FC2ブログ

謝るって

難しいですね。下手な謝りは火に油を注ぐだけというのが今回よーーーくわかりました。あまりに今回の永田議員の謝罪はひどかったですし、民主党の対応も輪をかけてひどかったです。

今回の永田議員の謝罪は誰に対して何を謝っているのかがさっぱり伝わってきませんでした

あえて言うならば民主党と国会を二週間ほど混迷させたことに対する謝罪でしょうか?意味を考えようとすればするほど難しくなります。きわめて好意的に解釈すれば「武部と堀江の間には何らかの形でズブズブの関係は存在している。自分にはまだ証明はできないけど。」というメッセージだけは伝えたかったということでしょう。ただ荒川静香が帰ってくる日を狙って記者会見をするのは、明らかにうやむやにしようという魂胆が見え見えでそれもどうかと。反省が伝わりにくい対応であることだけは間違いないです。

にしてもあんなくだらないメールで舞い上がって民主党執行部の情けなさというか時代感覚のなさというか松下政経塾の青臭さというかそんなものを感じてしまいました。そりゃあ島さとしでさえも逃げ出すってもんです。自民党みたいな伏魔殿で30年近く生き延びてきたような人を相手にするには今の民主党はあまりにしょぼいです。

しっかし今回のことで自民党は疑惑4点セットから完全逃げ切りを図れましたね~。突込みどころ満載で上手にやれば次期総選挙で逆転さえ可能だったのに、惜しいことをしました。最後の最後まで小泉純一郎っていう人は強運の持ち主だなぁということを改めて感じた次第です。

河村たかしをウォッチしてきて約20年ですが、もしかすると今が一番総理から遠ざかっているのかもしれません。
スポンサーサイト



セキュリティーには気をつけよう

最近「情報流出」というニュースを本当によく見ます。その原因はというと

Winny使用によるウイルス感染

こればっかりです。技術的にはともかくとしてこれの使用目的はというと「何らかの著作権に違反しているものの流通」「何らかの法律(条令)に違反するものの流通」と思われます。そうじゃない人も当然いるとは思いますが、確率の問題から言えばきわめて少ないんじゃないかと思われます。逮捕しようにも線引きが相当難しいくらいでしょう。

しかもWinMXと違って自分が何か提供しなくても気がつけばある程度のファイルを入手できるというツールです。自分も人の子ですので使ったことがないとは言い切りません。なんてゆうかエスカレートしていくのを感じていましたし、Winnyを使っていたPCが具合が悪くなり(断じてウイルス感染によるものではないです)、ネットにつながらなくなったこともあってやめました。いざやめると別に平気ですね。

実はWinny起動中限定で感染するウイルスがあります。それはPC内のファイルを勝手にWinnyのルートに乗せるというものらしいです。普通にウイルス対策ソフトを入れていれば回避できる(はずの)ものですが、しっかりと入れていないのか?Winny使用中に感染してしまい個人情報の入っているファイルを流出させてしまっているわけです。それも教師とか自衛官とか刑務官といった公務員連中までが。突っ込みどころとしては、

・というかWinnyを使って何を入手しようとしていたの?
・WinnyはWinny専用PCを入れてそこでやるべきじゃないの?
・ってかちゃんとウイルスソフトをしっかり入れておけよ
・自分の仕事をしっかり自覚しろよ

情報を流出させてしまったこともさることながら、その先生のあだ名は絶対に「変態」になってしまうんだろうなぁ。少なくとも自分だったらそう呼びます。なんか気の毒になってきました。

ちなみにこないだネットゲームにはまっている義理の兄貴が「ウイルスソフトなんて入れてないよ」なんていってました。怖いです。実際最近PCが壊れたみたいですが、これとは関係あるのでしょうか?

いずれにしても今回の件でわかることは

世の中は想像以上にセキュリティーへの認識が甘い

ってことですねぇ~。少なくともWinnyを使う人とメールを使う人とやばいサイトに行く人とネットゲームをやる人はしっかりとセキュリティーをしてほしいものです。

トリノオリンピック終了

トリノオリンピックが終わりました。日本のメダルは荒川選手の金1個でした。年始の段階では6なんて予想してしまって穴があったら入りたいくらい予想を誤りました。今回の感想をだらだらと。素人がテレビで見て思ったくらいのことをつらつらとです。テレビを見た素人はこう感じたということです。別にわかっているとかそんなことは一切ありません。

スノーボードハープパイプ

これは男女とも「転倒しないで自分の技をこなしていてもあかんかっただろうなぁ」という感想を持ちました。身体能力がもうメダルを取った選手とは2枚も3枚も違うというか。やっぱりスノーボードという競技自体が「日本では」遊びの延長線上にあるのを感じました。自分を大きく見せようとするときには「どこか不安があるとき」なんだなというのを今回の面々の行動+結果から再確認しました。

スピードスケート

500mも含め終盤明らかにばてている人が多かったです。今回の氷はここ数回の高速リンクじゃなかったようです。力のいる馬場になるとからっきしの馬がいるように、力のいる氷になるとからっきしだったようです。スタミナの育成が今後の課題かと。及川選手の頑張りとインタビューが今大会数少ないいい材料だったと思います。

それにしても長野の代表だった人が今でも出られるというのは「層が薄いなぁ」というのを実感せざるをえません。やっぱり北海道・長野といったところの経済状況が今ひとつ芳しくない影響が出たのでしょうか?

ジャンプ・複合

アジア人の台頭に対しては「アジア人の不利になるようなルール変更」で対応してくる競技です。ルールを変えさせるか、それに対応できるようにするかの必要はありでしょう。ジャンプ自体が練習できる場所も限られる+そもそも子供の頃から出会える環境にある人が少ないということから底辺が拡大しないんでしょう。今でも原田が代表であること、そのことそのものが層の薄さを如実に反映しているように感じます。スピードスケート同様北海道・長野の経済状況が今ひとつというのも活動場所の制限ということからも厳しくなっているんでしょう。

モーグル

突発的なアクシデントが多い競技だなぁというのがまずは第一印象。上村愛子は自らができることをしっかりとこなしていてあの結果というのは「力の差」なんでしょうねぇ。ちなみに上村愛子の声は好きです。割と低い声のオンナノコって好きなんで。いずれにしても国内から上村・里谷を脅かすような選手が出てくれないと今後国内での発展性がどうかと。いっそのことアルペンスキーも含めて「滑走禁止エリア」をなくするくらいにしちゃわないとあかんかなというのは感じます。

ショートトラック

こんなに転倒とアクシデントによって結果が変わる競技がオリンピックの正式種目でいいのか?というのが正直なところの第一印象。

カーリング

間口が広くてそれでいて奥が深い競技。あの履くのって結構身体能力も必要というのが27日のオリンピック総括のテレビでわかったのが収穫です。長期にわたって行われたというのも普及の観点からすればよかったかも。

全体的な印象としては週刊文春の堀井さんのパクリですけど、

相手の失敗を願いながら結果を待つ

という特性がある競技が多く何か見ていてものすごく重たい気持ちになるものが多かったですね。あとはやっぱり冬のスポーツは環境面と資金面から誰でもできるというわけではないから、どうしても層が欧米ほど厚くならないというのは致命傷ですね。そう考えると今回の結果は日本の現状をいろんな意味で浮き彫りにしたのかなと。あとは、

松岡修造の暴れぶりが目立ちませんでした

現地にいたらそうでもないのかもしれませんですが、何かずいぶんと目立ってないなぁというのが印象でした。何か物足りなかったですねぇ。

リアルな2月25日

自分の場合は指定校推薦で大学に入ったので関係ないのですが、2/25といえば国公立大学の二次試験の日なんですよね~。mixiにある「今日を三語で簡潔に」というコミュを参考にこの日はどんなすごし方をしたのかを書いてみますと、

・26Day参加
・馬券撃沈
・酔っ払い

それぞれ何をしたかといえば、

→上野毛二郎でハバネロ食べました
→上野毛から戻ったWINS渋谷でアーリントンカップのメイショウフウライ絡みの馬券を買い撃沈
→渋谷から赤羽に移動し、立ち飲み屋で昼間から酔っ払いました

という本当にだめな一日を過ごしたわけです。この日大学受験をされた方々、本当にごめんなさい。

でも何か三語で一日を語るというのも面白いのでネタを埋めるのに困る日に使うかも。

荒川静香

金メダルおめでとうございます。8年前の長野五輪で13位だった高校生が8年後には金メダリストです。そう考えると、

選手を派遣することそのものにも意味があるんだよなぁ

というのは感じますね。「どうせ結果が出ない種目なんだから派遣するだけ税金の無駄」みたいなことを言いたくなりますが、その経験が蓄積となり将来の成果につながるんですね。

イナバウアーも今年の流行語大賞の候補にあがることでしょう。数ヶ月前は「一番無駄なのはイナバウアー」なんて言っていたのが「荒川静香=イナバウアー」くらいのキャラ設定ができたわけですからよかったですねぇ。また彼女のルックスも「西洋人が考える東洋人」にマッチしていて、それがまた好印象だったと思います。金芽米も相当問い合わせ殺到しているみたいです。

4位の村主選手はあの幸薄そう感が自分の中ではスマッシュヒットで銅メダルあってもいいかなぁ?と思ったのですが、派手な技がなかったのが響いたのか意外と得点が伸びなかったようです。

後の一人は自分の中では「ミキティ=藤本美貴」のためどうも釈然としない何かがありますし、やっぱり2年前とは明らかに体型変化しているのが響いたようです。スポンサーの都合上(+マスコミの盛り上げ上)彼女が代表になったとは思うのですが、個人的には中野友加里のほうを見てみたかった気がします。フリーなんて演技の途中でばてているしいろんな意味でまだまだだなというのを感じてしまいました。オリンピック前からこうなることが見えていた部分も正直ありましたし。逆にピークを過ぎた?とも考えられますが。

浅田真央は4年後を目指すとは言っていますが、今回のこの人のように急な体型変化が来ることもありえます。ましては姉の浅田舞が芸能活動を並行していることで連盟の方々は浅田家に対してよくない印象を持っているかもしれません。やっぱりピークの時に出られないと厳しいよなとは思います。そういう意味で浅田真央は見ておきたかったなぁと思います。

それにしても金メダルかぁ。すごいなぁ。プロスケーターになるとした場合に生涯年収に相当の違いがあるんですよねぇ。このスポーツは相当お金がかかると聞くので親御さんも苦労が報われて本当によかったですね。おめでとうございます。

立ち飲み屋

最近生活のだめっぷりに拍車がかかっています。それを実感するのが、

明るい時間の酒量が増えている

ということです。確かに酒は昼間飲むと妙にうまいのですが、どうもそれを最近積極的にやりすぎなのでは?というのを実感します。仕事柄「自分は知らないけど相手は自分を知っている」というケースが増えてきて無茶しづらい部分はあるのですが、そんなことを気にしないような行動が目立ってきています。

実際のところは居酒屋は大抵夕方5時くらいからしか開店しないですから、明るい時間帯にはあんまり飲みようもないのですが、実は飲める場所があります。それが、

立ち飲み屋

と呼ばれるポイントです。客層は98%が「オッサン」という言葉で片付けたくなる面々です。自分は「スーツ」「作業着」のいずれとも乖離しているので「おにいさん」と呼んでもらえることが多いのですが、ここに入れば立派なオッサンです。特徴的なことは言えば

・その都度精算(ワンショットバーと同じ)
・モノの値段が安い
・注文のタイミングがとにかく難しい
・昼間にはすでに開店している

ってことでしょうか?やっぱりその都度精算というのは酒飲みにとっては「後でぞっとすることがない」「つぶれないようにしないといけないという意識付けができる」という部分でとってもありがたい仕組みです。こないだも昼間からこの立ち飲み屋でさんざん飲んだくれてしまいました。どれくらい飲んだかというと、

夜7時に帰って30分後に寝て、夜12時に目がさめたら二日酔い

なんてことになってました。本当に踊るダメ人間(by「筋肉少女帯」)です。やっぱりホッピーを頼んだら「焼酎は最低3回(できれば4.5回)はおかわりしなければならない」とかわけのわからないルールでがんがん飲みまくる構図は何か間違っています。

しかもその日は赤羽の立ち飲み屋(いこい→丸健水産)を2軒はしごしたのですが、両軒とも注文のタイミングには一苦労しましたね。でも安いし、うまいし、なんだかどんどんはまってしまいそうな自分が本当に怖いです。個人的には「名古屋駅3.4番ホーム」にある立ち飲み屋はお勧めです。名古屋に来る際にはぜひ。

先輩と飯を食いに行きました

21日夜の出来事ですが、修士1年の頃に大変お世話になった1学年上の財務省に勤める研究室の先輩と先輩の部下と自分の研究室の後輩と4人で銀座の豆腐料理店に飯を食いに行きました。

先月にここでもネタにしたのですが、先月六本木ヒルズで開かれた財務省主催の「国の財政と未来を考える女性の集い」というイベントに関するお礼の意味合いも込めた行事でした。主催者としては「学生のオンナノコが財政問題をプレゼンしている」というシチュエーションがほしかったらしく、だけど当初の締め切り段階で該当する人から応募がきていないので誰か一人集めてくれと頼まれて、研究室にいるたまたま出身高校が同じだったオンナノコの後輩をいろいろと買収して頼み込んで、それなりに(正直期待以上に)仕事してくれてそのお礼というわけです。単純に「案外目立つのが好き」という校風の延長線上に過ぎないのですが・・・。

自分としてはまったくお礼されることは何一つないのですが、先輩と後輩の間に何一つ接点がなかったので顔をつなぐポジションということで参加しました。とりあえず先に自分と後輩が入ったのですが、店の雰囲気にびっくりしました。少なくとも「飲み会だと5000円はかなり高いなぁ」と感じる自分の金銭感覚では。といっても後日雑誌を読むと、いろんな合コンに参加した女性いわく「官僚は新橋あたりだけど業界人だと赤坂とかだからそっちのほうがいい」みたいな記事を読んで己を恥じた次第です。

後で先輩が来て「先輩の部下って年などはいくつ?」と聞くと「厚生労働省の4年目で出向」というのですが、

その年度ってうちの研究室から2人入っている

ということもあり、精神的にかなり安心しました。実際後になってその人がきて話を聞くとビンゴで二人とも元気に仕事をしているようです。うち一人はでき婚をしたという話も聞いていたので、妙な共有感をもててうれしかったですねぇ。

いっしょにいたオンナノコのあまりにもの直球振りやら、仕事で朝帰りかと思いきや実は麻雀だったため嫁さんに1日口を聞いてもらえず謝り倒した先輩(付き合っている頃から尻にしかれていたのですが)のエピソードやら、財務省はタクシーを使う頻度をとある手段を使うことで減らしていることやらいろんな話を聞かせてもらってとっても楽しいひと時を過ごしました。そのオンナノコに言うとするならば、

あの直球が許されるのはせいぜい27歳までです

若いっていいなぁと改めて感じた夜でした。食べ物については、

湯葉の刺身ってむちゃくちゃうまい

ってことでしょうか?先輩の部下が仕事上遅れてきたこともあって、コース料理の時間のずれもあったことから「ずれを調整する間にお代わりいかがですか?」ということでありがたく頂戴し、それがまたたまらなくうまかったということです。

この夜はそのオンナノコの言動を見るにつけ「やっぱり同じ学校を出ているんだなぁ」というなんともいえない共有感を感じてしまった次第です。変に度胸が据わっているところとか、世の中何とかなると思っているところとか、場の流れに乗って上の人間に対しても突っ込まないと損と思っているところとか。

気がつけば11時半くらいまで盛り上がってしまいました。自分以外のほかの方のいろんな気配りに改めて感謝です。

遺伝

チョット前に愛のエプロンのバレンタイン特集を見ていて永井大に「私の愛を受け取って」みたいなコンセプトでやってました。おいしいのを作った子に対して「OK」みたいな感じでジェット波越みたく親指を立てていたら彼は親指の第一関節が曲がっていたんですね。ちなみに自分はまっすぐです。ちなみにうちの母親も曲がっています。「確か親指の第一関節って遺伝で決まるよな?」ということを思い出したので、ちょっと遺伝について簡単に調べてみましょう。あくまで知識レベルは高校1年での生物(センター試験では選択しませんでした)にとどまっているということだけはご了承ください。

性別

X染色体とY染色体があってX染色体とX染色体ならオンナノコ、X染色体とY染色体ならオトコノコという風に決まります。天皇制度を論じる際に「Y遺伝子」うんぬんが出てきますが、それは

Y染色体はオトコにしか存在しえない

という性格によります。なので男系のみがY遺伝子を受け継いでいくというのを男系維持の人は主張しているわけです。時代に合うかどうかはなんともいえませんが、今まで本当に続いてきていたのなら途絶えさすのはもったいないよなぁって単純に思います。

血液型

A.B.Oから任意に二つあわせたものが血液型になります。なお強さのランクはA=B>Oという関係になります。そんなわけで「A型はAAとAO」「B型はBBとBO」「AB型はAB」「O型はOO」という組み合わせになります。そして遺伝の際には父から一つ、母から一つ受け継ぐわけですので確実にいえることは、

親のどちらかがO型の場合はAB型はうまれるはずがない

ということです。自分はB型ですが、父はAで母はBであることからより細かく見るとBOであることは確定です。

メンデルの劣性遺伝

今回の親指も実はこの範疇の一つになります。あるものの性質に関してAという構成要素とaという構成要素から成り立ち、この二つを任意に組み合わせることで性質が決まります。AA.Aa.aaという場合に、AAとAaならばAの性質が、aaならばaの性質がでるというものです。aaのみがでる性質のものを「劣性遺伝」というみたいです。劣っているとかそういう意味ではないので注意が必要です。

そして遺伝の際には血液型と同様に父親から1個母親から1個受け継ぐことになります。つまり父も母もAの性質を有していたとしても両者ともAaならば子供はaの性質を有する可能性があるということです。

有名なところでは耳垢です。ウェットな耳垢が上で言うとAの性質で乾燥した耳垢がaの性質です。あとは教科書的なところだと

・舌(巻ければ優性。巻けないと劣性)
・髪の形状(ウェーブが優性。直毛が劣性)
・目の色(黒が優性。青色が劣性)
・組み手(左手が上が優性。右手が上が劣性。これについては矛盾した結果が出ているとのこと)
・まぶた(二重が優性。一重が劣性)
・耳たぶ(福耳が優性、平耳が劣性)
・髪の色(黒が優性、赤が劣性。黒、赤、淡色の順に出るみたいです)
・つむじ(右巻きが優性、左巻きが劣性)

これを書き始めた目的である親指については「反らないが優性、反るが劣性」です。これを確認するのに30分くらいかかりました。もう疲れましたのでこの辺にしておきますが、つい最近奈良先端科学技術大学院の高山誠司という人がこれを生じる仕組みの一端を見つけたとのこと。すごいですねぇ。

劉亦菲・神崎瞳・

20日分のテキストですが、書いているのは23日夜です。この種目でメダルが取れないとまずメダルゼロとなる女子フィギュアフリーを控えた時間帯です。知らない間に美を競い合う競技というよりはジャンプの成功を競い合う競技になっていささか辟易気味であります。とはいってもなんだかんだ見るための努力はするのですが・・・。

さて、久々の迷惑メールシリーズ。さすがに大きなカテゴライズをするともはや出尽くした感はあるのですが、久々の大物「フェ○○○占い」の竹下さんにはレスをつけてみてその後どう続くのか?というのをやってみたのですが、返ってきません。がっかりです。ですけど今回こんな国際色豊かなメールが届きました。

----------
差出アドレス:Taniguchi (qcmxngfmziivpn@msn.com)
件名:Re:GreetingMail
本文:はじめまして。
私は劉亦菲です。
私は中国で女優を辞めました。
今私は仕事を運営しています。
今年日本で新しい仕事をする為に向かいます。
日本の知る為勉強を頑張っています。
日本であなたの知っていることを教えて下さい。
私は今日本語の勉強をしています。
ここで沢山の人と話して友達作りたいです。

http://www.deaikoubou4.com/?num=yelifay
------------

いやぁ国際色豊かです。中国の方からです。仕事を運営というたどたどしさが本物くささを漂わせています。なかなか考えましたね。ただ前の行で「運営する」と書いているのに「仕事をする」という表現になっているのがちょっと惜しまれます。自分でよければ何か役に立ちたいですね、中国で女優をされていたということは相当きれいだということですから。続いてはどっかで見覚えのある名前の方から。

-------------
差出アドレス:神崎瞳 (eye-kanzaki@hotmail.com)
件名:平日の夜会いましょう(*^^*)
本文:最近ストレス溜まって困っちゃう。
仕事ばっかりでストレスで死にそう(x_x)
盛り上がる人と飲み行ってパーっとしたい
平日の夜なら大体都合を合わせる事出来ます!!
仕事が終わってそのまま気楽に会ったりしたいな~♪
http://hoooney.com/IR/

おっとそうそう自己紹介ね!
横浜の某航空機部品製造メーカーで働く、
入社2年目の22歳事務OLです。 <-長い。。。
見た目は菅野美穂を一般人にした感じ <-どんなだ!!
スタイルは逢った時のお楽しみです。ハイ~♪
こんな(どんな)私ですが、
よろしければ遊んでやってください
----------

神崎瞳って「青空」に出ていた野球部のマネージャーです。たまにマンガ喫茶で読みますね、青空。そこから引っ張ってきたのでしょうか?あとは eye-kanzakiというメアドもなかなか考えているなとちょっと感心。ただオッサンの感覚としては「横浜の某航空機部品製造メーカーで働く、入社2年目の22歳事務OLです。 <-長い。。。」という文章の「長い」というのが何を意味するのかが良くわかりません。ってか2年だったらまだまだ若手でしょうに。(引用のため全角数字をそのまま使いました)

ちなみに最近自分は見た目は「徳光和夫」とか「竹山隆範」とか「琴光喜」とか言われています。この三者って共通の傾向はあるのでしょうか?

地雷踏んじゃいましたね~

気になるニュースをいくつか。

Macでウイルス発見

今までは「ユーザーが少ないから作るだけ割が悪い」という理由もあってか、あまりウイルスに対して神経質になることはなかったMacですがついにきちゃいましたね~。OSXからUNIXベースにしたということもあって若干オープンの度合いを増したことからも狙いやすくなったんでしょう。とりあえずこれを見て思ったことは、

Macって盛り返してきていたんだなぁ

ということでしょうか?やっぱり一番最初に使ったのはMacのPerforma6210ですからそれなりにMacに対しても愛着はあります。KinkosでMacしか使えない状況でも何とか操作ができるわけですから便利だなと思います。

永田議員辞職の方向へ

そりゃあそうだろうなぁ。かつて松浪議員の疑惑に突っ込んだ際に「辞めるという形で責任を取るべき」といったあなたですから、今回のことでやめなきゃ筋は通らないでしょう。しっかし攻撃性の強い人は攻撃されると弱いなぁというのを今回改めて実感しました。とりあえずはちゃんとウラを取ってから国会では発言しないといけないでしょう。少なくとも堀江貴文日記を数日分見ていればこれがガセってわかるでしょう。

全角英数は一切使わない上にカンマを入れる

古くからPCを使っていると全角英数ってすわりが悪いんです。特に彼はMac使いでもあったわけですから尚更です。Macって英数の変換が最初半角なんですね。なので「半角で英数は出てくるもの」という思いがあります。というか自分が文章を打つ際のこだわりの一つもそこで絶対に全角英数は使わないというのだけは決めています。多分堀江前社長もそういうこだわりはあって文章を作成したんじゃないかと思います。

他にも宮内氏のことは「社内では宮内ではなく宮内さんと書く」とかもありますし、メールの形式についても古くから「ネチケット」(死語)と称して絶対に最初に名前を名乗るか相手を呼びかけるかをするはずです。しかしそのメールには両方ありませんでした。しかも最後が「@堀江」という使い方ですから尚更ありえません。普通は「名前@所属or地域」みたいな感じで使うはずです。

そういう状況証拠からして疑わしいものなのに、溺れる者はわらをもつかむという感じでつかんじゃいました。確かに経験則からですが

「証拠を出せ!」というときはどこかに証拠がある

わけで武部氏の次男と堀江前社長の間につながりそのものはあるとは思うのですが、あせっちゃいましたねぇ。あせらなければ武部氏なだけに何かうっかり発言が出るのでは?と思ったのに・・・。このままでは疑惑がうやむやになってしまいそうな感じがしています。さらには偽装設計問題とか牛肉輸入問題までうやむやになるのでは?というのも感じます。当然今回のことで民主党の執行部も責任を取らなきゃいけないでしょう。下手すると分裂もありです。そんなわけで間違いなくいえることは、

河村たかしの総理への道はますます遠のいた

ということでしょうか?
Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる