いっそのこと地デジ対応型TVに買い換える

これは財布的に厳しいです。知人で懸賞で当てたという人がいますので、とりあえず懸賞が一番現実的かなぁ?とは思います。電器屋に行っても現在はブラウン管のテレビがなくて液晶テレビのみであり一人暮らし用サイズでも10万円近くするのがネックです。かさばってもいいから安いブラウン管を求めている人間がいるということをどうして電機メーカーはわかってくれないんでしょう。実に腹立たしい限りです。一番の問題は自分の情けなさですけど・・・。

2.中古品の店かヤフオクで入手してみる

実際にヤフオクで調べてみていますが、これが一番現実的かなと感じています。あとは自分の中で踏ん切りをつけるくらいです。できれば下取りもあわせて10000円以内で済ませたいところです。

3.実家から自分の部屋に置いてある14型テレビを送ってもらう

1年で約1ヶ月くらい使っているテレビですが、これを送ってもらうというのも一つの手かなと。逆にその約1ヶ月くらいをどうしのぐか?という問題もありますが・・・。

これらの手法をとる場合には電化製品リサイクル法で3000円+手間賃で引き取ってもらわないといけないんですよね~。今はブラウン管テレビなんて需要はないからリサイクルされないというのに金を払って引き取ってもらわないといけないというのは本当に腹立たしい限りです。この誰もが歓迎しない法律を考えたのは実は河村たかしじゃないのか?という嫌味の一つや二つも言いたくなります。

4.パソコンにアンテナをつなぐ

うちのPCはいかんせんパワーが足りないのがネックなんです。もうちょっとパワーがあれば考えないこともないのですが・・・。

5.ワンセグ携帯を買う

パケホーダイの料金に含まれるというし検討の余地はあるかなとは思います。ただビデオやDVDやスカパーは厳しいかなと。ある意味でスカパー解約のいいきっかけになりうるかもしれませんが。

6.しばらく様子を見る

あれっというほど映らなくなったことは今までで3回目なので、単なる偶然かもしれないかなと。

というわけで対応については6を軸に2を模索しているという状況です。しっかしなんでうちのテレビ映らないんだろう?まじでイライラするんですけど。それともテレビなんか見ないでまじめに生きろということなのでしょうか?すいません、愚痴っぽくて。でもテレビ大好きな人間にとってテレビがなくなるというのは本当に耐えられないほどのストレスを抱えるんです。まじでどこかからお金が天から降ってこないかなぁ。とりあえずは秋天のポップロックやチョウサンの配当次第では狙ってみるかなと。

いいかげんにしろっパート2

しつこいのは先に紹介した3つだけじゃありません。今回はそれを。まず1通目はインカ帝国から。

---

さすがに我慢ならないっ

相も変わらず受け取るメールの9割以上が迷惑メールという有様なのですが、最近とみに

もういいよ、わかったからいいかげんにして

と思えるメールが増えてきました。秋になってそれ以前にはあまり見られなかった1晩で同じメール5通とかそういうパターンが増えてきています。そろそろ新ネタを考えろよという思いをここでぶつけたく思います。

1つ目は「関谷志津子」からのしつこいメール

--

オトコのカン

念のため調べたら2005年8月1日にも同じことをネタにしているのですが、ご了承ください。こないだの10/12日に西武線沿線で仕事がある際に、西武新宿線花小金井駅にある「丸め」という店で食べてから帰るというのを決めて、だったら「高田馬場まで自転車で行ってそこに止めておこう」というわけで高田馬場に行きました。

いつもだったら早稲田口前のパチンコ屋前に止めるのですが、なんかものすごく「この日に撤去がありそうな予感」を感じたわけです。たくさん止まっていたとかそういうわけじゃないんですけど、とにかく撤去がありそうな感じがしたんです。それで嫌な予感がして早稲田口のほうの新宿区の自転車置き場に行くと

夜の7時までしか開いていない。あいているのは戸山口のほうだけ

という掲示がありました。これが夜の8時まであいているんだったら間違いなく200円くらいのお金を払ってためらいなくとめていたのですが、「丸め」に行くなら間違いなく7時までにここには戻ってこれません。実は戸山口に行くにはさらにちょっとした坂を越えなくてはならなくて面倒です。というわけで意を決して怪しいパチンコ屋の前に止めたわけです。こんなことを考えて。

・撤去されなかったらラッキー
・撤去されて3000円払うことになっても、自分のカンが立証されることになる

ということです。そしてその日何が起きたかといえば、

見事に撤去されてました

3000円払って自分のカンの正しさを立証することができたわけです。何か不思議と自分の体に何かわからないところから電波を発したかのように「絶対に今日撤去あるよ」みたいなものを受け取ったわけです。

自分自身普段割と「論理的整合性」「合理性」みたいな枠組みで考えていると、このようなカンがこれらにはまるとは思えなくて「自己矛盾」にさいなまれるんですけど、理屈にならない部分でカンは発動されて、そしてそれはかなり高い確率で当たるんだなと。ただし注意が必要で自分が人生で当たったカンなんてほとんどマイナス方向のものばかりです。

たとえば「恋愛でこの子とうまくいきそう」とか「この人とはうまくやっていけそう」というものについては必ずしも当たっているとはいえないのですが(というかほとんど外れ)、「この人に告白してもダメそう」とかそういうのは当たります。悲しい性です。これが松田聖子だと「ビビビときた」ということで結婚にいきつけわけですが(後に離婚)、自分の場合はこういうプラス方向に向かったのはないなぁ・・・。ちなみにその当時のだんなが義理の兄貴の大学時代の同期であるので一時は松田聖子のとの距離感がものすごく近かったです。それはともかくとして自分が感じたカンは人間の本能として「ダメだった場合に傷を深くしないようにするための本能」なのかもしれません。

でも今回の撤去に関しては本当にその場所に止まった瞬間に何かを感じたんです。世間一般によく言われる「女の勘」というのは問答無用にその瞬間に空気感として感じるものなのか、相手のちょっとした挙動不審な対応から感じ取るものなのでしょうか?確かに論証の手法で「ある仮定を立ててその事象を検討すると矛盾がある、それはその仮定がおかしいからだ」という背理法というのがあるのですが、実はこの考え方を本能的に適用した結果なのでしょうか?いろいろと知りたいことはあります。

これから派生してネタにできそうなことが1,2個はあるのですが、それはまたいずれということで。
Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる