FC2ブログ

アンゲームその1

ちょっと前6月上旬ですが新潟に行きました。その新潟には仕事で行ったのですが、仕事上の立食パーティーの前に立ち寄ったのが新潟タワー(正式名称は知りません)の建物近くにあるヴィレッジヴァンガードでした。当時はホテルキーにはまっていて売っているといいなぁということで行ったのですがありませんでした。その代わりにこんなものが売っていたのでついつい買ってしまいました。値段は1890円でした。つくづくアホです。



箱を開けるとこんな感じになっています。



1や2とかかれたカードがそれぞれ50枚くらいあります。これには1には答えやすい質問、2にはより深い内面を答えなければならない質問が質問が書かれています。遊び方としてはグループで集まって誰かがカードを引いたらそれを順番に答えていく中で親睦を図っていこうというものです。これを見た瞬間に、

ブログでネタ切れになったらこれは使える!

とばかり買ってきました。そして今回それを使うことにしました。件名に「その1」とつけたように今回1回で終わらすということではないというのを示しておきます。とりあえず今回は1のほうをやることにします。ちなみにカードはこんな感じになっています。



ではさっそくこの質問から答えていきましょう。

「一日のうちで一番好きな時間は・・・・です」

答えは「ラーメンを食べているとき」です。

並立的に「酒を飲んでいるとき」というのもありましたが、ラーメンを食べているときは何というか幸せなんですね。特にこのラーメンが「神に近い日の三田二郎」なんてものに置き換わった日はこの世の極楽です。ただ問題が1つありまして「最近ラーメンを食べた記録をブログにつけるのが億劫になってきている」ということです。今でもなんだかんだいってもアクセスは800くらいあるから頑張らなきゃいけないとは思っています。

ここ最近で、貴方がうれしいと思った誉め言葉を聞かせてください

答えは「最近ほめられていないからわからない」です。

というか限りなくリアルな形で他の人と絡んでいないのでどうしてもそうなります。

子供の頃にもらったプレゼントの中で特別なものは何?聞かせてください

答えは「宇佐美哲也著プロ野球選手名鑑1980年版・1981年版」です。

親がこの本を買ってくれたのですが、この本だけは飽きずにほぼ毎日読んでいました。自分の野球に関する基本的な知識はこの本から入手しました。人生の中でこれより読み込んだ本はないと言い切れます。この本がなかったとしたらもしかしたら野球に興味をもっていなかったかもしれないし、当然野球を見ることによって築かれたり深まったりした関係は存在していないはずです。自分にとっては大きなプレゼントでした。

貴方が幼い頃の眠るときの思い出を何か聞かせてください

答えは「蚊の多い家に泊まりに行った際に入った蚊帳」です。

いとこの家に行ったときに寝るときに蚊帳がすごく珍しくて「この中で寝たい」とわがままいって寝ようとしたのですが、通気性が若干悪いこともあってあまりにも暑くて耐えられなかったということがありました。夏だと家族で雑魚寝をしていたので楽しかったですね。

貴方は「正しいこと」と「間違っていること」をどのように判断しますか

答えは「筋道が通っている」「矛盾がない」「突込みどころがない」「自分の行為の理由を他人に説明できる」「卑怯でない」ということでしょうか?

自分の場合は必ずしもルールを破った=間違っていることとは思っていません。たとえば自分の大切な人を傷つけられた場合にその人に対して何らかの害を加えるのは「正当防衛の範囲内」と思います。ルール破りをされたらルール破りで返すのは間違ったこととは思っていません。

多分不定期にこのネタやります。最大でまだ20回はできそうです。
スポンサーサイト



人様の家の名前

人間長く生きていると友人が結婚して子供ができるなんてことがあるわけです。(順序はともかくとして)そうすると「おまえ、名前どう付けるの?」みたく茶々を入れるわけです。基本的に他人事なので自分の身に降りかかってこないので無責任に遊び感覚で「こんな名前付けたらどうだ」とか、つけた名前に対してからかうかどちらかはしてしまいます。道徳の教科書からすると正しくはないですが、そうしちゃいます。

というかリアル友人の子供につけた名前に対して思い切り「年がばれてしまうような」突っ込みは入れてしまいました。もっともそのリアル友人が余りに浮世離れした奴だったのでその意味をわからなかったというのがある意味で救いでした。(ちなみに仲良くなってしまった嫁さんにはその突っ込みの意味はばれました)さらには自分が「おじバカ」と化している姪っ子ですが実は結構リスキーな名前でありまして、ある二種類の苗字のいずれかに嫁いだ場合には突っ込まれやすいです。というか自分だったら突っ込みます。

オンナノコの場合は現在の日本の法律が「結婚したら夫婦双方が同じ苗字を名乗る」というきまりなので苗字が代わることが多いのですが(仕事ネームは別)、それによって突然突込みどころ満載な名前に代わってしまうこともあるわけです。(例として明子という名前の子が松本家に嫁ぐと松本明子になるみたいな)ウォーターボーイズ2でいうところの「大場加代」みたいなネーミングになってしまう可能性もあるわけです。

自分の勝手な意識ですが結婚前に仕事していたオンナノコが結婚を機に苗字が変わるからそれに伴い仕事ネームも変わるというのを見ると腹が立ちます。今まで旧姓で仕事してきて、それで人間関係築いてきたというのを考えると、結婚などを機に「戸籍上の」苗字や名前が変わったとしても仕事ネームは変えるべきじゃないと思うわけです。もっともこれに関してはある一人の方を限定に言いますが、親とも無駄に口論になりました。奥さんが仕事を続けるためにだんなが育児休暇を取った家庭からの年賀状だったのですが、ちょっとした口論になりました。親は旧姓を名乗るのは何事だというし、自分は旧姓を名乗るべきだろうってな感じで。

それで新たに新宮が誕生することになります。実は宮家の人がテストなどの際にどうやって名前を書くのか知りません。今回の秋篠宮の場合は学習院時代には「礼宮文仁」とかいていたのか「礼宮」と書いていたのか「文仁」とかいていたのかわかりませんし、占いなどの際にもどの名前が使われるのか正直なところわかりません。そんなわけで画数占いはできないなぁというのは思っています。

とはいえどんな名前を付けるんだろう?というのは現段階での第三者的楽しみではあります。宮の名称は予想もつかないから下の名前を考えるとして

必ず「仁」はついている

という制約の下、どういうのがつくのかなぁ?というのを勝手に予想しようかと。

・2006年を象徴する人物の一人斎藤佑樹から「佑仁」(訓読みはないので「ゆうじ」あたりか?)
・その兄貴から「聡仁」(あきひと。これは現在の天皇と読み方は同じなのがネック)
・WBC優勝メンバーから「一仁」(かずひと)、「朗仁」(あきひと)
→王監督は入院したので割愛
・斎藤の決勝の相手田中将大から「将仁」(まさひと。これは現在の常陸宮さんと読み方が同じなのがネック)
・妹のだんなから「慶仁」(よしひと)
・今年引退して一気に「氏」をつけた称されるようになった中田英寿から「英仁」
・紀子さんの父親から「辰仁」(たつひと)

ってこれから外すとは思うんですけど。ついたらむしろ嫌ですね~。自分の高校の同級生にも何人か学習院に行った人がいるんでいろいろダークな話(デマかデマでないかは裏取れず)を聞かされたし、それ以外でも絡んだ仕事関係で昭和天皇様がお亡くなりになる際の話も聞かされたりしたものです。これも裏は取っていませんが・・・。

親王様と銅メダリスト

今日(9月6日)は無事に親王様が誕生しました。もともと週刊文春などの週刊誌では「男の子誕生か?」といううわさはありましたし、男の子だろうとは思っていましたが、いざ男の子が生まれるとうれしいものですね~。というか、

おそらくは男の子を作るための最大限の努力を施したのでは?

というのを正直なところ感じています。現代の技術では倫理面を抜くとおそらく産み分けは可能のはずですが、その倫理面で抑制されているのかなと。それも一般的に言われている「イケば男の子」「イカなかったときはオンナノコ」というものを超越した何かです。最大限の努力についてはあくまで個人的な思い込みではありますが、もし今回の件でこういう人間が現れたらいやです。

女性・女系天皇賛成派だったのに、男の子が産まれて寝返り

とりあえず皇室典範改正については当面先送りとのことです。自分としては今まで男系でたどってきたので「可能な限り男系を保つための努力をしなきゃもったいないじゃん」と思っていたので今回のことはほっとしました。その努力としては「紀子さんがんばって」が第一だったのですが、そうじゃない場合は「側室」「旧宮家」という手段を駆使してでもというのは思っていました。文化と経済をリンクするというのに興味を持っていてその中で議論になるのが、

一回失われたものを、同じ状態に復元するのは不可能

なので、可能な限り壊さないようにするというのが基本原則です。使い勝手のよくない伝統的な建物の保存に関してよく行われます。その失われるものの価値が大きければ大きいほどなくさない方向性ですが、2000年以上も続いてきた(と思われる)ものを「なくしちゃってもいい」と考えるのは勇気がいるなぁというかそんな責任を自分は果たせるはずもないと思うのが正直なところです。

さて、9月6日といえばいろんな有名人の方が誕生日です。友人にもいますし、昔付き合っていた子もそうです。なのですごく覚えているわけですが、主だったところでは谷亮子、ローリー寺西、大江千里、戸塚宏、岡本依子、氷川きよしなどが浮かぶのですが、今回は銅メダリストである黒岩彰さんのネタを以前作成したのでそれを使っちゃおうかなと。興味のある人は続きを読むをクリックしてください。

続きを読む

それでいいのか、ホリエモン

ホリエモンが連日公判です。少なくともあごの形はシャープですし、スーツもそれなりでした。スーツに似合う形にするために保釈後がんばっていたんだなというのは感じます。もともと「自分がどう見られるのか?」というのを意識している「ナル」的な側面はあるなぁとは感じていましたが、今回それを実証されたのかなと。

なおナルに関しては自分が他の人から見てどうこうという評価はまったく入ってきません。自分が自分を好きならそれでOKというわけです。主だったところでは東山紀之という人が入ってきます。彼は美形なのに40近くで独身ですが、結婚しても「東山紀之自身と森光子」以下の扱いは確定ですからそりゃあきついわなぁ。でもナルシストは「他人の悪口に向かわない限りは」ギャグで済む存在でもあります。とはいえ結構多いんです。「自分の優位性を主張するのに他人を否定する奴」。自分がこの世の中で人間としてのランクを最も低く設定するのがこのタイプです。ナルシストにこういうのは多いんです。もっともナルシストの中でも河村隆一は自分にしかベクトルが徹底的に向いていないので違うとだけいっておきます。

そんなわけで自分は他人を攻撃したり否定するナルシストが何より嫌いだという情報だけは提示しておきまして今回の裁判ですが、

ホリエモンの器の小ささを露呈している

というのを感じてなりません。少なくとも自分の行動で結果として東証を止めた男ですよ。それに見合った器の大きい証言をしてくれるかなと思いきや、ひたすら

(検察が提示した)罪は部下になすりつけ

なわけです。特に野口氏は「死人に口なし」というのもあいまって「これは野口さんがしたことです」とかいっています。それじゃあ浮かばれないし、残された遺族もかわいそうです。現実としては確かにそういう面があったのかもしれませんが、基本的に

何かあったら上司も連帯して責任を取る

ということで動いているはずですが、上司から部下の責任と擦り付けられるのも本当にかわいそうです。法解釈的に罪があるかないかはどうでもいいのですが(別にライブドアの株主でもないし、ライブドアが提供するサービスを利用してもいないので)、自分の部下としてやってくれた人は守ってあげるのが最後の礼儀じゃないのかなぁ?

濡れ手に粟

というのを期待して9/4の朝8時58分に東京地検に行きました。もちろん堀江貴文の初公判の傍聴券を入手するためです。というか整理券の配布が9時までで数分遅れていたらアウトでした。



自分が1994番だったのですが最終的には2002人だったという報道から本当にぎりぎりだったんだなということだけは伝わるはずです。これでも麻原の初公判の5分の1から6分の1です。当時は裁判の傍聴という行為が面白いものだということを知らなかったから仕方ないです。とりあえず裁判の傍聴は行ったほうがいいです。

・性犯罪者はある意味でプレイだ
・自分はこの場所に立ちたくないということを感じさせてくれる

という部分において1回は行ったほうがいいです。もっとも民事の「サラ金関係」あるいは刑事の「覚せい剤・大麻」は頻出で面白くないからスルーで、民事の離婚か刑事の覚せい剤・大麻以外を選んでいくのが面白いかと思います。もっとも女性の場合だと思わぬ面白さにあたる可能性はありますので名前をチェックしてください。

過去には「夜の仕事をしていて昼は寝ている人がさお竹のスピーカーがうるさくてぼこした」とか「盗み癖がひどい人が生活苦のあまりパチンコ店で携帯電話を盗んだ」とか「12歳くらいのオンナノコに欲情して何かしでかした」なんて事件を傍聴したことがあります。最後は「インターネットのロリサイトをめぐっては自慰行為」などなど暴露されています。それも自分のことを知らない第三者の前で。二人目の盗み癖がひといやつも結構ひどかったですね~。裁判中に泣いちゃったけど徳光和夫の涙と同じレベルで説得力皆無でした。

携帯電話に関しては盗まれたりなくしたりした場合に失うものって結構Pricelessなものが多いですけど、被害額を算定する段階でそのPricelessな部分はまったく反映されてないのでご注意ください。つまり保険はPricelessなものは保証できないものだという想定の下で日ごろから行動するよう心がけましょう。パソコンのデータについても他人からしたら知ったことではないものであるという認識の下で行動する必要があるということです。

とずいぶん横道にそれましたが、こんなにも人がいました。



人の数からすると大体東京地検を半周したくらいかなと。要は敷地内と周辺とで分けられたので結果としてそれくらいになっているんじゃないかと。それで抽選の結果ですが、

落選でした

パソコンを使って公正に抽選したとのことで、一番最初の番号が44、一番最後の番号が1988でした。というわけで1番に5時過ぎに来た人は落選でした。このシステムを見越して9時前に行くという判断そのものはあっていましたが、引き当てられなかったのは悔しいですね。

外れたのがわかってとぼとぼと戻ると報道関係の人が封筒を何通か持っているんですよね~。それを見ると妙に悔しくなりました。とはいっても61の傍聴券を2002人が争ったわけだから1941人はハズレだったわけで倍率は33倍だった(しかも努力や能力で変えられない)というのを考えるとそりゃあ無理だわなぁ・・・。

助けてくれい

今日は単なる愚痴です。

実は自分のPC買ったのが20世紀です。未だにUSBは1.1です。それに外付けHDDをつないでそこにファイル、メール、Targetのデータを保存しています。ですけど自分の中で一念発起してこれじゃあいけないってことで

USB2.0にしよう

と思い立ちめんどくさいのですがPCの箱を開けることに。その際ついでだからということでLANアダプタも新たに取り付けました。その理由は、

・実は今までUSB-LANでつないでいて貴重なUSBポートを独占していた(ハブでは使えない仕様なので)
・実はノートPCのLANは壊れていて修理すると10000円かかるのでほったらかしている
・実はノートPCと有線LANを繋いでいたPCカードを実家においてきてしまった(接触が悪くなっていたのでどちらにしろやばいが)
・できればノートPCにUSB2.0カードをつけようと思っている

という流れの中で「USB-LANをノートPCにまわそう」という発想でスタートしたのですが、どうにもうまくいきません。現在メインのPCがネットにつながらないという状態です。というか「http://192.168.1.1/」と入力してもつながらないのでLANアダプタの問題か設定の問題かの二者択一であることは確定なのですが(ケーブルはついさっきまで使っていたものなのでその不良は考えづらい)、どうにも分からなくていらだっているので、部屋に眠っている別のLANアダプタにしてやれってことでそのドライバをダウンロードしにネットカフェに来て現在これを書いています。

さすがにここまで来るとPCを買い換えた方がいいのかなぁ?不安になってきます。メインPCなんて元々Pen3の500をゲタはかせてCeleron1.3にしたものですから。動画とかやっぱりきついんだよなぁ。こないだ修士時代の同期と話したのですがPCの進歩には隔世の感が本当にあります。

・ネット接続は28800のアナログ接続→57600のアナログ接続・テレホーダイ→ISDN→ADSLと一通り経験してきた(テレホーダイとは夜11時から朝7時は電話料金一定で繋ぎ放題のサービス。11時ごろプロバイダにつなぐのがなかなかのバトルでした)
・バックアップ・データ運びもフロッピー→MO→CD→USBメモリと一通り経験(大容量ファイルをフロッピーに分割なんてこともやったなぁ・・・)
・初めて買ったMacなんてHDD800MB、CPU75MHzでした。今からは本当に考えられない速度です。

当然トラブルは自力で全て解決してきたので今回もがんばります。最悪の場合はPCトラブル訪問対応なんてことでも出来そうな気がして自分で自分が怖いです。

あとはネットカフェでMovable Typeの3.32もダウンロードしてきました。何とか「最近のコメント」を表示できるといいのですが・・・。原因はエントリー数の増えすぎでいろいろと負担がかかっているからなので、SQLiteが使えるサーバに引越しした方がいいのかもしれませんが、何かと面倒なのでまだやっていません。移行は面倒なのでできればパルフェネットさんでSQLite使えるようにしてほしいです。

というわけで今日はPCに関することを愚痴ってみました。

名古屋バトン

「東京で食べられる名古屋フード」を調べている際にネットで見つけたのでやってみます。ちなみに東京で食べられる名古屋フードは大部分は制覇し残りは居酒屋系が中心になっています。可能な限り居酒屋じゃない昼でも食べられる東京で食べられる名古屋フードを探しています。何か情報をご存知の方はよろしくです。mixiにも載せたのですが要は手抜きってことで。

Q1.名古屋に行ったことがありますか?それとも現在住んでいますか?
生まれてから大学卒業まで住んでいました。小学校入学と同時に住みはじめた愛知県春日井市は名古屋市と隣接しているってことで・・・。
→幼稚園卒園までは名古屋市中川区でそれ以降は愛知県春日井市に引っ越しました。そして大学卒業後に東京に出てきましたが、住民票に関しては21世紀になって東京に移しました。名古屋の人は「名古屋市内」と「名古屋市外」にカテゴライズする傾向があります。

Q2.名古屋で一番好きな場所は?
徳川園からナゴヤドームにかけての一帯。
→やっぱり高校3年間を過ごした場所ですから、ここに来ると何か落ち着くんですよね。最近行ったらアカバネショッピもつぶれてしまっていて妙に寂しかったです。

Q3.名古屋料理で何が好きですか?
守口漬と鬼まんじゅうを除けばみんな大好きです
→本当にこの二つだけは名古屋名物といわれるものの中でも無理なんです。

Q4.名古屋と言ったら?
夏暑く、冬寒い。
→夏の厚さはウェッティですし、冬の寒さは風が強いので本当にきついです。

Q5.名古屋の有名人と言えば?
・矢野きよ実-元だんなは元中日・西武の前原博之。
・つボイノリオ-名曲「金太の大冒険」「名古屋はええよ、やっとかめ」を歌い、月曜日から金曜日の朝9時からは「朝にこんなのええんか!」という突っ込みの入るラジオ番組をCBCラジオで放送しています。
・ベルリッツ鈴木-昔5時SATマガジンに出ていた中部大生。何かネーミングとともに印象に残っている。
・段田男-角刈りの彼を見たのは5時SATマガジンでのローカルスターベスト10でデビュー曲「玄界灘」を歌ったときだけです。名前がとにかく強烈でした(若い人は知らないかもしれませんが読み方は「だんだだん」です)。ちなみに彼は三好の人だそうです。今でも自分の中では玄界灘=段田男です。
・藤王康晴-深夜のコンビニで店員に暴行を加え逮捕された元中日・日本ハムの選手。暴行の理由が「俺の目の前で掃除をしていたのが気に入らん」という実にしょぼい理由。若い店員は「中日の藤王だ」といっても「誰だこいつ」としか思わなかったそう。飲みに行ってけんかになって歯を折られたなんてことも現役時代にはありました。
安穂野香-名古屋で有名なセーラー服おじさん。

Q6.名古屋の好きなところ。
食い物がうまく、全体にコンパクトなところ。ラブちぇんを流しているところ。東京に比べて物価が安いところ。未来の首都なところ。
→本当に実家に帰ってくると東京って物価が高いなぁというのは感じます。チャーシュー麺は800円ですから100円から200円は安いです。最後は名曲「名古屋はええよやっとかめ」のフレーズです。名古屋は本当にコンパクトで「1時間かけて通勤通学」というのは「かなり遠い人」扱いになります。

Q7.嫌いなところ。
夏暑く、冬寒いところ。地下鉄料金が高いところ。車を持っていない人に優しくないところ。中日球団の存在。
→地下鉄料金は高いなぁとは思うのですが、福岡も京都も大阪も高かったしこんなもんかなと。観光の際には1日乗車券は必須ですね。あとは車を持っていない人には何かと優しくないです。もっともこれは厳密な意味で名古屋ではなく、春日井に住んでいるからかもしれませんが。

Q8.名古屋で遊ぶといえばどこ?
栄、名駅、今池
→まぁここらへんだろうねぇ。

Q9.名古屋名物といえば?
味噌カツ、味噌煮込みうどん、あんかけスパ、鶏肉料理、台湾ラーメン、ころうどん、カレーうどん、手羽先、きしめん、薬膳ラーメン、スガキヤラーメンなどが一般的ですが、実は

マウンテンと大丸

この二軒は全国の中でも代替する店舗は見つかりません。ここでしか味わえない強烈さがあります。ぜひとも名古屋にきてこの二軒を味わってください。

Q10.名古屋で有名なピンギャンを知っている?
知りません。ピーかんテレビなら知っています。ってネット検索で調べても何かわかりませんでした。

Q11.あなたが知ってる名古屋人で一番はじけてる3人書いてください。
・安穂野香-セーラー服を着たおじさんが歌を歌うのは十分はじけているでしょう
・イマースカタン(日本人じゃないけど)-女子大広路にある「ら・けいこ」の若い女性店員
・藤王康晴-深夜のコンビニで店員をぼこして逮捕されるのは十分はじけているでしょう

Q12.ななちゃん人形ってなに?
名駅メルサ前にあるでっかい人形

Q13.栄派?名駅派?
大学時代は栄派だったけど、21世紀になって名駅派
→単純に名駅のほうが電車で1本で安くいけるからです。

Q14.名古屋は好き?
愛してます。帰りたいです。二郎がないという以外は問題ありません。だけど中日球団は嫌い。
→むしろ東京に出てから名古屋を好きになりましたね。

Q15.名古屋について一言!
名古屋に行くときには予習してから行くようにしよう。
正直観光地めぐりの魅力はありません。ひたすら食いましょう。
歴史好きな人だと徳川美術館はありかも。

Q16.バトンを回す人は?
名古屋に対して物申したいことのあるひとはぜひ。

オツオリ選手死去

こないだ何気なくスポーツ新聞のサイトを見ていたら、

オツオリ選手死去

というのを見てびっくりしました。オツオリ選手といえば山梨学院大学の駅伝ランナーとして活躍した人です。当時大学1年生だった1989年正月にエリートランナーが集まる二区でいきなり区間賞の快走。その後も2年生、3年生と連続区間賞の快走。4年生のときは区間賞は取れなかったもののそれなりの走り。実際に山梨学院大学を初優勝に導く走りをしました。世の中的にはこの瞬間で一橋大学よりも山梨学院大学のほうが有名になったのかもしれません。もともとオツオリ選手というのは実は、

箱根の歴史の中で初めての外国人ランナー

なんです。1年生の頃は他のメンバーがそろっていなかったのでオツオリ選手が二区で区間賞をとっても予選落ちという状況だったのですが、4年生の時には区間賞は取れなかったものの優勝ということになりました。

今でこそ箱根駅伝には多くの外国人選手が走っていますが、第一号はオツオリ選手です。その時点で価値は無限大と言ってもいいくらいです。日テレが箱根駅伝完全中継を始めたのが昭和62年(1987年)でその2年後にオツオリ選手が初出場をしたわけです。逆にいえば正月にテレビで箱根駅伝を見るという習慣はまだ20年くらいしかないということです。箱根駅伝は正月2.3の朝から昼にかけての中継ですが、この時間帯は他に面白い番組がないこともあってついつい見ちゃうわけですが、実家で姉貴と見ているとこんな言葉が出ます。

黒人選手が走っていると「オツオリ?」

普段全く興味関心のない人でさえ「オツオリ」という単語は認知されています。黒人選手=オツオリくらいの意識です。「もういいオッサンだよ」という気持ちはあるのですが、それでも「オツオリ」という単語は出てきます。大学側としても

・願書提出直前に学校名が連呼される
・駅伝をすると生活がストイックになるので不祥事は起きない
・既存の施設で強化可能

というメリットがあるので駅伝強化にいそしむところは多いです。それもすべては山梨学院大学がオツオリを使ったことから他の大学も気づいたことです。大げさな言い方をすれば、

現在の箱根駅伝の流れを作ったのはオツオリ

なんです。実際に外国人ランナーを擁する大学はオツオリ以後本当に増えましたし、大学としても「箱根駅伝はおいしい」というわけで戦略的に狙うべき駅伝へと転化しました。それもオツオリ選手が作ったことです。この時点でフロンティアとしての価値はあります。大学卒業後はトヨタ自動車で活躍するも一旦ケニアに帰国。ところが2004年に戻ってきて重川材木店に入社することとなりました。そこの陸上部のヘッドコーチを兼ねながら、大工の仕事を学ぶというまさしくWin-to-Winの関係を築いていったわけです。

そして現在進行形で重川材木店の仕事をしながらケニアに帰省していた際に交通事故でお亡くなりになったというわけです。正月を4年間楽しませてくれた人ですし、本当にびっくりしました。人が死んでビックリしたランクをつけると間違いなく10位までには入ります。

心よりご冥福を申し上げます。と同時に今年の箱根駅伝の山梨学院大学の走りにも注目したいです。

ラブちぇんの収録にいってきました

8/31ですがラブちぇんの収録に行ってきました。先週の放送を見たあとで勢いに乗ってラブちぇんのサイトにアクセスし、「東京収録のお知らせ」なんていうのがあったから勢いで申し込んじゃいました。

すると29日に松戸で二郎を食っている最中にいきなり携帯にかかってきて観覧OKとのことになったので当日夕方5時15分にアークヒルズ前のカラヤン広場にこいというから行ってみたら誰もいませんでした。いったいどういうことだ?と建物の入り口の警備員さんに聞いていろいろとたらいまわしにされたのですが、本当にどうにもわからないという状況だったのですが、その原因がようやくわかりました。

観覧希望が自分ひとりしかいなかったんです

なので1対1でカラヤン広場で待ち合わせしようとしたみたいだったんです。見ず知らずの人と看板もなしで待ち合わせをするのは無理です。せめて何色の服を着ていくとかそういう情報がほしいです。そんなわけで自分以外はみんな女性でこの段階で半端なく居心地が悪いのですが、

その人たちはみんな○○○

だったんです。ってよくよく考えてみると東京は放送エリアじゃないから人集めるにはしょうがないでしょう。実際番組の内容を知らないっていう人がほとんどでした。不満に思う反面、「お前らこの番組を知らないなんて不幸だな」というわけのわかんないしょぼい優越感に浸りました。そりゃあわざわざ東京まで収録に行くやつなんていないわなぁ。たまたま名古屋に帰っていて翌週には東京にいるなんて偶然がない限り無理だし、後もうひとつは

収録時間が夕方5時過ぎから夜10時まで

というまっとうな人生を歩んでいる方にはまず無理な時間帯。そりゃあ観覧希望の野郎は自分ひとりだけですよ~。そんなわけで本当に居心地悪く収録まで待っていたのですが、収録が始まってしまえばそんなの吹き飛びました。面白かったですし、次回の観覧希望もしちゃいました。

・友近は生で見ても結構太い
・アナウンサーのきつい突っ込みはカンペによるもの

というのはわかりました。2本分の収録(名古屋では9/14と9/21放送)を見終わった後の女の子の雑談でも「内容すごかったね~」なんて声が渦巻いていました。やっぱり東京じゃ放送は無理なのかなぁ?

最初のころのラブちぇんは「バカだなぁ」くらいで済んでいてかわいいものだったのですが、最近は「こいつまじうざい」ってな感じで見ていていらだつ度合いが増えてきています。何かそろそろ若干ほのぼのとした路線に戻ってほしい気もします。

とりあえず9/21の放送分については女の子がすごいので見るべきですね。書きちゃいたいけど書いたらネタばれだからなぁ。9/14の放送分についてはゲストの暴走がすごいですのでこれまた見るべきです。

オリンピック関係

こないだ2016年オリンピックの日本の立候補地が東京に決まりました。福岡との一騎打ちだったのですが、

直前で福岡市の職員が飲酒運転で事故を起こし3人を死亡させた

なんてことがあったわけです。そりゃああかんやろ!自分の所属しているところが一生懸命何かを得ようというときにメンバーの不祥事でイメージダウンをさせてしまっているわけですから。正直なところこの件が今回のオリンピック立候補地の決定の際に影響がなかったとは到底思えません。普段以上にちゃんとしなきゃいけないときに「職員がちゃんとできない」ようじゃ管理能力うんぬんを言われても文句は言えないわなぁ。ちなみに今年の夏は大学時代の同期で某TOBをかけた会社の社員と飲んだのですが、その際に出てきた話しは、

飲酒運転など会社のイメージダウンになることは絶対にするなと念入りにいわれた

とのことです。確かに「○○の社員がなにかしでかした」というと○○全体のイメージが下がりますからねぇ。民間の場合だとこのイメージダウンが株価下落に直結しますから本当にやばいです。そんなわけで「飲酒運転なんてしたら今回のオリンピックの件がやばくなる」とか思わなかったのかなぁ?というのが一番の疑問でした。

とはいえ飲酒運転は1回痛い目にあわないとやめられないのも事実。ニュースであっても所詮は他人事。自分も学生のころ飲酒運転で一発免停を食らったことがありまして、それ以来酒を飲んだときには車を運転しないということを心がけています。(自転車だと破ってしまうこともたまにありますが・・・)正直それまでは「スピードを出さなければ大丈夫」と思っていた部分もありますが、いざ食らうともうだめですね。特に「だいぶ酒が抜けてきた」と感じるときが一番やばいようです。

医学的にはこの状態の時には酒は抜けていません

単純にこの状態に体が慣れただけのことだそうです。これを気づかせる方法は「飲酒運転はどんな状態なのかを知ること」でしょうが、それは「免許更新の際のセンター内で実演させる」しかないのでは?と思います。そこは道路じゃないから道路交通法が及ぶ範囲ではありません。

あとは福岡は「夜遅くまで酒を飲む文化がある」というのはこないだ福岡に行ったときに感じたことですし、福岡在住の方は「福岡は車のマナーが悪い」とよくいいます。となれば飲酒運転をある意味で促進する環境があることは間違いありません。個人的には「出来ることなら福岡に住みたい」と思うくらいにいい街だなぁと思いますし、東京でいまさらオリンピックをやることにメリットは感じられなかったから福岡になればよかったのにと思ったのですが、この出来事も若干絡んだか東京が選ばれてしまいました。

2008年に北京でやるばっかりだし、その8年後に再び東アジアになるのか?と考えると正直厳しいだろうなぁというのが現時点で個人的に思っていることです。にしても名古屋オリンピックやっぱり見たかったなぁ・・・。
Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる