FC2ブログ

名古屋フードネタ

こないだ酔いながらネットサーフィン(死語)をしていたらこんな本の存在を知りました。

206366698.jpg

酔っていた勢いもあり何のためらいもなく購入。それでさっそく読んでみたのですが、

・細かいところでいちいちツボが被る
・絵のタッチがなんか好き

というのではまりましたねぇ。細かいところでいちいちツボが被るのは名古屋で育った人だからこそなのですが、被ったことは何かと言えば

・スガキヤはスガキヤの味。
→関東の人には「青葉や斑鳩はスガキヤを高級にした感じ」と説明するのですが、伝わりません。でも青葉で食べると「構成要素はスガキヤだよな」とは常に感じています。
・高級スガキヤも何店かあるけど、むしろ中途半端な感じ
・どて煮がうまいのは公営競技場
→名古屋競馬場と笠松競馬場でしか食べたことがないけど、確かにうまい
・ひつまぶしはぜいたく品
→純粋な名古屋人は案外食べません。行列している人はほとんどが観光客といっていいです。
・天むすはきゃらぶきがうまい
→きゃらぶきとセットで成立するメニューです。
・きしめんは結局名古屋駅のホーム
→ここか熱田神宮でしかまず食べないですねぇ。名古屋駅のホームは天ぷらメニューを頼まないと意味がありません。
・手羽先とビールの相性は最強
→最強です。手羽先を横にして食べている人を見るとイラっとしてしまいますねぇ。
・味噌煮込みうどんとご飯の相性は最強
→東京の人は炭水化物と炭水化物の組み合わせを過剰に嫌う傾向があるけど、それが理解できないです、今でも。
・あんかけスパのあじはあんかけスパの味
→そうなんですよねぇ。でも苦手な名古屋人もいるというのにむしろ驚きました。
・カレーうどんの油揚げは最強
→自分もそう思っていたのを公言しづらかったのですが、もう公言してもいいのかなと。カレーうどんに乳製品を入れるという関東の店がしている行為は自分にとってはカレーうどんに対する冒涜といっても過言ではありません。
・カレーうどんの残った汁にご飯を入れたい
→入れたいですねぇ、これは。

ただ問題としては

第二巻をできるネタはあるのか?

ってことですねぇ。ものすごく一通り抑えてしまった感ありますから。名古屋の人限定なら思いつくけど、東京の編集者が興味を持ってくれるか?と考えるとどうなんだろう?ちなみに名古屋では明治大学のことは

めいじ

と呼んで区別しています。というか大部分の明治大学の人は自分の大学のことを「めいじ」と言っていると思うのですが、どうでしょう?だったら「明治大学はめいじ」「名古屋大学はめいだい」でいいと思います。ただ京王電鉄が「明大前」という駅を作ったのが問題なだけです。「明治前」にしていれば何の問題もなく過ぎていたはずですから。
スポンサーサイト



テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

第1097回「友達の慰め方は?」

こんにちは!そしてはじめまして!トラックバックテーマ今日より担当することになりました藤本です!初めてなんですが、昨日友達に会ったばっかりでテーマはすぐ思い浮かびました今日のテーマ「友達の慰め方」です皆さんだったら友達が困っているとき何をしてあげますか??私はその子によーく...
FC2 トラックバックテーマ:「友達の慰め方は?」



12/7発売のSPAに「これをやったら即オッサン認定」言動69選なる記事がありまして、友達じゃなく自分のオッサン化現象を確認しようと思います。オッサン認定された自分を以下に慰めるかが今回の趣旨です。

言動編

・あれどうだった?あれだよあれ。 64ポイント
→たまにあるなぁ、とっさに言葉が出ないこと。
・俺、オッサンみたいだよね 55ポイント
→若いノリにあわせようとして痛くなるのとバランスが難しいですねぇ。
・俺、何歳に見える? 50ポイント
→年相応じゃない部分があると言いたくなるせりふかも。
・最近、どう? 33ポイント
→うわぁ、これは単純に言われたくないわ。誰からも。つまらない上に上から目線を感じる。
・「(用事があると)男か?」「(髪を切ると)失恋か?」 51ポイント
→さすがに髪を切って失恋はないと思う。

飲み会編

・女性店員と無駄話 74ポイント
→少なくとも忙しいときにやったらダメでしょ。やっぱり飲食店バイトの経験は必要だよなぁ。店から見ていやな客にならないためにも。
・会話中、共通点があると握手を求める 42ポイント
→そういう人いるわぁ。当事者との距離感しだいだわなぁ。

やっぱりそう考えると飲み会の話題は食い物が一番安全なのかな?というのはなんとなく感じました。そこそこの味で安いかボリュームがあるだったら嫌いな人はいないでしょうから。

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

村上春樹に思いを寄せる

こないだ神戸に行った際に「掬星台」からの夜景をネタにしたのですが、その「掬星台」にたどり着くまでにも結構ネタがあったんだよなというのを紹介しようかと思います。

阪急電鉄の王子公園駅を降りて20分くらいしたところで見つけた建物は

P12102081.jpg P12102091.jpg

自分が大好きだったアイドルの一人南野陽子が通った松蔭女子学院です。本当に駅からの上り坂がきつくて心が折れそうになったんですけど、「南野陽子が好きだったら気合で頑張れ」というので上りました。ちょっと前のテレビで南野陽子がここから堀越学園に転校して卒業したクラスメイトの3人が亡くなっていたというのには衝撃を受けました。岡田有希子と本田美奈子は知っていたのですが、菊地陽子までも亡くなっていたという事実はびっくりでした。

そこからせっかくだからと村上春樹の母校である神戸高校まで歩いてみました。バス停の「神戸高校前」まではすんなりでした。

P12102121.jpg

ですけどそこから正門までたどり着くのがものすごくきつかったです。どれくらいきつかったかと言うと正門から下を見た風景で察してほしいのですが、

P12102261.jpg P12102271.jpg

前者が近いアングルで、後者が遠くを狙ったアングルです。この二つを合わせるとものすごく急な坂であることだけはわかると思います。ちなみに正門+校舎は

P12102211.jpg P12102241.jpg

やっぱり旧制一中らしく趣ある校舎だなと言うのは感じます。と同時に、

マラソンなどをできる体力は高校3年間の通学で養われたのかな

というのも感じました。あの学校に3年間通ったということそのものが体力作りだったんじゃないのかなと思います。ですけど今回の1Q84に関しては、

またあの村上春樹ワールドに入らなきゃならないのかと思うと妙にテンションが上がらないからスルー状態

最初に知ったノルウェイの森で「病的なうそつき」というフレーズが妙に印象に残って、それからいろいろと読んだけどひたすらだるいんですよね。20代前半までならそのだるいのも心地いいんだけど、いまの世代になってそのだるさを同じように楽しめるか?というとそうじゃない気がします。たぶん1Q84もそういうところがあるような感じがするので手を出せていません。書評でもそういう感じのは多いですし。

でも「病的なうそつき」という表現はいろんなところで使えるものであり、それを知らせてくれただけでも村上春樹には感謝せざるをえません。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 小説・文学

第891回「目標のキャラクター」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です! 今日のテーマは「目標のキャラクター」です。 みなさんは、マンガやアニメなどで目標にしているキャラクターっていますか?水谷は【魔女の宅急便】の『ウルスラ』という絵描きの女の子が、目標のキャラクターです。最近は、あまり描いていませんが、水谷も絵を描くのが好きなのでウルスラのように、山にこもって絵を描きたいなぁと思っています。物語の中で、キキがホウキで空...
FC2 トラックバックテーマ:「目標のキャラクター」



自分の中でそういう設定をしている人は

伊藤理佐の「おい!ピータン」に出てくる大森さん

ですねぇ。伊藤理佐という漫画家、「おい!ピータン」というマンガ、その中に出てくる大森さんというのがどれだけ世間的な認知度があるのかは分からないのですが、とにかく伊藤理佐のマンガは無条件に面白いんです。実際自分は友人が結婚して新婚家庭に押し掛けるという局面があると必ずと言っていいほど送る本が

伊藤理佐の「やっちまったよ一戸建て」

なんです。「一戸建てたてられるように頑張れよ」というメッセージも込めているのですが、この本からそれが伝わるかはわかりません。ただ夫婦で伊藤理佐の漫画を読んでもらって好きになってくれたら嬉しいなというのはあります。ちなみにもうちょっと前だと出産直後の夫婦に

桜沢エリカの専業主夫による子育ての本

を贈ったのですが、今は見当たらないので…。桜沢エリカは中学時代に雑誌「宝島」のVOWを楽しく読んでいたころに4コマ漫画を掲載されていたので強く印象に残っているんですよねぇ。「不条理でポン」の蛭子能収とともに。

それはともかくとして自分は本当に伊藤理佐のマンガが好きでして、もっと多くの人に知ってもらいたいと思っているのですが、そうなりうることが2008年におきまして、それは

吉田戦車と結婚

だったのですが、どうやら羊水がとっくに腐っていた40前に妊娠してつい最近女の子を出産されたとのこと。これから先も「できちまったよガキンチョ」みたいな感じでどんどんネタにした欲しいなと思うわけです。と同時に大森さんのキャラ設定はいろんな意味で目指していきたいところであります。

テーマ : 妊娠・出産
ジャンル : 結婚・家庭生活

神のような本

本屋をうろついていたらこんな本を見つけましたので速攻で購入しました。1200円の使い方としては自分としては非常に価値あるものかなと。


ISBN:978-4-904376-07-2

1975年から1990年の4/8-14と10/8-14の東京の新聞のテレビ欄をひたすら載せてそこに毎日分2行と半年分で1ページのコラムが掲載されていて「そうそう」などとツッコミを入れつつ読んでいます。この日は改編期かつスペシャル番組が終了する時期だからまさにマッチしています。ちょうどこの春卒業する学生さんが「テレビ番組と経済状況の関係を卒論で分析したい」という人がいて、まさにこの日のテレビの状況から考えてみれば?とアドバイスをして(というか単純に自分がめんどくさくてその人に押し付けようとしただけですが)みたわけですが、意図せずその成果を自分の中で感じることができるわけです。これを読んでいるわけで、

1ヶ月分ここを持たせることができる

くらいのネタはあります。子供のころからPTAという言葉に強い嫌悪感を示す親の下、好き放題に見させてもらったのもありますので、低俗なのも遠慮なく見ることができた(除く11PM・トゥナイト。時間的な都合で…)のも大きいですね。

いつのにしようか?と思ったところ「春日井に引っ越しした1979年」にしようというのを勝手に決めまして、1979/4/8からです。日曜日なので何かとネタはあります。現在でも放送している番組は、

・のど自慢(NHK)
・遠くへ行きたい(日テレ。時間は当時は10:30から)
・笑点(日テレ。最近30分番組に)
・サザエさん(フジ。これはさすがに不動)
・題名のない音楽会(テレ朝。当時は10:00から)
・新婚さんいらっしゃい(テレ朝。変わらず。制作は朝日放送でしょう)
・パネルクイズアタック25(テレ朝。変わらず。)

と日曜日は結構長寿番組多いです。今は朝7時半から放送されている「遠くへ行きたい」ですが、あのオープニングテーマを前日の夜に寝たまま日テレをつけて目が覚めて聞くと妙に陰鬱な気分になるというか。あのテーマは「旅に行きたい」というテンションを高めないです。

この日出てきた名前・番組で食い付いたのは

1.倉田まり子
→当時はアイドルだったのですが、投資ジャーナルの中江滋樹絡みで立場をなくしました。中江滋樹の麻原彰晃チックな風貌が痛かったのがきついですね。中江滋樹は2006年にも放火事件を起こし逮捕されています。生きていたんだ~というのが一番の感想でした。ちなみに現在はOLを経てから「坪田まり子」という名前で専門学校の講師という形だそうです。

2.ヒントでピント
→この日新番組に近い状況だったそうです。土居まさる司会で男女5人ずつに分かれて象印賞などを争ってました。wikiで調べると1994年9月25日まで放送されてました。この番組が画像を分割してモザイクを使った画像を使ったクイズの始まりだそうです。今でも多々使われている手法と考えると影響力の大きい番組だったことは否定できません。黒沢久雄がインテリイメージがついたのも大きいかと。あとは「浅井慎平と同じ学校です」という言葉を使えるようになったのはこの番組のおかげなんだなと。インテリイメージもセットで。

3.ヤングおー!おー!
→東京でも放送されていたんですね、一応。この番組で明石家さんまが小林繁のピッチングフォームをまねしたのがブレイクのきっかけの一つだったのでは?阪神に小林繁がいたからこそであり、江川⇔小林のトレードで最もメリットがあったのは明石家さんまなのでは?彼にこのトレードについて語ってほしいものです。

これら以外でも「スター誕生」「アップダウンクイズ」「家族対抗歌合戦」「パンチDEデート」「唄子・啓助のおもろい夫婦」「ラブアタック」などなど突っ込みどころ満載の番組がありました。たった1日だけでこんなに無駄に食いついた自分が怖いです。

伊藤理佐スペシャル

12/12は自分にとっては素敵な日でした。それは、

伊藤理佐の漫画が3冊同時発売

だったからです。具体的なタイトルなどはこちら。


ISBN:978-4-16-370910-9


ISBN:978-4-06-364743-3


ISBN:978-4-06-337657-9

3冊合計で2500円です。お塩先生の言葉を借りれば、

伊藤理佐はもっと評価されていい

というのが自分の基本スタンスです。古くからの人はしつこいと思うでしょうが、とにかくそうです。自分の漫画やアニメに対する基本スタンスは

1.絵のタッチは淡いほうが好き
2.設定にリアリティがないのは入れない
3.だけどまったりしすぎなのもいまいち苦手

というものです。今まで誰もが好きなはずの漫画で入れなかったものは何かというのを考えると

1.絵のタッチ問題
→これは北斗の拳です。この漫画については2の問題もあいまってまったくもって興味を持つことはありませんでした。

2.設定問題
→これはこないだ友人夫婦との話になった時に「あんたおかしい」といわれました。「子供なんだからそんなことはいいの!」みたいな感じですね。具体的なタイトルをあげるとガンダム、ドラゴンボール、宮崎アニメ全般、AKIRAなどです。リアルドラマでは「おしん」もそうなりますね~。人気は相当ありましたが、とにかく設定で入れなかったので最後までダメでした。ちなみに評判がいいようなのでマンガ喫茶で読んでみた「NANA」については「ハチが軽率すぎだろう」という部分で入れなかったです。

3.まったり問題
→これはズバリ吉田戦車です。なんかこの人の漫画はタッチといいなんか好きになれないんですよね~。でも伊藤理佐の再婚相手です。

一番上の「おんなの窓」は週刊文春の1コマ漫画とオール読物の「妙齢おねえさん道」をまとめたものです。ここは割と個人的なエピソードで「あるある」みたいなものも多々あります。真ん中の「女のはしょり道」はVOCEに連載されているものです。本屋でこれと辛酸なめ子のを読むためだけに毎月VOCEを立ち読みしているのは結構はずかしいものがあります。感覚としては「ひげそりめんどくさい」に近いのかなと考えながら読んでいます。女の人に言わせると「化粧やおしゃれはひげそりとは手間が全然違うんだよ!」というものかもしれませんが。最後の「おいピータン」は長期連載の漫画で主に食べ物についての「あるあるネタ」があります。日常生活で食べることの優先順位が比較的高い人(自分も当然該当)にはツボに入ることが多々あるのではないかと思います。この漫画に関しては今度帰省した際に恐ろしい実験をしてみることにしようとは思っています。長期連載の中で一番ツボに入ったのは、

デキていく鮨屋

の話です。親方が病気で倒れて一番弟子が切り盛りする際に親方の娘さんと二人でいる際に、お互い憎からず思っているところから徐々にデキていくのを描いた回は相当面白かったですね~。他のももちろん面白いですけど。

というわけで「もっと評価されていい」と思うわけでして、見てみてほしいなと思うわけです。

江頭2:50

ananの好きな男嫌いな男ランキングネタの続きです。好きな男を見ると

ジャニーズが多いんだけど、ジャニーズ内格差も相当ある

というのをまずは感じます。ちなみにジャニーズメンバーで30位以内入りしているのは、SMAP以外では

3位 赤西仁
4位 松本潤
6位 山下智久
8位 岡田准一
11位 亀梨和也
14位 桜井翔
15位 堂本光一
16位 二宮和也
18位 長瀬智也
20位 錦戸亮
21位 生田斗真
23位 滝沢秀明

嵐のグループ内格差は歴然です。投票の時期が例の騒動の時期とかぶったようで大野君はランキング入りした部門は一切なし。相葉君は友達になりたい男1位、カッコ面白い男2位には入っています。いい人どまり感がものすごくでていて相葉君らしいなと。志村どうぶつ園を数回ザッピングした際に見ただけですけど…。

他には堂本剛は当然のように1部門も入っていません。なんか「妙なやさぐれ感」「どこにいこうとしているんだろう?という感じ」「目に見えて顔がむくんできている」とジャニーズらしくなく、忍者で「太ったからジャニーズをやめさせられた」某メンバー(というか名前を思い出せない)をほうふつとさせます。V6は岡田君とそれ以外という位置づけですし、TOKIOも長瀬君とそれ以外になってしまってます。言うまでもなく個別部門のランク入りもなし。このランクを見て

司会、バラエティもこなせるSMAPにとって代わる存在はそりゃあ出ないわ

ということでしょうか?上位にいるジャニーズの若手にしてもセクシー系ばっかりで司会・バラエティもこなしてSMAPにとって代わるという存在ではないですから。なんだかんだ言って第二次ベビーブームの中から勝ち上がった底力を見たような気がします。

一方の嫌いな人部門。

1位 江頭2:50
2位 みのもんた
3位 島田紳助
4位 小島よしお
5位 山里亮太
6位 品川祐
7位 石田純一
8位 梨元勝
9位 山崎邦正
10位 松村邦洋

江頭2:50が3年連続の1位なのですが、嫌いという人の感覚が全く理解できないですね。「1本のレギュラーより1回の伝説」という発言には漢を感じます。これはとりあえず「みんな江頭って書きそうだから私も書いちゃう、本当は嫌いじゃなくてむしろ好きなんだけど…」という心理の表れと思っていますがどうでしょう?もし本当に嫌いな人がいるならば、

浅草橋ヤング用品店の江頭グランブルーを見ろ!

と言いたいです。この江頭2:50は最高にかっこいいです。これを見てかっこいいと思えない人はあり得ないですね。実際にうちの近所のショッピングモールに寺田体育の日と一緒に来たことがあったのですが2回公演の2回とも行ってしまいましたから。とても放送できるような内容じゃなかったけど面白かったですね。と同時に「清水圭もやればできるじゃん」みたいな見方になります。あとは、

江頭ファンが結託して好きな男部門に入れまくるとどうなるんだろう?

という興味はあります。ネットでもあるから田代砲みたいなのを使えば十分可能です。mixiの江頭コミュは40000人います。これだけの人間が動いたら1位取れるでしょう。もっともそうなると抹殺されるんだろうなぁ。

他のランク入りは6位の「おしゃべりクソ野郎」はきましたね~。まさしく「おしゃべりクソ野郎」だからなぁ。妙に鼻につくうんちく芸を極めると来年以降も安定勢力になりそうな感じがします。むしろわからないのは8位の梨元勝。

最近目立ったことを何もしてないのになんでランクインするの?

「とりあえず梨元入れておけ」感が伝わってきます。ちなみに自分が嫌いな男に入れるのならば「美川憲一」「小倉智昭」「品川祐」になります。好きな男は「江頭2:50」「松岡修造」「谷原章介」にします。最後は実際に見たことがあるというただそれだけの理由です。

Sports Music Assenble People

こないだ20代前半の人と「高校時代ネタ」を話していたのですが、

自分たちは1クラス48人だったといったらびっくりされた

わけです。今は少子化の影響もあってか1クラス40人になっていてしかも母校の学園祭のサイトをチェックしたらクラスが1つ少なくなっていました。自分たちの頃は普通科が9クラスだったのが8クラスです。とにかくそれにびっくりしました。という一見関係のないネタふりをしたのは、

高校時代に「アッセンブリー」という生徒会関係の議決を取ったり、もろもろの話し合いをしたり、単に遊んだりという時間が木曜日か金曜日の6時間目にあったんだけど、ほとんど雑談しているかサボって遊びに行ったかのどっちかだったのを思い出したから


年がばれるので嫌なのですが、自分たちの頃は土曜日も半日あったのでこういう時間が結果として割けたのですが、今は土曜日休みなのでないのかも。本来は「集まる」という意味合いですが「サボる」みたいな意味合いで理解しかけた自分がちょっと嫌いです。

実は30日までの5日間連続で東京ドームでSMAPのライブがありました。「清原グッズでも買いに行こう」と東京ドームの野球グッズショップに行ったところ、

女の人がものすごく多かった

わけです。基本的にはラクーア以外のエリアは「キング オブ オヤジスポット」なので土日を筆頭にオヤジ連中しかいないのですが、東京ドームのコンサート次第でいる人の空気は一変します。ものすごくおもしろいです。女の人が多いのはSMAPだけではもちろんないのですが、SMAPならではの特徴といえば、

若干年齢層が高くて、腐女子率がものすごく低い

ということです。25-50歳くらいの人がほとんどでして(要は高校生とか学生っぽい人はいないということ)、服のセンスや髪型のセンスもいい意味で普通です。奇抜なところは狙っていないけど、金をかけて気合いをアピールすることもないというバランスです。会社の一般職にいたらエリート候補と社内恋愛してそのまま結婚に至りそうなタイプとでもいいましょうか?自分とは会話の接点が何一つないだろうというのが確信できるタイプです。もっとも「ナチュラルメイク」みたく「不自然を自然に見せるというのは実は一番気合いが必要」という要素はあるのかもしれませんが・・・。

こないだのananの「好きな男」ランクを見てみてもSMAPは

1位 木村拓哉
5位 中居正広
7位 香取慎吾
10位 草なぎ剛
12位 稲垣吾郎

というわけで森且行を除いては今でも全員15位に入っています。森くんは最初一番人気だったんだよなぁ…。絶対にこの調査はやらせに違いないという確信があったのですが、この日見て「案外本当なのかも?」みたいな思いがありました。その理由としては

1.SMAPのファン層の年齢層は単純に人口が多い
→第二次ベビーブーム世代は成人式の人数が200万人くらいですが、今は100万人くらいといいます。なので今の成人式をターゲットにするよりは単純に第二次ベビーブームを狙うほうがマーケティングとしては合理的です。だからこそR35市場とか大人買い狙いがビジネスとして成立します。

ちなみにananの読者の年齢分布を見ると平均年齢は27歳、年齢構成で25-29歳が36.9%、20-24歳が23.4%、30-34歳が19.1%です。35-39歳になると4.7%だそうです。とはいえ「懐かしむ系の商品が売れる世代」が読者層の中心であることは間違いないです。

2.R35とか大人買い狙いの年齢層は新しいものへの感受性が鈍りつつある
→こないだ「キマグレンを全員が知らない」という事態を経験したわけですが、今のはやりをあまり分からないというかついていけないというかそんな部分があるんじゃないかと。なのでついついSMAPとか福山とかそういう安定的なところを書いてしまうんだなと。

3.美人投票の流れがある
→これはケインズが主張したことですが、「美人コンテストの際には自分が美人と思う人ではなくてみんなが美人と思う人に入れてしまう」という現象があります。中学高校の頃に「誰誰が好き」みたいな話になる時に本当に好きな人を言うよりは「みんながこの人を好きといいそうだから自分も言っておこう。いろんな意味で無難だから」というのはあったと思います。たぶんそれが木村拓哉を筆頭にSMAPメンバーに発生したのかなと。

ちなみにこの投票についてはもう少し思ったことがあるので、それは改めて書こうと思います。

ムカつく本

セブンイレブン版ポケモンスタンプラリーのあと本屋にいったらこんなムカつく本を発見。


ISBN:4093877947

著者名が「TPL(Tokyo Projects of by for Ladies)」というネーミングですが、それさえもいらだちます。自分が「嫌いな女を3人あげろ」といわれると2人この中に含まれてしまいます。(ちなみにKとI)もっとも「嫌いな女を1人あげろ」といわれると含まれませんが。(それはさすがに神田うのですから)ちなみに「嫌いな女を5人あげろ」といわれると3人とも含まれてしまいます。そんな集団です。本当に存在自体が不愉快としか言いようのない集団です。大げさにいえば息をしていることが不愉快なくらいに。

はっきりいってこんな本は紙の無駄遣いであり、それこそ「アンチエコ」といってもいいものです。大学生のテストの際に出るコピー以上に紙の無駄遣いです。出版社が何を考えてこんな無駄遣いをしているのかを聞きたいです。キャンプファイアーの火種にでも使えということでしょうか?ただでさえ暑いのにこんなものを見てしまってさらに暑くなるという悪循環。というわけでしてわかっているとは思いますが、

アンチ小泉チルドレン

なんですね、自分。片山さつきについては「基本的に他人を当てにしていない」という部分で別に嫌いじゃないです。あの高慢ちきな態度も逆に人としてのリアリティを感じてます。でもこの3人には「オヤジ連中の権力を利用しない手はないよね」という態度を感じてイラっとしています。あとは結構トンチンカンな発言も目立ちこれもまたイラっとさせる要因です。言うまでもありませんが、この3人組を「キャンディーズ」とかいって持ち上げているオヤジ連中も同罪です。キャンディーズに対する冒涜です。書いているだけでイラっときた。まじで全員次の選挙で落ちないかなぁ。

肉食動物

貧乏人御用達の雑誌のフリーペーパーにR25というのがあります。女性向けにはL25があります。これは日本全国にあるのかはわかりませんが、少なくとも関東エリアにはあります。真剣に1冊読むのに20-30分くらいかかるので電車での移動の暇つぶしには最高です。貧乏な奴の特徴としてよく言われるのが

1.冷蔵庫の上に電子レンジ
2.R25は欠かさず愛読

というのがあるみたいです。上については風水的には最悪らしいです。要は反対の機能のものを重ねると消しあうみたいなことです。というわけで自分は板を1枚はさんでいるのですがよくなっているなぁとは感じていません。無事に生きているという部分においてはプラスに作用しているのかもしれないですが…。

ちょっと前ですがこの雑誌の中でネタにされていたものが、

「肉食おうぜっ」で一致団結!男子はなぜ肉が好きなのか?

記事はこちらです。いい年になったら「肉をあまりほしくならなくなる」みたいなことを若い頃から言われていました。ですがどう考えても、

明らかにウソです

いまだに肉大スキです。こないだとったアンケートでも「好きな食べ物は何ですか?」というのがあり、括弧してステーキ?なんて書かれていたように「こいつ肉好きそう」というオーラが出ているようです。もちろん魚とかも好きですけど本当に肉好きです。寿司は別にして「煮魚定食」と聞いてもあまりテンションは上がらないのですが、「焼肉定食」と聞くと「肉食うぞぉ」という高揚感がわいてくるというかそんな感じです。店によっては今でもチャーシュー麺とか普通に頼んじゃいますから。

本当に焼いたレバー以外はウェルカムなんです。あのパサつき感がどうしても無理です。生のレバーはウェルカムですけど。 ホルモンもようやくここ数年食べるようになったのですが、まだどこの部位がどういう味とかはわかりきっていないですね~。食べるので一番多いのが名古屋名物とんちゃんですからまだまだこれからですね。

でもこういう野郎はどうも自分だけじゃないみたいです。何か安心しました。うちの父親も「焼肉」と聞くとテンションが上がる人だから何か一生こうなのかなぁ?という気はしています。いつ頃まで自分はラーメン二郎を嬉々として食い続けるんだろう?楽しみなような怖いようなそんな心境です。
Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる