FC2ブログ

福岡で金を使わず時間を埋める方法

JRには環状的な路線を組んでいる場所では「このエリア内なら重複しなければOK」というのがあります。首都圏や関西にもありますが、実は福岡・新潟にもあるのです。東海地方の場合は愛知環状鉄道と城北線がJRのままだったらあったのでしょうが…。

800px-FukuokaSuburbanArea.png


福岡には1/26-29と出かけたのですが、26,27とお金を使いすぎた感があったので少しでも節約しつつJR九州の乗車記録を伸ばそうというもくろみです。福岡市営地下鉄の一日乗車券を購入したうえで朝飯は

DSC_1048_20130217175638.jpg

24時間開いていることが確定している元祖長浜屋で。肉も加えて替え玉も1回してそれなりに腹を膨らませてからの出発です。が、油断していて最初の数駅は駅票の写真を撮り忘れてしまいました。

とりあえず荷物をロッカーに突っ込んでラーメンを食べたのちJR博多駅から吉塚駅に行くのにこんなルートで行きました。

1.10:03博多発 鹿児島本線快速・荒尾行 10:22原田(福岡県)着

これに乗る直前に博多駅で便意を感じて結構焦りましたね~~。結果乗れましたけど。地方都市の鉄道に乗るときには本当にトイレ事情が最大のネックになります。トイレなんて出せればOKくらいの人じゃないと「JR全路線制覇」とか無理なんだろうなというのは本当に感じます。自分は股関節が固いから和式は本当に無理。それだったら知らない人と尻を合わせるほうがまだまし。

2.10:52原田発 原田線 11:21桂川(福岡県)着

ここが最大の難関です。一日にそんなに本数ないですから。原田を「はるだ」と読むとか、桂川を「けいせん」と読むとか独自色を感じることができました。

3.11:33桂川(福岡県)発 福北ゆたか線快速・直方行 11:42新飯塚着

直方といえば魁皇の故郷なので行ってみたい感はあったのですが、今回は金を使わず時間を使うのが最大の目的だったので…。

4.11:47新飯塚発 後藤寺線 12:07田川後藤寺着

P1400429.jpg

この駅には

P1400430.jpg

「月が出た出た~♪月が出た♪」でおなじみの炭坑節発祥の地というのがありました。これは実家近くの盆踊りでも今住んでいるところの近くの盆踊りでも流れる曲ですから大したものだなと。

4.12:18田川後藤寺発 日田彦山線・小倉行 13:14西小倉着

P1400431.jpg

久々の長距離移動でのんびりできた感じはします。ただ西小倉の改札内に何もなかったのにはがっかりしました。そこそこ都会のイメージで乗車してきたので…。

5.13:35西小倉発 鹿児島本線快速・荒尾行 14:32香椎着

P1400432.jpg

ここも完全にのんびりモードで乗車してました。

6.14:38香椎発 香椎線・宇美行 14:52長者原着

P1400433.jpg

ここで完全に九州では「原」を「はる」と読ますエリアなんだなというのを確信することになりました。前の宮崎県知事もその流れなのかなと。

7.15:00長者原発 福北ゆたか線・博多行 15:10吉塚着

P1400434.jpg

これで今回のミッションは終了の運びとなりました。これらをこなした結果として

JR九州の乗車記録が2273キロ中194.1キロになり8.539%になった

のは本当にありがたいなと。実を言えば翌日にこのルートでの空白区間を埋めるような一周も考えたけど、調査不足であきらめることになりました。もったいないことしたなぁ…。
スポンサーサイト



テーマ : 福岡
ジャンル : 地域情報

東京湾観音に行ってきました

10月の三連休はこの切符を購入して使いました。

P1390455.jpg

3日間連続で鈍行乗り放題7500円というもの。1日目はラーメン二郎仙台店日帰り往復(仙台滞在3時間)に使って、2日目に行きました。最初の目的地は竹岡にある「梅乃家」です。朝10時半ごろに到着すると下車したのは自分も含め3人。どうやら電車で行こうという人はいないんだなという感じ。途中30分ほど歩くのですが、途中気になったのは

P1390465.jpg P1390466.jpg

遠くの方に見えるバカでかい像です。「帰りに行くかな」なんて考えつつへとへとになってようやくお店に到着。

DSC_0772.jpg

こんな感じの行列で1時間くらいの待ち。二郎だったら絶対に許されない合流もここだとあきらめるしかないようです。注意したら逆ギレされそうですし。やっぱりここには車で来るわなぁ。電車で行こうとは通常考えないわなぁ。とりあえずチャーシューメン700円を。薬味の刻み玉ねぎは入れるのを忘れてしまいました。行列中に注文を聞かれるからそこまで考えてなかったです。

DSC_0773.jpg DSC_0774.jpg

この日のキッチンはおばちゃんだけでした。後日談としてその数日後に店主さんがお亡くなりになられたそうです。麺は乾麺だからいいとしてスープやチャーシューは大丈夫かなぁ?この日十分に満足したから大丈夫なんだろうけど。とにかく肉食った~~という充実感を得ました。

そのあとは来た道を再び30分歩いて竹岡駅に戻ると接続が最悪で1時間くらい待ってからようやく木更津方面の電車が。2駅行って佐貫町で下車すると駅前がとんでもないことに。

P1390511.jpg P1390514.jpg

つぶれて窓ガラスが割れて廃墟と化したパチンコ屋と喫茶店です。地方都市の経済状況の厳しさを実感します。駅を出て10分ほどすると、

P1390468.jpg

この看板が見えるので従って進んでいくと

P1390473.jpg

こんな感じの上り坂がエンドレスに25分ほど続きます。ちなみに帰る際に撮影したものが、

P1390509.jpg

坂の急な感じはわかると思います。これを登るわけですから疲れます。正直二度とやりたくありません。それでたどり着いたのが

P1390479.jpg

大観音です。とにかく無事にたどり着けてよかったというのが一番の感想。ただ相当高台を登ってきたので

P1390488.jpg P1390492.jpg

眺めは相当いいです。この写真からは伝わりませんけど…。こればっかりは生で見てくださいとしか言えないです。せっかく来たんだからと500円払って観音像に入ってみることに。

P1390497.jpg

エレベーターはなく、この階段を300段近くひたすら登ります。途中「さすがにこれは節操なさすぎだろう」と突っ込み入る像が。

P1390500.jpg P1390499.jpg

マリア観音ってどっちや!

途中腕の辺りで外に出られるのですが、

P1390501.jpg

風が吹いているので足がすくんでしまってダメでした。それで300段くらい登った(15階くらい相当)ところにあったものが、

はしご

このはしごで16階部分以上(顔のあたり)に上って行くのですが、このはしごが怖すぎてダメでした。上に行けばもっと面白いものが見られたかもしれないけどとにかく怖すぎて無理でした。海風が強い場所である分の怖さですね、これは。

帰りはこの道を30分ほど歩いて戻ったら本当に疲れてしまって、戻る電車ではほぼずっと寝てましたね~~。

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

JR最高地点

9月16日は当初予定では仙台まで二郎を食べに行ってそのまま日帰りだったのですが、まさかの臨時休業でした。知ったのが前日だったから助かりました。知らずにあそこまで行って空振りだったら感情の持っていき場がないですからねぇ。

というのでじゃあどうするか?というのを前日に急きょ考えたところ、

相模大野で二郎を食べてから、JR最高地点に行こう

というプラン。その理由は、

1.都内にいれば暑いのだけど、ここまで行けばさすがに涼しいんじゃないか?という期待
2.今回の機会を逃せば行けるタイミングがなさそう

というもの。中央線をひたすら長野方面に向かい小淵沢には2時半ごろに到着。

P1380743.jpg P1380744.jpg

何か小海線のキャラを作ったようで目立ってました。3時過ぎに発車し40分かけて到着。清里・野辺山は観光地化されているようでかなり乗客がいました。

P1380747.jpg P1380750.jpg

P1380785.jpg P1380791.jpg

とにかく最高地点駅をアピールしてました。そして実際降りた瞬間に感じたのは、

やっぱり涼しいわ。

ってこと。避暑というミッションは確実に達成。ここから2キロ先にあるものが

JR最高地点

なのですが、小淵沢に戻る電車が4時58分とビミョーな時間。それを逃すと6時過ぎしかないですから。ですけど、若干早歩きしながら行けば大丈夫かなと考えて歩いて行くことにしました。レンタサイクル代がもったいないですから。途中の風景は本当にのどか。

P1380754.jpg P1380776.jpg

心が洗われるような風景です。JR最高地点に来ているんだなというのを実感できる建物が

P1380755.jpg P1380756.jpg

バカでかいパラボラアンテナです。国立天文台です。人間が自家用車やバスや過剰な体力を使わずにアクセスできる最も高い場所と考えれば置かれるのもそりゃあそうなるわなぁ。

そうこうしているうちに25分くらい歩いてようやく到着。

P1380763.jpg P1380765.jpg

結構鐘を鳴らしている人いましたね~~。

P1380768.jpg P1380769.jpg

最高地点にある踏切と碑です。無事に見ることができてそのまま戻ったところ何とか間に合いました。

P1380843.jpg P1380846.jpg

おそらく二度と行くことのない場所なのでいい思い出になりました。

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

小樽で見た突込みどころ満載のモノ

小樽の街を歩いていたのですが、どうしても突っ込まざるをえない看板に遭遇。

P13900241.jpg

この店に元気がないんですけど…

これに遭遇できたのは行き当たりばったりで歩いて無駄にロスした道中だったので、旅に出るときには最短距離で移動しないことも大事だなというのも実感できました。続いては

P13900301.jpg

結婚式場と北海道日本ハムがコラボして企画したのですが、

稲葉からのウェルカムボードはどうかと思う

確かに北海道で人気があるのはわかるけど、稲葉ってバツイチなんだよなぁ。それも裁判沙汰になったんだよなぁ。そんな人からのウェルカムボードは縁起が悪いと思うんだけどどうだろう?北海道の人はそういうのは気にしないのかなぁ?ちなみに友人が11組離婚している自分の経験則によると、

引き出物に割れ物があると不思議と離婚する

傾向があるように感じます。あと北海道クオリティだなと感じたのは、

「会費制14000円~」の文字

北海道は冠婚葬祭に割とドライなところがあるらしく、

・結婚式は会費制
・葬式の際にも領収書が出る

みたいなのですが、本当なんだなというのを実感。包むのを2にするか3にするかを悩む必要がないのは本当にありがたいです。それ以外だと

P13809061.jpg P13900261.jpg

元経産大臣の鉢呂吉雄が演説してました。「この人なにやらかしたんだっけ?」と忘れたけど、放射能関係の発言だったなぁ。でも誰がどう見ても

福島第一原発周辺は人の気配がまったくない死の町

だもんなぁ。民主党政権は絶対に外交国防関係でやらかすとは思っていたけど、この発言でやめさせられるのはさすがに気の毒だよなぁ。しばらくはこうやって政権交代が衆議院選挙のたびにくるだろうから、公共事業を持ってくるタイプの政治家がいなくなりそうです。地方に行くことの楽しみの一つは

明らかに大物政治家が無理やり作った無駄に豪華な道路や公共施設

を見ることなんだけど、それもしばらくはなさそうだろうなぁと鉢呂の演説を聞きながら感じた次第です。

テーマ : なんでもない写真
ジャンル : 写真

ボトルネックという言葉

エアアジアに乗って札幌に着いたのですが、そこから「小樽に移動」とJRの駅に移動するとまさかの文字が。

千歳線の特急列車の車両故障の影響で遅れています

まじですか?そのときは「ふーん」くらいにしか感じなかったのですが、あまりに動かないのでいらだちましたね~~。そもそも論で言えば、

車両故障を見つけるために点検するんだろ!何のために整備をしているんだって話

です。これが人身とかだったら腹は立つにしてもアクシデントと考えざるを得ないけど、車両故障とかは事前に見つけておけって話です。こんなもので振り回されちゃたまったもんじゃないです。なんてことを考えながらも実際には

ツイッターでじゃんけん大会の情報を随時追えたからある意味結果オーライ

な面も少しはあったにしろ、こうも進まないといろんなことを考えるわけです。それで感じたことは、

中心部から空港に行くためには複数の交通手段がないと危ない

ってこと。羽田だったらモノレールと京急があるし、成田だったらJRと京急があるし、関空だったらJRと南海があるから一つがダメになっても他の手段でなんとかなるからいいにしろ、この札幌はJRが止まると中心部への交通手段そのものがなくなるんだなと。というか、

北海道は他の鉄道会社と競合しないから、なめてないか?

というのを感じることに。通常これだけ電車が動かないと客がキレるはずなのに北海道の人が「温厚」なのか「他の代替する手段がないからあきらめている」のかはわかりませんが、あまりキレることもなく淡々と時の経過を待っているのが印象に残りました。この件も含めた北海道の人への印象としては

1.意外とルールは守る

優先席には若者は座らないし、翌日の日ハム戦でも「風船膨らますのに口を使うな」というのをしっかり守ってポンプで膨らませているし(それに関しては札幌ドームネタで改めて)、電車での割り込みなどもないしそういうところはちゃんとしているなというのを実感することに。

2.総じて温厚

今回怒っている人がいなかったのもそうだけど、翌日の日ハム戦でも日ハムの投手がストライクが入らない状態になって3ボールになっても「激励の意味の拍手」が出てきたのには驚きました。相手チームもチャンス到来とばかりに拍手するから全員が拍手している不思議な空間でした。これが甲子園だったらブーイングで「しっかりしろよ」みたいな感じになっているのを思うと北海道の空気感って独特だなというのを感じることに。

結局札幌駅には空港から1時間半かかって到着だったのですが、その原因は

札幌駅があまりにボトルネックのためホームに入れなかったこと

になります。通過駅がターミナル駅というある意味で名鉄名古屋に似た構造で親しみを感じるのですがすべての方向からの電車が一旦札幌に集まり、そこからまた別の方向に進んでいくわけですからそりゃあホームに入るのも一苦労だわなと。しかも名鉄みたいに北⇔南という一方向の流れだけじゃなくて、進行方向へ戻るパターンの列車もあるからそりゃあ複雑だわなぁ。

というので腹はたったにしろ、こういうアクシデントで地域性を感じ取ることができるのも間違いないです。程よいアクシデントは旅のスパイスと考えよう。そうしよう。でも小樽の夜景を見られなかったのだけは本当に残念。

P13808811.jpg P13808851.jpg

かろうじて小樽駅の駅舎と小樽運河を高感度で撮影できたくらい。当初予定では北のウォール街もあったのになぁ・・・。

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

エロアジア?

9/18-20と札幌に行ったのですが、利用したキャリアはもちろん

エアアジア

自分がしょうもないミスをしてしまい、片道1円で済むところが2000円を払う結果に。要は「機内に預ける荷物がある」が自動チェックになっていてそれに気づかなかっただけのことなんですけど・・・。あとは座席指定もするつもりなかったのにする設定になっていたのも痛いです。こういうところが変に日本人にあわせようとして逆に使い勝手が悪いように感じたんだよなぁ・・・。(注:単なる不注意という)

とにかく初めてのキャリアだったからわからないことだらけで不安だったのですが、行きのキップだけはプリントアウトしてとりあえず乗ることに。成田についてからは

無茶苦茶隔離された場所にあるなぁ

が第一。駅から行くには便利な場所なのですが、空港内で買い物をしたり食事をしたりとかをしようとすると結構歩かされるので注意が必要です。飛行機に乗る以外の機能を求めないほうがいいでしょう。それで搭乗を待つことにしたのですが、セキュリティーチェックを通過するといろんな意味で不安になる光景が・・・。そもそも入り口に書かれている文字が、

中にはトイレがありませんので行っておいてください

というもの。いろんな意味で不安なのですが、

P13808501.jpg

プレハブの建物なんだなというのが一目瞭然。安く乗るためには払うべき対価でしょう。

P13808511.jpg

飲み物はアクアクララで、冷却の手段はいくつかある大型扇風機のみです。この日はスコールに近い雨が降っていたから若干助かりましたけど、普段だったら拷問です。待合室もこんな雰囲気。

P138085221.jpg

本当に掘建て小屋で待たされている状況です。男女兼用の簡易トイレはあって実験的な意味で入ってみたのですが、

最新鋭の水を流さないタイプらしく前の人の紙が流れていない

のでかなりきつかったですね~~。災害があったときの避難所生活はトイレ事情だけで避けたいなと感じてしまいました。やっぱり水が流れることによる安心感は異常です。あとLCCの宿命なのですが、

到着した飛行機にガソリン補充+清掃をして出発なので、前の到着が遅れると必然的に出発が遅れることに

これはスカイマークでもそうだったので仕方ないです。実際この日は成田が雨だったこともあり、到着が遅れた結果として出発も1時間遅れました。到着後の予定をかつかつにする用途には向いていないでしょう。とりあえず移動さえできればOKな人限定でしょうか?

待合室からはバスで5分ほど移動。これは成田利用のLCCはまずそうなります。安く乗るための対価ですから。

P13808541.jpg

機内の通路は一人が通れるくらいの幅

P13808561.jpg

いすも高速バスよりも狭いくらいです。皮を使っていて座り心地そのものは悪くないのですが、これも掃除を楽にするための一環のようです。飲み物や食べ物は一切持ち込み禁止で有料のものを利用することになります。

P13808601.jpg P13808611.jpg

P13808651.jpg P13808691.jpg

見づらいかもしれませんが、こんなものが飲み食いできるようです。素直に飛行機に乗る前に十分飲み食いは完了しておいたほうが得策でしょう。札幌成田なんてせいぜい1時間半だし。あとはエアアジアグッズも売られてました。

P13808571.jpg

帰りに買おうかなと思ったのですが、財布からダメだし食らったので買っていません。ちなみにこの会社の一番の魅力は

CAの無駄に開いた胸元

です。地上職の人はポロシャツなのですが、これこそがCAの矜持といった感じでしょうか?ただ「布の節約」「チャックが見えるのが安っぽい」感は否めないです。チャックはボタンにするより明らかにコストダウンですからそりゃあそうなるわなぁ。

自分の場合は安くしてくれればオールOKなので別にいいですが、ビジネスマンや高齢者に向かないのは間違いないです。あらかじめ遅れた場合のセカンドプランまで用意しておく必要はあるのかなという気はしました。

テーマ : 交通手段
ジャンル : 旅行

ツタンカーメン展に行ってきました

現在上野の森美術館で行われているツタンカーメン展に行ってきました。3月のうちに8,9月の平日限定2200円券を買っておいたので使ったというわけです。

P138037421.jpg

ちなみに9/4の11時頃に行ってみたら2時間後に入れる整理券を配っているという状況でした。さすがにこれは厳しいと感じたので日にちを改めて早めに来ようというので、9/13の9時半ごろ到着したところ

既に700人待ち

とのこと。とはいえ行列スポットが木陰だったので「これなら無問題」というので行列に入ることに。結果として30分くらいで入場できました。入場時間も前倒ししてくれていたようです。現役時代は「英国数で勝負」と決めていたので世界史はあまり勉強していなかったので、ツタンカーメンの時代もそれほど知っていたわけじゃなく入ったのですがとりあえずの感想を列挙すると、

・もはや展示を見ているのか人を見ているのかわからない状態
→特に自分はでかい部類なので最前列にいるとひんしゅくを買うのは明らかなので二列目以降から見る形になったのですが、100%見られたかどうかはわからない。

・ただ3300年も真空に近い状態で保存されていたことそのものはすごい
→金の輝きや像の色などが褪せることなくきれいな形で残っていたことそのものがすごいんだなというのは感じた

・客の「これって何がすごいの?」発言
→これが日本で見ることのだいご味だよなぁ。本場で見るなら絶対に出ないだろうから。モノそのものよりも3300年の時を超えたことそのものが何よりすごいだろう。

・当時に「死」に対する感覚がうかがえた
→展示にもあったけど「太陽は毎日東から昇り西に沈むが、翌日も同じことの繰り返し」というので「太陽は一旦死ぬけど再び生き返る」的な思想があったよう。それもあって墓の周辺には生きている時と同じ生活ができるようにと様々な装飾品が置かれていたのを実感できた。要は第2の生命がスタートしたくらいの感じだったんだろうなぁ。

・王様の像がそろいもそろって美形
→今のアラブ系の人の先祖なんだろうけど、この界隈の人って顔立ちそのものは整っている人が多いように感じるけどそれもそうなんだろうなぁって話。

・体格は現在の人の7-8割くらいか?
→あくまで展示を見ての純粋な感想。違っているかもしれない。

・ツタンカーメンの近親交配ぶりにびっくりした
→ミイラ化された状態で遺伝子を調べたのだけど、父親と父方のおば(要は父の姉か妹)の子供だったとのこと。今だったら血が濃すぎると言われかねない関係。でも昔の天皇家もそういうところがあったのかもしれないなぁというのは感じる。美智子様雅子様紀子様と外部の血が入って薄まっているけど。ツタンカーメンの子供は流産か死産かだったらしいけど、血が濃すぎることによる弊害と考えるとありえない話じゃないよなぁ。

なんてことを感じつつ1時間くらいで展示見学を終了してお土産は

P13807221.jpg

ツタンカーメンの絵葉書やクリアファイルのほかにこれを購入。こういうところが「金銭感覚がない」と指摘されるゆえんなんだろうなぁ…。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

高野山に行ってきました その2

高野山についてまずやろうとしたこと。それは

トイレ

それを狙ってまず最初に行った場所が

高野山大学

グッズがあればほしいなぁなんて思いつつ入ったのですが、外観は至って普通。集中講義があったこともあり普通に入れました。大学はもともと高校までと違って門戸は開いているものですから。

P13708071.jpg P13708021.jpg P13708001.jpg

あとは生協食堂のメニューも普通でした。

P13708841.jpg

営業はしていませんでしたが・・・。ただこれは他の大学ではあまりないなぁと感じたものは

P13708051.jpg P13708011.jpg

土足厳禁です。近頃は高校でも土足OKなところが増えてきているくらいなのに履き替えさせるところがイメージどおりだなという印象でした。これは大学では初めて見ました。あとは寄付をしてくれた人の名前一覧です。信者の方々でしょうが、学校の規模の割には集まっているなぁという印象を持ちました。

ちなみに道中でたまたま見かけた高野山大学の学生さんと思しき人ですが、「こうなるんだなぁ」というのを実感するシーンを見かけました。それは

DVDをポストに返却するところ

高野山エリアで娯楽施設といえば

P13708371.jpg P13709861.jpg

こんな感じのスナックしかないですから仕方ないです。1時間くらいかけて橋本に出ても娯楽施設がありそうな感じはないし、ストイックな4年間になりそうです。あるいはネット環境があれば引きこもりになってしまうリスクも・・・。たぶん先の学生もネットで申し込んでDVDを見てそれを返却したのでしょう。郊外型大学の金沢大学や日本福祉大学みたいに「同棲率が高い」というパターンになるのかなぁ?僧侶のコースだとさすがにご法度でしょうが。

他に印象に残ったのは

P137089421.jpg

一体がパワースポットというべきエリアで無作法があったら祟られそうなこのエリアにもかかわらず平気で路駐する名古屋ナンバークオリティです。これでこそ名古屋ナンバー(尾張小牧ナンバー・三河ナンバーも同文)クオリティです。妙に安心してしまうというか・・・。以前黒部に行ったときも無茶苦茶な停め方をしていた名古屋ナンバーの車あったもんなぁ。

懐かしいと思わず声を上げてしまったものが

P13708921.jpg

那智黒」です。昔はこんな感じのCMあったなぁ。



最近は見ていないのですがまだあったんですね。ちなみに黒砂糖をベースにした飴だそう。あのCMじゃどんな商品かはさっぱりわからないよなぁ。こないだCM戦略について友人と話をした際に

子供をつかむのも戦略の一つなのか?

という流れになったのですが、このCMなんてまさにそうだよなぁ。経費もかかってなさそうだし。他には観光地の土産に必ずある

お金のたまる人

・感謝の生活をする人
・夫婦仲のいい人
・健康に心がける人
・一事を貫く人
・常に節約をする人
・儲けを当てにせぬ人
・仕事を趣味にする人



■健康十訓

1.少肉多菜
2.少塩多酢
3.少糖多果
4.少食多噛
5.少衣多浴
6.少言多行
7.少欲多施
8.少憂多眠
9.少車多歩
10.少憤多笑



を見ると「こりゃあ自分と真逆だな」と思うのも旅のお約束です。なんて高野山とあまり関係のない内容でしたが、長くなったのでこの辺で。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

高野山に行ってきました

8/27-29と関西に出かけていましたが、28日は朝から高野山に出かけてきました。難波のサウナで一泊し朝は「金久右衛門道頓堀店」で大阪ブラックを。

P13707711.jpg P13707721.jpg

麺は平打ちでつるつるした感じ。芯のあるきしめんに近いかも。スープは「コク」を売りにしていたけど今まで経験してきた脂に近い感じではなく魚のワタの濃さが来たような感じです。伝わるかなぁ?今まであまり食べたことのない面白い味だったなという印象です。

それにしても朝6時に何軒もラーメン屋が開いている難波はやっぱりすごいわ。やっぱり大阪に来たときには難波に泊まると何かと便利だ。その後はトイレに行くなどして時間をつぶしてから7時20分に難波を出る南海電車で出発。

P13707741.jpg

難波など南海の各駅と高野山の往復と高野山エリアのバス乗り放題と一部施設の割引入場券がついて難波の場合だと2700円でした。バスに3回も乗れば十分に元が取れます。それで橋本駅まで来たのですが、

女子高生のスカートが長い

いやぁ、これぞ関西です。ひざくらいまでありますからねぇ。写真を撮ると捕まりそうなので撮りませんけど。そして橋本といえば、2001年夏の甲子園に出場した初芝橋本高校も印象深いです。その理由は

当時ロッテに在籍していた初芝清と橋本将が連名で差し入れをして困惑させたエピソード

です。野球選手なのでツボにはまるものは贈ったのでしょうが、学校とは無関係の人なのでびっくりするわなぁ。お礼を伝える方法もないし。そんなことを感じながら橋本駅から南海高野線に入っていくのですが、

どんどん景色が変わっていくのにとにかくびっくり

同じような箱根登山鉄道の場合は楽しい場所に行くという感じですが、この南海高野線の場合は、

いよいよ修行の場所に向かうという緊張感

が高まります。途中の風景です。

P13707781.jpg P13707861.jpg

途中の極楽橋(標高539m)から高野山(標高867m)にかけてはケーブルカーです。

P13707911.jpg P13709991.jpg

こんな感じの坂をひたすら5分ほど上ると到着します。

P13707961.jpg P13709951.jpg

早速バスで移動。本数が少ないので乗れる時に乗っておかないと移動できなくなります。ちなみにその間の記憶はといえば

トイレ行きたい

以外のものはあまり残ってないです。こういう場所に行くことの最大のネックはやっぱりトイレだなというのは本当に実感しました。後々振り返ると

実はこの高野山に到着するまでの移動プロセスが一番面白かった

ように感じました。とにかく道中景色がどんどん変化をしていくのを見ながら

よくもまぁ、こんなところに鉄道を通したよなぁ

ということに思いをはせているうちに

空海もこんなところを悟りを開くために歩いて上ったんだよなぁ。当時は登山道なんか整備されているわけないしなぁ

という思いに至りました。それだけでも良かったです。それをもっと実体験するには南海高野線の途中駅「九度山」から7時間かけて高野山町石道を歩くというコースがあるのだけど、それはさすがに自分には無理だなぁ。

P13708211.jpg

これは大門から見た道だけど、こんなものを20km登りながら歩くとか考えられないわぁ。長くなったので続きはいずれまた。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

北海道&東日本パス

9/18から9/20は札幌に行くのでせっかくだからこの切符を購入。

P13804251.jpg

家から成田に行くのも新千歳から札幌に出るのも1000円以上かかるので地味にダメージがでかいのです。そのダメージを消しつつせっかくだから何か楽しむプランはないか?と考えたところこの切符の存在が浮かんで14-20分を購入。18きっぷは10日で終了なのでこれしかなかったのです。7日連続で鈍行乗り放題で10000円。毎日使っても1428円使わないと元は取れません。ちゃんと取れるのか?と考えたところ

14or16 ラーメン二郎仙台店往復
15 幕張メッセでNMB握手会+ラーメン二郎京成大久保店
17 幕張メッセでフレンチキス握手会+業務
18 家→成田空港+新千歳空港→小樽
19 小樽→札幌(小樽巡りはあるかも)
20 札幌→新千歳空港+成田空港→ラーメン二郎茨城守谷店→家

というプランに。仙台はだいたい自分が行ってみたい場所には行ったから姪っ子サービスのためにポケモンセンターに行くくらいでいいかなと思ってます。それで「鈍行なのに日帰り」プランを実行しようかなと。時間次第では

未乗の水郡線を乗りつつ戻る

もあるかも。なお19か20に札幌ポケモンセンターに行ってサービスするぜ。これで福岡を残してリーチだな…。14か16でラーメン二郎仙台店に行かない日は

・アリランラーメンをタクシーも使わず純粋な公共交通機関のみで食べに行く
・奥多摩の鍾乳洞で涼む
・富士吉田にうどんを食べに行く
・JR東日本の未乗区間を片づけに房総半島をぐるっと回るコース

のいずれかにしようと現段階では考えています。ちなみに札幌でやることは

P137071521.jpg

札幌ドームでの日ハム戦観戦です。前回行った際に味わえなかった稲葉ジャンプを何としてでも味わいたい。そのためには

・けが人が多いけど稲葉は絶対に怪我をするな
・稲葉の前にチャンスを作れ

だけはお願いしたいなと。糸井と賢介がいない厳しい打線だけど若手の西川・杉谷・中島あたりが仕事してくれよと願うばかりです。それ以外だと

・到着の日の夜の小樽
・昼の小樽+昼食の小樽のラーメン
・最終日の北大植物園

を楽しんでこようと思います。AKBのじゃんけん大会は自分の凡ミスによりスルーの方向で…。さすがに総選挙と違ってフジは中継してくれないよなぁ。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

Wassr
ブログ内検索
プロフィール

zojirian

Author:zojirian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
blobram.jp
blogram投票ボタン
東スポ風に
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる